宮崎駿さんの今現在は?妻と息子も気になります!引退理由も調査!

 

cartoon-1376288_640

2013年、長編アニメ制作の引退宣言をされた宮﨑駿さん

宮﨑駿さんと言えば・となりのトトロ・魔女の宅急便・ハウルの動く城

・千と千尋の神隠し・崖の上のポニョetc・・

代表的な作品は数知れませんが

宮﨑駿さんの今現在は?妻や息子も気になります。

引退の理由も調査してみました。

【スポンサー リンク】

今現在は?

dinosaur-1729276_640
宮﨑駿さんは、初めてCGを本格的に使って短編アニメ「毛虫のボロ」を制作されており

「毛虫のボロ」は宮崎駿さんが若手CGアニメーターとの出会いをきっかけに、

本格的にCGを扱った短編アニメーションなんだそうです。

「毛虫のボロ」は生まれたばかりの小さな毛虫が主人公の短編アニメ。

全面的なCG作品ではなく、手書きアニメーションと組み合わせた物と

なる予定だそうです。

しかし、映画作りは難航し制作中止の危機に直面する事もあったそうで、

「毛虫のボロ」の制作に2年かかっているんです。

完成時期は未定となっているそうですが、期待してしまいますよね。

「となりのトトロ」や「千と千尋の神隠し」などは、何度見ても面白いです。

宮﨑駿さんの又新しい作品が早くみたいですね。

妻と息子も気になります。

 

bible-1706771_640
宮﨑駿さんには、2人の息子さんがおられます。

ご長男は、宮崎吾朗さんと言われご存知の方も多いかと思います。

・1967年1月21日生まれ。(49歳)

・埼玉県立所沢高等学校卒業。

・信州大学農学部森林工学科卒業。

大学卒業後は、ランドスケープコンサルタントの株式会社

森緑地設計事務所に入社。

建設コンサルタント・環境デザイナーとして公園緑地や

都市緑化などの計画・設計に従事していたそうです。

宮﨑駿さんが、ジブリの美術館を作りたいと言っていたそうなんですが、

ジブリには、そう言うのが分かる人がおらず「吾郎くんやらないか?」

とスタジオジブリの鈴木敏夫さんから誘われたそうです。

見せられた宮崎駿さんのプランに刺激を受け

1998年スタジオジブリに入社されます。

三鷹の森ジブリ美術館の総合デザインを手がけおられ

2001年10月1日から、2005年6月23日まで三鷹市立アニメーション

美術館の初代館長を務められました。

2006年7月に公開された『ゲド戦記』では、挿入歌『テルーの唄』

の作詞とともに、脚本・監督を務めたのです。

2011年には、自身の監督作品二作目となる「コクリコ坂から」が公開され

第35回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞されます。

次男の方は、宮崎敬介さんと言われます。

・1970年生まれ。

・1990年武蔵野美術大学造形学部空間演出デザイン科入学。

版画家柄澤齊の作品に感動したことをきっかけに、

武蔵野美術大学造形学部在学中に独学で木口木版画を始めたそうです。

卒業後は版画家として活動し、木口木版画の制作を続けておられました。

宮﨑駿さんが父親である事を普段は伏せておられたようです。

1995年「耳をすませば」用の「牢獄でヴァイオリンを作る職人」

を制作されています。

宮﨑駿さんの妻ですがこの方も有名な方ですね。

大田朱美さんと言われ、アニメーターです。

本名、宮崎朱美さんです。

アニメーターとして東映アニメーションに入社されます。

・1965年10月当時同僚であった宮﨑駿さんと結婚され

吾郎さん、敬介さんに恵まれます。

妻の朱美さんは、子育てのためにアニメ業界を引退されるのですが

本人の意志ではなかったらしく、宮﨑駿さんからの要望だったため、

長年後悔があったそうなんです。

財団法人トトロのふるさと財団理事でもあられます。

【スポンサー リンク】

引退の理由

cartoon-1769064_640
映画「風立ちぬ」をもって長編映画からの引退を発表されます。

宮崎駿さんですが当時の会見で公開された「公式引退の辞」

で語られたのはこうです・・・。

「風立ちぬは前作から5年かかっています。

次は6年か、7年か……それではスタジオがもちませんし、

ぼくの70代は、というより持ち時間は使い果されてしまいます」

と引退理由を説明されました。

「風立ちぬ」は、「崖の上のポニョ」公開から5年を経て発表されました。

加齢が1つの理由だったみたいですね。

長編のアニメは出来ないとと判断されたのです。

・1941年生まれの宮﨑駿さんは、現在75歳です。

これまでとは又違った作品を楽しみにしています。

【スポンサー リンク】
関連コンテンツ