ダイアナ妃の離婚の原因や理由は?恋人の医師や姉についても調査!

こんにちは。

今回注目したのはダイアナ妃

正確にはダイアナ元妃です。

今や悲劇のプリンセスと呼ばれたりもします。

いろんなことが常に話題になった方でしたが、急に亡くなられたニュースが流れた時は衝撃的でしたね。

満36歳でした。

この件に関してはいろんな証言がこれまでにありました。

また、消えた指輪などの謎もあります。

最近、さらなる新証言が出てきています。

その他に画像解析などもおこなわれたようです。

【楽天】

本当に愛した男性についてもいろいろと言われています。

今回はそんなダイアナ妃にフォーカスして、離婚の真相、恋人の医師、そして姉について調査してまとめてみました。

今後もずっとなにかにつけてダイアナ妃のことは話題になると思います。

真実や真相は?

すごく興味深い方だと思います。

【スポンサー リンク】

ダイアナ妃の離婚の原因や理由

世界中が涙したダイアナ元妃の衝撃の死から20年経ちました。

ご冥福をお祈りするとともに彼女のこれまでの人生や離婚についてのその真相に迫ろうと思います。

彼女の旧姓はスペンサーです。

世間ではダイアナ妃の人気は今でもとても高く、人々の心に残っているのではないでしょうか?

ノーベル平和賞も可能だったほど、献身的にボランティア活動を行っていたダイアナ元妃。

おそらくその姿をテレビで見た人も多く、今でも当時のイメージが残ってて、好印象を持っている人も多いのではないでしょうか?

そして、その最後の悲劇さが余計に彼女に対して深い悲しみをかきたてられた事でしょうか。

ダイアナ妃は今までに3回来日しており、そのたびにフィーバーが起きました。

実際に見に行った人も多いのでは無いでしょうか?

余談ですが、彼女は身長は178センチあったそうで、チャールズ皇太子と同じくらいだったらしいです。

ちょっと簡単に過去を振り返りますと、生年月日は1961年7月1日です。

そして、1981年に20歳の若さで結婚しました。

ケンブリッジ公ウィリアム王子およびヘンリー王子の2人の子供をもうけました。

別居は1992年からであり、離婚は時間の問題でした。

そして、ついに1996年に離婚します。

離婚の真相はチャールズ皇太子の不倫、そして、彼女に対する思いやりの無さだったようです。

そして、カミラ夫人とも結婚後も交際していたようです。

そして別居の末、離婚しています。

チャールズ皇太子にはダイアナ妃と知り合う前からカミラ夫人と交際していたようです。

ダイアナ妃の離婚の原因はチャールズ皇太子の不倫によって精神状態が不安定になってしまったことのようです。

しかし、それ以上にダイアナ妃の潔癖性が理由だったのかもしれないです。

もしかしたらそれが拍車をかけたのかもしれません。

本来二人は結婚してはいけない運命だったのかもしれないです。

では、なぜチャールズ皇太子はカミラ夫人と一緒にならなかったのか?という疑問が残ります。

本来は、カミラ夫人と結婚したかったそうですが、王妃になれる家系ではない軍人の娘だったからそれができなかったようです。

つまり、王室にとって相手としてふさわしくなかったのですね。

恐らくここが最初の間違いというか悲劇のはじまりではないでしょうか?

王室も離婚は1694年以来であったので・・・当時はショックだったようですね。

慰謝料は1500万ポンド、当時のレートでは26億3400万円ですから天文学的な数字です。

よく芸能人が払う慰謝料ってのがありますが、その数字の非ではありませんね!

なんてすごい金額なんでしょう!

そして、不倫に関してはチャールズ皇太子が一方的に不倫をしているかと思いきや、何とダイアナ妃側も不倫があったようで、ダブル不倫だったようです。

まるで昼ドラのようなドロドロした感じですね。

奥様方に興味があるネタというかワイドショー受けしそうですね。

1997年8月31日にパリで不慮の交通事故によって亡くなりました。

衝撃的なニュースでした。

パパラッチの執拗な追跡により招いたと言われています。

トンネル内の中央分離帯に激突したらしいです。

頑丈なベンツが大破したというから相当の衝撃だったようですね。

その時のスピードは100キロ以上だった事とシートベルトを付けていなかったの原因の様です。

まだ36歳の若さでした。

日本のマスコミに比べて、海外のパパラッチってやる事が大胆というか半端ないですね。
異常、離婚の原因や理由についてでした。

【スポンサー リンク】

恋人の医師について

ダイアナ妃が亡くなられた時に一緒に車にいた人が最後の恋人ドディだったと言われています。

実は、ある医師との恋愛の方に話題性がありますので、その彼について記載したいと思います。

名前は「ハスナット・カーン」さん。

パキスタン人の心臓外科医であったようです。

実は、ダイアナ元妃が結婚も視野にいれていたとされる人物です。

ダイアナ元妃との出会いについては、1995年に元妃が外科手術を見学にきた際に出会ったらしいです。

ダイアナ元妃はカーン医師を息子の王子2人に紹介していたらしいです。

こう考えると彼女の本気さが伝わりますね。

ハスナット・カーンさんの影響で地雷廃絶運動や人道支援活動に積極的に尽力したそうです。

ダイアナ妃は医師という立場で人々の命を救う姿に心を引かれていったようです。

2人はジャズクラブにも繰り出したこともありましたが、ダイアナ妃の事を周囲に話さなかった為に明るみに出なかったようです。

そんな、彼の誠実さや医師としての使命感にダイアナ妃も心のより所であったのではないでしょうか?

そして、今もなお独身を貫き、外科医としての職務を全うしているとの事です。

そんな誠実さが老若男女問わず人々の関心を引き付けるのではないでしょうか?

孤独なダイアナ妃が出会った医師との恋が映画「ダイアナ」として2013年に公開されました。

【楽天】

「ナオミ・ワッツ」さんが主演を演じています。

華やかな彼女とは別の一面が見れます。

「ダイアナ」になりきっているため女優魂が感じられる映画となっています。

やはり、こういった禁断の恋というのは、映画やドラマ化され人々の関心も高いのですね。

姉をリサーチ!

ダイアナ妃は三女であり、姉に長女のセーラ、次女のジェーン。弟に長男のチャールズがいました。

姉のセーラが婚約の候補に挙がり、1977年から1978年にかけてチャールズ皇太子と交際していたようです。

しかし、「愛情を感じていない相手との結婚はない」と言って、いつまでたってもはっきりしない態度に他へ嫁ぐ決心をしてしまったとの事です。

チャールズ皇太子はそのショックのあまり、以降セーラと距離を置くようになりました。

そして、1979年にダイアナが王室のパーティーでチャールズ皇太子と再会したのがきっかけで二人の関係が深まったようです。

そして、ついに妹のダイアナが結婚相手となってしまったのです。

姉妹でチャールズ皇太子と!

既に結婚してしまったカミラ夫人とも交際を続けている浮気癖のありそうなチャールズ皇太子ですので、実は、セーラにとっても結婚しなくて良かったかも知れませんね。

いかがでしたか?

ダイアナ妃の離婚の真相や彼女の恋人についてまとめてみました。

イギリス皇室の複雑などろどろとした恋模様もまるで現代の昼ドラ以上です。

ダイアナ元妃の孤独と恋の話をより感じてみたい方には映画を観ることおすすめします。

【スポンサー リンク】
関連コンテンツ