十勝花子の現在は?娘も気になる!夫の今にもフォーカス!

exchange-of-ideas-222787_640

こんにちは。今日はいいお天気です。10月も早、半月が過ぎましたね。

一昨日から今日にかけて暑くなってきている熊本です。

昨夜もムシムシするのでクーラーを入れた程です。

熊本震災から半年が過ぎ最近では、復興番組が多くなった気がしますね。

熊本城の復旧には、なんと20年もかかるそうなんですよ。

復旧プロジェクトも色々なお店で始まってきています。

話は変わって、21日の「爆報!THEフライデー」に十勝花子さんの

自宅が公開されるようです。

そんな訳で、十勝花子さんの現在や、娘さん、夫について色々フォーカスしてみました。

【スポンサー リンク】

十勝花子の現在

roses-1420727_640
女優でタレントの十勝花子さんは、現在死去されています。

大腸がんだったようです(享年70歳)

十勝花子さんは、北海道帯広、三条高等学校を、卒業されます。

1965年、日本クラウンコンクールに挑戦し審査員であった作詞家の星野哲郎さんに

声をかけられ1996年に歌手デビューされます。

後に、漫才師のコロムビア・トップの女弟子となられるのです。

1971年に岡崎友紀さん主演のドラマ「なんたって18歳!」で意地悪な先輩

「島田花江」役で出演されてました。

私も子供の頃でしたが見ていた記憶がありますね。

凄く早口な印象があり、意地悪でした(笑)・・。

後に、テレビ番組や歌謡ショーの司会などで、得意の東北なまりを早口で

まくしたてる「話芸」で人気者になられましたよね。

ミッチー・サッチー騒動では、野村沙知代さんの学歴詐称疑惑を批判され

世間を巻き込む大きな話題になりましたね。

十勝さんには、アスペルガー症候群の噂も持ち上がったりもしていました。

最近こそ、アスペルガー症候群と良く耳にもするようになり、専門医もあるのですが

昔は、アスペルガーと言う言葉さえ耳にする事は少なく、

「性格の問題」と言う言葉で済まされていたはずです。

野村沙知代さんのミッチー・サッチー騒動では、浅香さんを擁護する発言を

されていました。

連日、どの番組をかけても、TVで報道されていましたが覚えていますか?

