浅丘ルリ子の今現在と昔の若い頃!夫と子供も気になります!

2017年3月29日

graphics-1274365_640

こんにちは。お鍋が美味し季節になってきましたね。

お鍋は作るにも簡単だし野菜を沢山入れるので

風邪予防にもダイエットにも良いですね。

今夜、浅丘ルリ子さんが出演される番組があるのですが

TVで拝見するのは久しぶり・・の様な。

浅丘ルリ子さんを見るとバービー人形を思い出したりします。

いつ見てもスレンダーでスタイル抜群ですよね~。

きっと「ダイエット」とは無縁で生きて来られたんでしょうね!

羨ましい・・m(_ _)m・・

今回は浅丘ルリ子さんの今現在と昔の若い頃!

夫と子供も気になります!でのご紹介です。

石坂浩二の今現在は?離婚の理由や浅丘ルリ子とのドラマ共演も気になります!

【スポンサー リンク】

今と現在と昔の若い頃

i-beg-your-pardon-824194_640

浅丘ルリ子さんは、1940年7月2日父の赴任先の

満州国新京市(現・長春)で生まれます。

3歳の時に父は、満州国経済学部大臣秘書官で

タイのバンコクに転勤し終戦をタイで迎え収容所

暮らしを経験されたそうです。

終戦後の46年7月に日本に引き揚げ、茨城県から東京神田

へ移りました。

引き揚げ後は神田のガード下にある粗末な家で暮らした様です。

父は大蔵省出身の官吏で戦後は議員秘書になったそうですが

政界が肌に合わず辞めてその後は苦労を重ねたそです。

当時は、かなり貧しい暮らしをしていた様で13歳の時

北条誠作の人気小説「緑はるかに」の映画化に寄せての

出演者一般公募を受けたところ3000人の中から選ばれ

映画化が決まり二千数百人もが応募したオーディションで、

浅丘さんは主役に選ばれ女優デビューされたのです。

昔の若い頃は娘役などが多かった様ですが、56年「愛情」

で初のキスシーンがあり当時、浅丘さんはかなり悩んだそうです。

しかし父親の励ましで一念発起されます。

また「鷲と鷹」「夜の牙」などで石原裕次郎さんと共演され

「南国土佐を後にして」などで小林旭さんと共演されます。

その後小林旭さんと数多く共演されます。

「渡り鳥」シリーズ「流れ者」シリーズなどが

多くあった様です。

日本中に浅丘ルリ子ブームが巻き起こっていたのは

NHK大河ドラマ「竜馬がゆく」69年には「愛の化石」

「私が棄てた女」などに出演されてい頃です。

68年~72年までは石原プロに所属され「栄光への5000キロ」

に出演されます。

当時、親友の佐久間良子さんが出演された東映映画「五番町夕霧楼」

が公開されるのですが浅丘さんは「なぜこのような女性映画が

日活でできないのか」と言う不満があり「私は男性映画の刺身のツマ」

などとマスコミに話した事があったようです。

記者会見程ではないですが簡単な会見をされていた

記憶がありますね。

佐久間良子さんもこの間久しぶりにTVで拝見しましたが

やっぱり昔と変わらずお綺麗でした。

浅丘ルリ子さんや佐久間良子さんの様な美貌はどこから

来るのでしょうね?

浅丘ルリ子さんと言えば「男はつらいよ」のマドンナ役ですよね。

「寅次郎忘れな草」で11代目マドンナで、どさ周りの歌手

リリーで大評判でした。

「寅次郎相合傘」でブルーリボン賞の主演女優賞を受賞されます。

その後は舞台中心の活動をされます。

市川崑監督の作品にも多く出演されています。

今現在は、再び映画に出演され2011年の主演作「デンデラ」

などが評判を生みました。

【スポンサー リンク】

夫と子供も気になります!

rose-1271216_640

浅丘ルリ子さんは現在独身ですが2013年3月には

金児憲史さんとの交際が報じられて話題になりました。

金児憲史さんは石原プロモーションの俳優さんですが

浅丘ルリ子さんとかなりの年の差がありましたね。

浅丘さんも若い頃は石原プロに入っていたので

金児さんは弟の様な感じではないのでしょうか?

