徳正俊平の結婚について!妻と子供は?出身高校と大学にも注目!

 

flowers-1525451_640

こんにちは。3連休の最終日でしたね。

熊本は、今日お天気にも恵まれ過ごしやすい1日でした。

今回は、ろくでなしの青春時代を過ごしてこられ悔い「人の役に立ちたい」

と僧侶になられた徳正俊平さん。(現在27歳)

北海道から、広島の小さなお寺の婿養子としてやってこられたのです。

願いは、「地域の人々に頼られる僧侶になる事」

しかし現在は、収入を得る為町の大きな寺に通勤する日々。

一年たっても壇家さんに顔すら覚えてもらえず、、。

このままでは、自分が住職になっても信頼を得ることが出来ない。

寺を地域の拠り所にしたいともがく若き僧侶徳正俊平さんのご紹介です。

【スポンサー リンク】

徳正俊平の結婚と妻と子供

wedding-861802_640

2014年に結婚されていますが、妻の名前は分かりません。

子供さんもいらっしゃると思います。

旧姓は、斉藤俊平さんと言われます。婿養子になっておられます。

奥さんのご実家がお寺なんですね。

「NHKドキュメンタリー・人生デザインUー29」で登場されています。

過疎化で壇家さんも少ないそうなんですが、僧侶になられるとは

婿養子にまでなってからですから一大決心ですね。

徳正さんのご実家はお寺ではないそうでが、何か仏縁があったのでしょうね

出身大学と高校

arashiyama-1447551_640

出身大学と高校についてです。

徳正さんは、2007年旭川北高等学校を卒業されています。

旭川北高等学校と言えば、以前甲子園に出場されたとのではなかったでしょうか?

進学校です。

2007年4月龍谷大学に進学されますが、2010年3月中退されています。

後に龍谷大学と同じ京都にある中央仏教学院に入られます。

中央仏教学院は、京都府、京都市、右京区にある私立の本願寺派の僧侶を

養成する機関専門校で、浄土真宗本願寺派の付属専門校です。

本願寺派の僧侶養成を目的としており、カリキュラムでは

・声明(読経)・作法、・布教法などの授業のほか、・浄土真宗や

・仏教全般にわたる教義や歴史を勉強するそうです。

入校条件は中学校卒業以上(予科)で年齢、国籍等は問わないそうです。

学院生は、寺院子弟などの若年層が大半を占めるそうなんですが、

僧侶資格を目的とせず、浄土真宗の学習理解のため入校する中高年も多いみたいです。

定年退職された方など僧侶を目指される方も多いですよね。

また、通信教育課程は受講条件がゆるやかなため、更に受講生の年齢幅広いそうなんですよ。

仏道を学ばれることになるんですね。悟りを開かれた訳ですね。

wiki風プロフィールにしてご紹介しますね。

【スポンサー リンク】

wiki風プロフィール

buddha-1395313_640

 

名前:徳正俊平(旧姓:斉藤)

生年月日:分かりませんでした。

血液型:A型。

出身地:旭川市

居住地:大阪府高槻市

出身高校:2007年旭川北高を卒業されています。

出身大学:2007年4月龍谷大学に進学されますが

2010年:3月中退されています。

2011年:中央仏教学院を卒業されます。

2012年:勤務指所卒業。

2015年:行信教校卒業。高槻市

2014年から現在は浄土真宗本願寺派、常照山、徳正寺で働き始める。

2015年に卒業されている行信教校は、大阪府高槻市にある浄土真宗本願寺派

の僧侶養成の為の教育訓練施設なんです。

2年制だそうですが、やはり仏門に入ると言うか入学するには、簡単には行

かず、浄土真宗に関する高度な専門知識を備える僧侶の養成にあるため

本願寺派教師資格保有者など、既に相当な研鑽を積んだ人だけが

入学が許可されるそうです。

やはり仏門に入るのは、そうそう簡単には行かない訳ですね。

狭き門のようです。

【スポンサー リンク】
関連コンテンツ