松田大夢の出身中学と高校は?結婚と妻も気になる!バジャウ族との関係もチェック!

こんにちはチャチャチャです!

夏休み真っ只中!「バジャウ族」って知っていますか?

マサイ族や首長族とは聞いたことがありますが

「バジャウ族」は初めて耳にしました。

海の上で暮らす「バジャウ族」という東南アジアの少数民族について

今回ご紹介していきます!

住居はもちろん、海の生き物を捕まえて自由自足する彼らには、

勿論国籍なんてものはありません。

私達の生活から想像もできませんよね!

その「バジャウ族」と共に生活をしている

日本人が松本大夢さん。

なぜ松本大夢さんは、バジャウ族と生活を共にしているのでしょうか!?

彼の学生時代から、バジャウ族との出会い、結婚に至るまで…

妻についてもみてみましょう!

【スポンサー リンク】

松田大夢の出身中学と高校

松田大夢という一人の人間が出来上がった過程の学生時代をみてみましょう。

出身中学は、新潟県村上市中学校。

彼の生まれ育った地元になります。

出身高校は、新潟県立羽茂高等学校ですね。

ただ卒業はしていません。

そう・・・中退です。

ただの中退ではありません(笑)←ほぼ卒業?!

なのか・・・とか考えてしまいますが(笑)

高校3年生残りわずか…卒業3日前です!!!

なんということでしょう?(某番組のナレーションではありません。笑)

しかも、中学卒業後にすでに親元を離れ、祖父母の島で暮らしながら

高校へ通ったというではないですか。

もう?

こんな出身高校だけで話が広がるなんて、なんかとっても興味そそられますよね!!!

子供の意見を尊重するご両親だったのか…

なんて理解のあるご両親なんでしょうか。

普通の方でしたら、勿体無いな?

って思いますよね。

けれど、きっと松田大夢さんには本当人生での過程でしかなく、

そんな肩書きよりももっと大きな何かを見ていたんでしょうね。

そういえば、一番最初に松田大夢(ひろむ)という名前の漢字を見て、

ぴーんときました。

いい名前だな?・・・・と。

大きな夢とかいて大夢。

結婚と妻と子供

2016年、松田大夢さんはバジャウ族の方と結婚をされました。

妻の名前は、シェイマさん。セブ島出身の方です。

たまたま出席したバジャウ族の結婚式で、現在の妻に一目惚れしてしまったようです。

交際期間はなんと2ヶ月程度というスピード婚!!!

おめでたいですねー。

早いですねー。

もう高校時代から勢いがあるとしか言えようがありません。笑

人に受け入れられる力は、凡人の数百倍あると言ってはいいのでは無いでしょうか。

でもその裏側には、シェイマさん家族の引っ越しが背景にあり、

離れるのが嫌だったから結婚を考えられたそうです。

好きだから離れたくない=結婚…素敵ですね?。

何故かて、はっきり言って、本当単純な発想だと思うんです。

けれど、大勢の人は離れるから、はい!結婚しようとは

簡単にはいかないのが現状ですね。

発想が単純というか、私達を取り巻く社会がそう簡単にさせれないような

環境を生み出しているのかもしれません。

こんな思うがままに生きれる。

こんな所に松田大夢さんは惹かれ、また普通というスタイルにとらわれない

彼をバジャウ族の村の方も受け入れることが出来たんではないでしょうか。

これこそが本当の幸せかもしれませんね。

そして、2018年さらに彼と妻に幸せが訪れます^^

そうです?

二人の間に、男の子が誕生しました?!!!

子供の名前は、「ほし」と名付けたそうです。

松田大夢さんのご両親が大きな心を持って育てたあげたように、

さらに海のように広い心を持って育てあげられるに違いありません。

彼がこの村にずっといるとも限らないはずです。

まだまだ、大きな夢を追い続けている途中なのでは?

なんて、期待しちゃいますね。

お子さんの成長もこれから楽しみですね?^^

【スポンサー リンク】

バジャウ族との関係

高校中退後、ホームレス状態になりながらも、国内外を歩き回っていたそうです。

セブ島で、NPO法人で活動していた時に、コロンという町で乞いしていた

子供たちと仲良くなったのがバジャウ族を知ったきっかけでした。

その子供達がまさにバジャウ族だったんですね。

一昔前は、漁業だけで生活ができていたバジャウ族でしたが、

海の汚染により生活はどんどん貧困になって生き、物乞いや真珠、

貝殻で作ったアクセサリーなど 販売に回るようになったそうです。

セブ島って、綺麗なビーチ?

のイメージですが、それって観光地だけなんですね。

なんとも悲しい現実・・・。

最初は仲良くなった友人の家に泊めてもらい、その後バジャウ族の村長に

自分の家を立てることの許可を頂いたと言われています。

この村に唯一住むことを許可された外国人は松田大夢さん、一人だけなんです。

貧困を食い止めようと、自ら募金活動を行い、

その活動の多くを知ってもらおうと日本人向けにツアーも

されていらっしゃいます。

高校卒業という肩書きが嫌だったとは、なんとも理解に苦しむ見解でありますが…

言わずともなんか松田大夢さんが伝えたいことがじんわり伝わってきますよね。

彼の行動力には、本当脱帽ですね。

だからこそ、バジャウ族として住む彼に、多くの人が惹かれ、

彼へ投資したいと思うのでしょうね。

今や、村に欠かせない人物となっているのは間違いありません。

経歴やプロフィール

出身地:新潟県村上市

生年月日:1995年6月25日

現在、23才

高校中退後、わずかな所持金で上京しホームレス生活を送る。

NPO法人活動中に、バジャウ族と出会い、村に住み始める。

現在の奥さんに一目惚れ、結婚、子供を授かり、現在はゲストハウスを建設中。

【スポンサー リンク】
関連コンテンツ