山崎圭一(ビッグマンモス)の今現在!武田久美子との関係と事故も調査!

2016年12月20日

old-town-market-116219_640

武田久美子さんと言えば国際結婚をされていましたね。

アメリカ人男性で製薬会社勤務の方でセレブ生活を

されていたとか・・・?

価値観の違いから2014年から離婚協議し2016年

今年の1月に離婚成立され現在はカリフォルニア州

サンディエゴで13歳の娘さんと生活されている様です。

元のご主人からは娘さんを育てる為の養育費のみだそうです。

慰謝料は一切貰わなかったそうです。

国際結婚はいつの時代もやはり難しいみたいですね。

あの貝殻の水着が印象的でした。

現在48歳の武田久美子さんですがいつまでも

お綺麗ですよね。

オフィシャルブログ(Ameba)などでのへそピアス

なんかも公開されています。

今回は山崎圭一(ビックマンモス)さんと武田久美子さんとの

関係などのご紹介です。

【スポンサー リンク】

山崎圭一(ビックマンモス)の今現在!

roses-1872490_640
山崎圭一さんは、今現在亡くなられているのですが

山崎さんの実家には武田さんが天国の山崎さんに書いた

ラブレターが残されているそうです。

武田さんは事故で亡くならなかったら結婚してたかも

しれない。

と言葉を詰まらせ言われています。

「いろいろお付き合いした人もいるけど、私は天国に行ったら

彼と結婚するんだって思ってる」と話されています。

山崎圭一さんと交際していた事を2005年の著書「くみこの掟」

で語っており「くみこの掟」では山崎圭一さんの死後

後悔する恋をするのはやめようと思ったそうです。

中学時代のあだ名は「未亡人」だったとも書いて

あるのです。

あだ名とは言えかなりキツイですね。

山崎さんが亡くなる直前、デートで映画「連合艦隊」を

見に行く約束をしていたそうなんです。

【スポンサー リンク】

武田久美子との関係と事故も調査!

fountain-834473_640
堀越学園中等部、現在は無い様ですが1年生だった武田さんは、

1学年上で、当時十代の女の子に絶大な人気があった少年グループ

「ビッグ・マンモス」の山崎圭一さん(当時13歳)に猛アタックして

交際がスタートします。

ビッグ・マンモスは、フジテレビの子供向け番組「ママとあそぼう!

ピンポンパン」で活躍した歌って踊る少年合唱団。

アイドルだった山崎さんとの交際は人目を避け、山崎さんの実家の

喫茶店などで合っていたそうなんです.

山崎さんは海水浴に行った海で溺れ事故死されます。

14歳でした。

あまりにも突然すぎて武田さんは「唖然ですね。悲しいってより、唖然…」

と当時の心境を語られたのです。

当時まだ中学生と言う若さです。

かなりのショックを受けたのではないでしょうか?

ほんとあまりにも突然過ぎて受け入れられませんよね。

切ない気持ちになります。

これまで多くの恋愛をされてきた武田久美子さん。

心の奥で山崎さんを大切に思い愛し続けているのだと

思います。

wikiを見てみるとビックマンモスは

1975年に結成しており番組終了の

1982年まで活動をしていた様ですね。

メンバーの大半の方が劇団いろはと

劇団ひまわりに所属していた様です。

劇団ひまわりと言えば沢山有名な俳優さんが

いらっしゃいます。

加藤清史郎君。子供店長cMで一躍人気となりました。

その他にも水谷豊さんも劇団ひまわりの出身で有名です。

最近ではTBSドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の

第9話で田島の息子役で大河原爽助くんが出演されました。

ビックマンモスには背番号があり山崎圭一さんの背番号

は27番でニックネームはヤセヤマ。

1967年7月27日生まれ。血液型AB。

1976年3月に第2期生としてビックマンモスに入られています。

ビックマンモスで忘れてはいけないのがママと遊ぼう

ピンポンパンのゆきえお姉さんですね

酒井ゆきえさんと言われピンポンパンでは3代目のお姉さん

で元々はフジTVのアナウンサーなんですよ。

少し高めの声だった記憶がありますね。

1981年8月3日に神奈川県で水難事故の為死去されのですが

まだ14歳の若さでした。

恋人であった武田久美子さんもさぞかしお辛かった事

だとそうぞうします。

お二人の当時の年齢からしても純愛だった様です。

これは、一生心に残りますね。

現在シングルになれれている武田さん。

元のご主人はアメリカ人でしたが日本人の様に情が深くない

そうです。

ご主人は優しい方のようだったのですが「冷たい」と良く感じた

事も沢山あったそうです。

結婚直後から夫に「アメリカに来て2カ月たったら、

おまえもプラプラしないで、家計を助けるために働け!」

とご主人から言われたそうなんです。

え~??って感じなんですが・・・。

TVで見ていると凄くセレブで華やかな生活をされていたようにしか

見えなかったけど・・・。

確かにアメリカはベビーシッター文化です。

母親も子供が生まれて直ぐからベビーシッターに預けて

仕事に復帰しますよね。

赤ちゃんの時から寝室も親とは別々だったりします。

日本人とは全く反対。

やっぱり添い寝(笑)ですよね~。

国際結婚って日常のほんの小さな事が違いすぎて大変なのが

良く分かりますね。

ご自分のアンチエイジング方なども紹介もされています。

多くの女性から支持され人気があります。

これからも色々な場でご活躍されるのを楽しみにしています。

【スポンサー リンク】
関連コンテンツ