猛暑は九州ではいつまで続くの?子供の熱中症対策の体験談を紹介!

 

こんにちはチャチャチャです!

毎日、暑い日が続きますね。

この暑さでは家事も午前中の早い時間に済ませたいですね!

先週、終業式を終えた学校や、幼稚園も多いのではないでしょうか?

夏休みが始まりましたね!

現在、うちには中学2年生の娘がいますが、終業式は24日。

一学期に学校に行くのもあと2回になってしまいました。

また、楽しみなのが通知表。

2年生になり始めてもらう通知表です(笑)

成績はどうだったのか?・・・気になるのも本音です。

大人だけでなく、今の子供達はいろいろなストレスが多い時代。

どちらにしても、よく頑張ったね!

と、褒めてあげたいですね。

さて、話しは変わり今日ご紹介したいのは、猛暑は九州ではいつまで続くのか?

そして、子供の熱中症対策の体験談です。

今回は、我が家の子供の小さい頃からの熱中症対策や、

体験談を含めながらのご紹介です。

何かのお役にたてれば幸いです。

【スポンサー リンク】

猛暑は九州ではいつまで続くの?

さてこの夏、今年の暑さは異常なくらい暑いですね。

毎年、6月の梅雨時期からジメジメと始まりだんだん、

ムシムシと暑くなりますが今年この時期、異常に暑い!

の、一言です。

先日、熊本は39度まで気温が上がり、猛暑と言われている以外

のものを感じましたね。

地球の温暖化だけではないと思うのですが・・・。

その日、体感温度はどの位だったのか?

・・知るのが怖いくらいです。

県内のあちら、こちらでの救急搬送も多く、その日はうちの

近所でも救急車を何度か見かけたくらいです。

この暑さでは身体も普通ではいられません。

聞くところによると、ココナツの島と言われる

ハワイの気温は25度程度だそうで、九州の方が気温が高いの?

・・・なんてビックリ。

まるで砂漠!・・・たまりませんね・・・。

毎朝テレビで「今日も35度を超える暑さの猛暑日」

なんて言われると、朝から余計に疲れてしまうのは私だけでしょうか?

さて、この異常な暑さの猛暑は、九州ではいつまで続くのでしょうね?

また、この猛暑をどう乗り越えるかも重要ですよね。

いったい猛暑は九州ではいつまで続くの?

と、思うんですが昨日の時点では、この猛暑は8月上旬

にかけてもまだ続くそうですよ!

それに増しこの暑さは、日本列島が毛布を2枚かぶって

いるような状態なんだそう!

なんだか初めて聞く言葉ですね。

毛布を2枚かぶっている?

・・・どう言うこと?・・・なんて思うのですが。

確かに言われてみればこの暑さですもの。

わかる気もします。

今年、九州南部では平均気温が平年より、高い確率が6割と言われています。

毎年、お盆を過ぎた頃から少しは暑さですが和らいでくるのですが

今年はそうではないようで、残暑と言われる暑さはなくまたもや

気温が強まり猛暑が再来するそうなんです。

猛暑は九州で、9月中旬になっても暑い日が多くいそうです。

本当に「火の国熊本」といった感じですね。

夏の終わりはいつ?

なんて思ってしまいませんか?

このままの暑さが続くと、猛暑は九州で和らぐのは、

やっと10月に入った上旬頃ではないでしょうか?

先長く感じます。。。(T_T)

我が家での子供の熱中症対策と過ごし方の体験談!

ご近所を車で通ると、よくお庭でのプールを目にします。

最近ではプールもいろいろあり、この間目にしたのは

ワニの形の大きいプール。

子供が喜んで水遊びする姿が目に浮かびますね。

さて、我が家での子供の熱中症対策と過ごし方の体験談です。

(これはあくまでも我が家の体験談です)

先ずは、熱中症対策で子供が小さい頃のお話からしていきたいと思います。

我が家でも子供が小さい頃は、熱中症対策の一つとして

よくお風呂プールをしていましたね!

