水野千夏(舞妓派遣業社長)の結婚は?夫が気になる!出身大学と高校も調べ ました!

kimono-637942_640

早いもので今日から11月ですね。少し寒さを感じるようになりました。

はんなり、はんなり、と優雅に歩いている舞妓さんを目にすると綺麗ですよね。

舞妓さんと聞いて思い浮かぶのは、一般に京都と思います。

舞妓さんは芸妓になるための修業中の女の子の事を言うのですが

京都で舞妓さんになるには、一般に中学を卒業して2年~3年

置屋と言われる(京都では屋形)と呼ばれる家で、おかみ(おかあさん)

先輩芸舞妓さん(おねえさん)達と共同生活をし

おかあさんやおねえさんのお手伝い、雑用をこなしながら、

日舞や鳴り物のお稽古をします。

また京ことば(花街ことば)や礼儀作法も覚えなくてはなりません。

祇園甲部、先斗町では仕込みの期間は1年。と非常に厳しい世界なんです。

お客様にお座敷で舞を見せ、お酌やお話をするのがお仕事です。

他、様々なイベントに出演することもあります。

今回ご紹介するのは、秋田で「舞妓派遣業」を立ち上げた水野千夏さん。

水野千夏さんは、秋田生まれ秋田育ちのなんですが

「会える秋田美人」をコンセプトにした舞妓派遣業を立ち上げた社長さんです。

水野千夏(舞妓派遣業社長)の結婚は?夫とはどんな方でしょうね?

出身大学や高校なども調べてみました。

【スポンサー リンク】

結婚は?

basketball-670062_640

千夏さんは、2014年に結婚されています。

水野勇気さんと言われる方で、プロバスケット・ボールチーム

「秋田ノーザンハピネッツ」の社長さんです。

水野勇気さんは、社会人経験も一切なく、人脈もなく、お金も無いところから、

1人で立ち上がり、設立1年目で、来場者数が全体で2位。

快挙を達成し、県民の皆様から温かい支援を受けわずか2年半で秋田で

プロバスケットボールチームを創り、球団社長に就任された方です。

夫が気になる

 

space-needle-984518_640

学生時代からチーム創設に関わり、自ら会社を設立して社長に就任されたのが6年前。

チームを2季連続して「ターキッシュエアラインズbjリーグ」のファイナルに導いた

青年社長なんです。

水野勇気さんは、東京都杉並区生まれで秋田とは無縁でした。

中学時代からビジネスに興味があったそうで高校を卒業された後は

スポーツマネジメントを学ぶ為にシアトルに留学をします。

しかし、家庭の事情で帰国しました。

造園の仕事をしながら資金をため、当時秋田市内に新設された

国際教養大学国際教養学部に入学し1期生として入学、グローバルビジネス専攻。

秋田は一度も行った事がなかったそうなんですが、なんとなく面白いと

直感で決めたそうです。

この直感が、水野さんの人生を劇的に変えたのです。

3年時にオーストラリアのグリフィス大へ1年間の交換留学し

人口、二千万人ほどの同国に、クリケットやラグビーなど5つの

プロリーグが存在することに驚き、「ある程度の都市にはプロチームがある」。

「そのチームを地域の人々が支えている」。

「プロチームのある生活を楽しんでいる」。と感動し

国際教養大学卒業後、東京で内定していた会社への入社を辞退され

在学時からプロチームの設立運動を開始されるのです。

水野勇気さんは元気さんと言われるお兄さんがおられますが、

この方も「株式会社:情熱」の代表取締役社長であられます。

【スポンサー リンク】

出身大学

father-and-son-1555088_640

水野千夏さんは、秋田県大曲市の出身で

秋田高等学校を卒業され、神奈川大学の進学しています。

神奈川大学を卒業して東京の外資系化粧品会社に就職しましたが、

「自分にしかできない仕事」を求めて秋田に戻られたそうです。

秋田にも「芸者文化」があったことを知った水野さん。

インスピレーションを感じて「舞妓派遣業」を立ち上げたそうです。

コンセプトは、「あえる秋田美人」だそうなんです。

「株式会社せん」を立ち上げ、現在社長さんです。

かつて秋田の繁華街には、川反芸者が居たそうです。

数年前に途絶えてしまったそうで、この文化を復活させ

秋田の新しい観光資源「会える秋田美人」として秋田舞妓が誕生したそうです。

秋田舞妓と一緒に県内の観光名所を巡るツワーや、体験型観光も行うそうです。

お座敷出向、季節のお披露目会、企業連携事業、秋田舞妓茶屋などの

おもてなしもあります。

秋田に行かれたら舞妓さんとゆるりと過ごされてみる1日も

良いのではないでしょうか(笑)・・・・。

【スポンサー リンク】
関連コンテンツ