海地獄(別府)の入浴剤が気になる!口コミや値段もリサーチ!

年々、お休みの日は温泉にでもつかってのんびりしたい…

という思いが強くなってきた私ですが、子どもやペット、

そして仕事があると、なかなか遠出できないんですよね…。

独身時代は、私も結構一人で温泉巡りしていたのに、

今は休みの日はもっぱら家族サービスや自宅です。

そんな私を救うとっておきの入浴剤。

海地獄(別府)の入浴剤について調べてみました!

【スポンサー リンク】

海地獄(別府)のコバルトブルーについて!

日本を代表する湯の町・別府には、温泉にまつわる「地獄」があります。

それは、温泉が湧出している場所。

湯の成分や析出する泥などで色々な表情を見せる光景を、まとめて地獄と称しています。

地獄の見た目は様々です。たとえば「竜巻地獄」は間欠泉から湯が沸き出ているし、

「血の池地獄」は名の通り、赤い温泉が湛えられています。

鬼石坊主地獄は、灰色の泥土が下から湧き上がってくる様子が、

坊主が下から頭を出したよう、と言われます。面白いですね。

そして、海地獄は、温泉自体がきれいなコバルトブルーをしています。

この青い要因はというと、”硫酸鉄”を多く含んでいるからなのです!

海地獄(別府)の入浴剤が気になる!

この海地獄の成分そのままに、温泉水を乾燥させた粉末としての入浴剤があります!

それは、「えんまんの湯(マグマオンセン)」という入浴剤です。

「えんまんの湯」は、合資会社海地獄によって販売されており、現地では100度近くで

湧出する温泉水を汲みだし、瞬時に粉末化することによって精製されています。

このことにより、各種向きイオンや微量金属が、天然温泉とほとんど同じ均衡状態

を保っているのだそうです!

家庭用に、香料と着色料を少し加え、家にいながら温泉を楽しめてしまうんです。

「海地獄」以外の売店などでは、「マグマオンセン」という名で販売されています。

えんまんの湯はマグマオンセンの愛称みたいです。中身は同じもののようです。

ちなみに、この日本薬品開発株式会社からは、無香料無着色の「マグマ温泉末」

も販売されています。お肌が敏感な方などはこちらもいいですね。

【スポンサー リンク】

効能や成分は?

えんまんの湯のホームページによると、成分は、乾燥硫酸ナトリウム

※別府市海地獄の温泉水の噴霧乾燥末

※ポリリン酸ナトリウム、青色1号、黄色4号、香料

※印は「有効成分」 無表示は「その他の成分」とされ、

効能は疲労回復、冷え性・肩こり・腰痛・神経・しもやけ・ひび

・リウマチ・痔・あかぎれ・うちみ・あせも・荒れ性・しもやけ

・疲労回復などに効くとされています。

【楽天】
入浴剤の効能の表記は、法律に基づいて定められているので、

あまりこれに効く!とは言えないのだとは思います。

しかし成分的に見ると、この湯は温泉の泉質で考えると「硫酸塩泉」寄りかな?

と考えることができます。

硫酸塩泉というのは一般的に、切り傷や動脈硬化に良いとされます。

そういう点から見てみると上記の効能のなかでも、しもやけやあかぎれに効果ありそうですね。

ちなみにこの粉末は、お湯にさっと溶け、浴槽を痛めたりしないとも紹介されています。

また、残り湯を洗濯に使うこともできるそう。

温泉の効能はありながら、こういった面はありがたいですね。

お土産での人気は?

この入浴剤のもととなる温泉が湧く「海地獄」では、充実したお土産コーナーがありますが、

この売店でのお土産の一番人気は、やはり「えんまんの湯」です。

ここで一度お土産に買って帰って、その入浴剤の良さに通販でリピーターになる

ケースも多いそうです。

【楽天】
また、様々なメディアで別府土産として温泉プリンや石鹸などとともに「マグマオンセン」

もオススメされています。

お菓子のように腐らないし、気軽に色んな人にあげることができるため、

小袋入りの「マグマオンセン」を一箱買って帰りみんなに配る…という人も多いそう。

口コミや値段もリサーチ!

化粧品などの評価サイトとして有名な”@cosme”でマグマオンセンを見ると、

7点中6.3の高評価です。

どの評価も、とても体が温まる!とありました。

温泉の青色については、温泉気分が味わえて良いとしている人と、落ち着いた色が

いいという人と分かれていました。

これは好みの問題なので難しいですね。

また、実家やおじいちゃんの家などで使ったことがある人が、懐かしい!

と買うケースもあるようです。昔からあるというのも、安心感が湧きますね。

通販は、海地獄公式オンラインショップにて「えんまんの湯」が、30袋入り

または一缶(580g)で、ともに3,500円(送料込)です。

屋久島のベストシーズンの時期はいつ?初心者は?子供と高齢者の場合も解説!

屋久島の精霊の写真が気になる!撮影場所は?アクセス方法もチェック!

猛暑は九州ではいつまで続くの?子供の熱中症対策の体験談を紹介!

血の池地獄の軟膏が気になる!プリンやたまごもチェック!

また、アマゾンでも取り扱いがあり、「マグマオンセン」1缶500gが2,850円(送料込)

で販売されています。

温まり方が他の入浴剤とは違うと5点中4.1と高評価です。

楽天では様々なショップが販売していますが、15g21包入の箱が大体1,500円程なので、

求める際はこちらが手頃だと思います!

【スポンサー リンク】
関連コンテンツ

生活

Posted by ちゃちゃ