山田伸子(スケート)の今現在!夫と娘は?2人の姉にもフォーカス!

statue-540788_640

こんにちは。今日は、朝からかなり強い雨が降る熊本です。

通勤や登校の時間に重なると嫌ですよね。

こんな日は少し余裕を持って出掛けたほうが良いとは分かっているのですが、

いつもバタバタになっちゃいます。

スケート・ショートトラックでオリンピックに5回出場された山田伸子さんが番組出演され

ます。

山田さんと言えば、お隣福岡なのですが、こちら熊本でも実は有名な方なんです。

次のアスリートを目指す熊本の子供達も山田さんの元へ足を運んでいるのではないでしょうか?

今現在など、夫や娘さん、二人の姉にもフォーカスしました。

では、山田伸子さんのご紹介です。

【スポンサー リンク】

今現在は?

volunteers-601662_640
山田伸子(吉本)さんは現在、鍼灸師の仕事をしながら講演活動などをされています。

1971年8月4日。福岡県の出身でスケートを始めたきっかけは、9歳の時に近所の

友達に誘われた事が始まりだったようです。

1988年から1998年の世界選手権に連続出場し冬季五輪5回出場されました。

1990年には、芝興産株式会社に入社し、実業団で競技生活を始めます。

全日本選手権大会個人総合優勝されます。

世界選手権大会出場、冬季オリンピック出場を果たされた経歴の持ち主です。

山田さんは、長野オリンピックの後に一度現役を引退するのですが

病気になったお母さんに勇気を与えるために現役復帰しました。

2000年に鍼灸師学校に入学されます。

鍼灸師学校とお母さんの看病、練習の生活をする中ソルトレイク・オリンピックの出場権

を獲得するのでした。

2003年に鍼灸師の資格を取ると再度引退を決意したのですが

2004年春に「国体へ出てほしい」との依頼を受け、地元の福岡に戻り現役復帰します。

その際に目標を国体出場からオリンピック出場へと変たそうです。

見事トリノオリンピック代表になる事が出来たのですが、過酷な練習に費された事だと

思います。

今現在は、女子ショートトラックスピードスケートの第一人者としての活躍もされています。

夫と娘は?

 

hands-1191449_640
山田伸子さんの夫は、福岡市内でスポーツジムのインストラクターを務める

吉本健太さんとおっしゃる方のようです。地元の福岡で結婚式を挙げた様ですね。

結婚式前のスポーツ新聞にも、結婚発表の記事がお二人の写真付きで掲載されていましたね。

長身で優しい感じの印象の方の様でした。

トリノ・オリンピックに目標を掲げたのも夫の一言がきっかけだったそうなんです。

伸子さんは、練習が終わった後も1人で黙々と自転車をこいでトレーニングされてい

たそうです。

人が見ていない所で一生懸命練習されていたそうなんですよ。

オリンピックと一言で言っても想像を超える練習量です。

夫との二人三脚で頑張って来られたんですね!

2009年年6月10日に娘さんを出産されています。

娘さんの名前などはわかりませんが、

吉本さんは、1児の母として子育てをしながら「子供たちの夢を応援する」

NPO法人を設立もされており理事長でもあられます。

【スポンサー リンク】

2人の姉もフォーカス

polaroid-1431738_640
山田伸子さんは、鍼灸師の仕事の傍ら福岡でスピードスケートのコーチ又理事長として

小学生、中学生、高校生の指導をされているのですが

姉の由美子さんも(オリンピック銀メダリスト)美人コーチとして有名みたいなんです。

1988年のカルガリーオリンピックの公開競技であったショートトラックス

ピードスケート3000mリレーで、獅子井英子さん山田由美子さん竹内洋美さん

と共に銀メダルを獲得されています。

姉の由美子さんは、「夢を思い続けると言う事。そして言葉に出す事により夢が現実になる。」とセミナーなどもされており多忙な日々を送られているようですね。

もう1人の方の情報はわかりませんでした。

3人姉妹を世界レベルのスケート選手に育てたお母さんがいらっしゃる訳で

すが、母のツヤ子さんは子供のスケートのために昼、夜を問わず働き続けたそうです。

過労から病気、そしてガンの宣告を受けたそうです。

母ツヤ子さんは、九州大学医学部付属病院を、結婚・出産のため退職され

昭和52年スナックロッキーを始められます。

現在は、保険会社支部長しながら、夜は自分が経営する中洲のお店、

NPO法人、日本安全推進協会副理事長でもあられます。

アスリートを目指す子供達の為に頑張っておられるんですね。

【スポンサー リンク】
関連コンテンツ