分からないですね~(笑)・・

浅丘さんは71年テレビドラマ「2丁目3番地」で共演した

石坂浩二さんと結婚されていました。

石坂浩二さんは昔、加賀まりこさんとの交際が

噂されていた事もあった様です。

ドラマで共演する前に浅丘さんの友人である

加賀まりこさんから「石坂さんが浅丘ルリ子さんの

大ファンなので一度デートしたいと行っているからしてあげて」

と言われたことがあったそうです。

浅丘さんの当時のインタビューがありこう話されています。

「当時私は30歳で『そろそろ結婚してもいいかな』と思っていたし

石坂さんは『あなたは女優だ。結婚しても仕事を選んで女優を続けて

ください』と言ってくれましたから。

それに彼は趣味が多彩でとても博学でしたから、

一緒になれば自分を磨くことができて、高めていくことも

できると思ったんですね」と話されています。

石坂さんは、絵を描く事が趣味の1つなんですが二科展では

何度も入選される程の腕前です。

結婚から5~6年たった頃、石坂さんが「アトリエをもちたい」と

言われた事があったらしく、当時住んでいた家にはスペースが

なかったため別に部屋を借ります。

それから石坂さんはそこで寝泊まりする様になったそうです。

その時、浅丘さんはふっと「ああ、そういうことなのね……」

と思ったのです。

そうしたら案の定「彼女」が居たそうですよ。

結婚している間に何度か同じ様な事があったそうです。

最初のうちは腹が立ったし、辛い思いをしたそうですが

そのうちに熱が冷めるまで放っておこう。

と思う様になったそうです。

そういう状態がずっと続いていたある日・・・・・。

石坂さんが「いつも家にいてくれる人と一緒になって、

子供もほしい。

母も引き取って一緒に暮らしたい」と言われた浅丘さん。

最初は驚いて動揺したそうですが「そうか……。彼には、

そういう人がいるのね」と思って、最終的には「わかりました」

と言ったそうです。

離婚の意志を固められたのですね。

別々に離婚会見を開き、互いに言うことが違って、

マスコミに騒がれることは絶対に避けたいと石坂さん

にお願いしたそうです。

最後の話し合いから3日後の2000年12月27日に

離婚会見されました。

この離婚会見は記憶に新しいですね。

これまで仮面夫婦など色々言われて来ましたから

会見の時はビックリする方や、やっぱり~と言われる方が

居た事を思い出します。

結婚当初から別々の生活をしていた訳ですから子供は出来

なかったのでしょうね。

石坂さんは浅丘さんを妻ではなく、女優として見ていた

のかも知れません。

結局石坂さんは離婚の会見から5日後に今の奥さんと入籍します。

かなり年の差があるお若い方だった様な・・・。

会見の時、記者の方から石坂さんに「新しい女性」の

存在について質問がありましたが、石坂さんは最後まで

「いえ、そういう事ではありません」と否定されました。

浅丘さんは、女性の存在を最後まで否定し続けたのは、

石坂さんの思いやりであり、優しさだと今でも

思っているそうです。

石坂さんと結婚生活30年目で離婚されましたが

浅丘さんにとって、石坂との生活は得たものばかりで、

失ったものは何1つなかったそうです。

石坂さんからは、絵の事、星座の事、料理の事。

女優と家庭の両立がいかに大変か。

まで教わったそうです。

今でも石坂さんにはとても感謝していると話されいます。

石坂さんから「別れたい」と言われなければ、

今でも一緒に居たかもしれないと話されています。

浅丘さんは実は子供好きだ、そうで子供については、

ちっちゃいお子さんを見ると飛んでいって抱き締めちゃうほど

好きなんです。と話されています。

結婚はしても自分が母親になることは考えもしなかったそうです。

それくらい女優と言う仕事に没頭されてこられたのです。

浅丘ルリ子さんは現在76歳ですがお年を感じさせない程

お美しいです。

今後のご活躍も楽しみにしています。

近藤正臣の昔の若い頃と今現在は?真田丸秘話が気になります!

【スポンサー リンク】
関連コンテンツ