ミッチー・サッチー騒動について少し説明しますね。

騒動の発端は、1999年浅香光代さんが最後の出演であった

TBSラジオ内で、東京都知事選挙に絡んで野村沙知代さんが立候補した、

1996年の第41回衆議院議員総選挙の結果に基づき、野村沙知代さんに、

くり上げ当選の可能性が出たことに対し、野村沙知代さんを

「あんな人はもう嫌。引っ叩いてやりたい」

「何が代議士よ挨拶もろくにできないのに何考えてんだ。」税金の無駄遣い。

「笑わせるんじゃないってんだよ!」馬鹿野郎と怒鳴りつけるなど。

弱い者いじめが過ぎる。

「あんな女を番組に起用するから増長する」などと痛烈に批判した事に始まった訳です。

1年前まで浅香さんが野村さんと共演していた舞台で生じた確執があったのでした。

浅香さんは野村さんが、舞台の稽古をさぼったことで、不満を持っていた様で

沙知代さんに「挨拶がしっかりしていない」「横柄な振舞」などと批判されたと

主張、受けた批判に対して「馬鹿言ってんじゃないわよ!」

「一体何様のつもりだってぇの!?」と一喝したのです。この言葉が炎上し

ワイドショーなどがこの騒動を取り上げ始めると、これに乗じるかたちで

芸能人・著名人が沙知代さんに対してのバッシングが始まりました。

当時かなりの芸能人、デビィ婦人・神田うのさん・元フィギアスケートの

渡部絵美さん・細木数子さん・料理人の神田川俊郎さん・・etc

まだまだ沢山の方が出演されました。

十勝さんは始め、沙知代さん側に付いていましたが、後に光代さん側に付き

沙知代さんの学歴訴訟を批判し署名活動を行ったそうです。

その為十勝さんは、マスコミや世間から「売名行為だ」と言われたのでした。

浅香光代さんの名前からミッチー・野村沙知代さんの名前からサッチーで、

ミッチー・サッチー騒動になった訳です。

この騒動は長く続きました。

最後には、浅香光代さんのご主人や野村沙知代さんの弟さんと言われる

方までもがTVインタビューに出ていた記憶があります。

その頃、野村沙知代さんの夫である野村克也さんは、

(2001年)に約5億6800万円の所得を隠し、法人税と所得税、

合計 2億1,300万円を脱税したとして、法人税法違反などがありました。

当時、阪神タイガースの監督を務めていた野村克也さんは、続投が決まってい

たのですが、監督を辞任されました。

十勝さんは、2000年12月には、交通事故にあわれ、脳内出血で全治1ヶ月の

重症を負われましたが、芸能界に復帰されたのです。

2003年にエッセイ「イカの足三本」が文藝春秋ベストエッセイ集に収録され

出版されます。

過去にも本名で応募した「サボテンの花」が収録され環境庁主催の「第8回地球に

優しいコンテスト」にて「ミミズ救出作戦」が入選するなど文才でも知られています。

2007年には16年ぶりのCD「あの頃・この頃。これから」を発売します。

毎年ホノルルマラソンに参加し完走しているそうです。

特技は中国語で、趣味は、ガーデニング・カタツムリの生態観察だそうです。

また十勝さんは、凄いんです。

中国の貧しい山奥の子供達の為に19校の小学校を建て交流をしてこられた活動家でも

あられました。

「ささやかでも日中友好のために努力したい」と言うのが十勝花子さんの希望だった

そうです。

娘は

teddy-bear-1710641_640
十勝花子さんの娘さんは、服部令子さんと言う方です。

十勝花子さんが死去された後、十勝さんのご自宅がゴミ屋敷化しているそううなんです。

十勝さんの遺品整理に娘の令子さんが四苦八苦しているそうなんですが

なぜ?ゴミ屋敷化してしまったのかは、本当のところ分かりませんが・・

おそらくステージ4の大腸がんと診断されてからではないか?

と言われています。

普通に考えてみれば、ステージ4の、癌末期の身体では、整理整頓なんかは

勿論、掃除自体も出来るわけ無いですもんね。

服部令子さんのFacebookがありその内容によると、十勝さんは、7月末にステージ4

の末期の大腸癌が発覚したようで手術が出来ないほど転移していた状況だったそうです。

治療しなければ余命6ヶ月と宣告されましたが、十勝さんは、癌との戦いを復活すると

心に決め抗がん剤による治療を開始したのでした。

療養先には長崎と決まっていたそうです。

しかし体調が急変してしまったのでした。

娘の服部さんは「わずか3週間で逝ってしまいました。無念としか言いようがありません」

と心境を綴られたのです。

最後は「皆さまの記憶の中には、いつも元気な十勝花子のままでいさせて下さい。

又なるべく多くの方にお知らせさせていただきたいので、シェアいただけましたら幸いです」と呼びかけておられてそうです。

大腸がんと診断されるまでの間、体調が思わしくなかったのだと思われます。

あまりにも急な事で心が痛いです。

【スポンサー リンク】

夫の今は?

theatre-430552_640
十勝さんは、生前3度の結婚を経験されたようです。

最初の夫であった方は、1981年に結婚され加藤隆さんと言われる方でした。

二度目の夫の方の情報はありませんでした。

三度目の夫になられた方は、同じ劇団員の井出良男さんと言われる方で

今何をされているのかは分かりませんが劇団の俳優さんだっだそうです。

十勝さんとの離婚の原因は、夫の井出さんに女性問題だそうです。

そのお相手ですが、同じ劇団員の女性だったそうなんでが

女性が妊娠され、その事を知った十勝さんは、刃物を持ち殴り込みに行ったそうなんです。

まさしく修羅場でしたね。

様々な人生を歩んで来られた十勝花子さん(本名、加藤恵子)さんに

ご冥福をお祈りします。

【スポンサー リンク】
関連コンテンツ