時々お庭で。

そこで重要なのがお水なんです。

真水ではなく、かなりぬるめで、お水?・・お湯?という位。

子供の熱中症対策として、ただのぬるい水ではなく、

そこに粗塩を入れ、少ししょっぱい程度にお水を作るんです。

我が家での子供の熱中症対策。

熱中症対策に水分補給と言われてますよね!しかし、

水分だけでは駄目でそこにミネラルや塩分が同時に必要なんですね。

それを、できれば午前と午後の2回入り、外からのミネラル分として

薄い塩水にしていたんです。

(これはあくまでも我が家の体験談です)

また、夏と言えば蚊や何かわからない虫刺されなどの経験がありませんか?

その度に、小さい子供にお薬を塗るのはちょっと考えもの・・・。

軽い虫刺されなどは、お家で治してあげたいですね。

熱中症対策をきっかけにはじめた事が、プラスあせも予防や

虫刺され、日焼けにもいい効果が出たんです。

蚊に刺され、足や手をかきむしっていた子供が掻かなくなり

赤みも取れてきたんです。

(これはあくまでも我が家の体験談です)

それ以来、我が家での子供の熱中症対策として毎年行ってきました。

近頃では幼児用の紙おむつは、かなり品質も良くなっています。

しかし紙おむつを、はめっぱなしにしていては、あまり好ましくありません。

このお水で、時々一緒にお尻を洗ってあげるのもいいですよ!

また、赤ちゃんの場合オムツかぶれや、首や、手押しのくびれなど。

アセモ予防にもいいですよ。

最後にはシャワーで洗い流すことをお忘れなく!

次に、過ごし方についてお話したいと思います。

外は恐ろしいくらいの暑さ!

これでは、子供連れで出かけることもできませんよね!

しかし子供ですから、外で遊びたがるのも当然です。

我が家の過ごし方についてです。

子供がまだ小さい頃は、早い時間に公園で少し遊んでいましたね。

公園まで歩いて往復するだけで、汗びっしょりになりますから

午前中はプールで遊び・・・・・(気温が高すぎる時はお風呂で)

午後は、ビデオを見たり絵本をよく読んでいましたね。

もちろん、お昼寝もします。

お昼寝の後は、かき氷を一緒に作りクールダウン。

幼稚園に通いはじめ、帰ってからも同じで、直ぐにお風呂プール

この頃には、夕方近くのお昼寝になりますが(笑)

この猛暑で毎日、口に入れるもの大切ですよね。

我が家での子供の熱中症対策は、なんと言っても食事!

キャシャで食の細い娘は、毎朝熱い緑茶で目を覚まします。

寝起きすぐに内臓を冷やさないように心がけているんです。

起きて直ぐに食事を取れれば良いのですが、最低15分以上

たたないとご飯は食べれなく、そこが悩みのタネ!

そのため、子供の熱中症対策として旬の野菜スープ。

トマトにアスパラ、トウモロコシや人参、かぼちゃといった色の濃い野菜スープ。

毎日、日替わりで、時には朝と夜違うものを・・と。

多めに作り冷凍保存しておけば簡単です。

また、具だくさんの豚汁などもいいですよ。

又、子供の熱中症対策で毎年作るのが梅シロップ。

これは本格的な梅雨に入る前の梅を使い作ります。

梅雨明けし次に赤しそジュース。

まさに今のこの時期。

飲む点滴と言われる甘酒も同時に作り、毎日少しずついただきます。

子供は昼間、学校でいないので、朝出かける前に赤紫蘇ジュース

夕方疲れて帰宅した時には梅シロップ

お風呂上がりにほんのり甘い甘酒を。

1日の時間を上手く活用するといいですね。

後は、この時期の果物を多く摂取させたいので、

ブルーベリーやパイナップル。

また、スイカなどをシャーベットにして食べさせますね!

果物の頂きものも多く、一度に食べきれないことから始めました。

果物シャーベットは、半解凍くらいが美味しいそうです!

現在、中学2年生の娘は、毎日のように果物シャーベットを

食べてはクールダウンしていますね・・・(笑)

(これはあくまでも我が家の体験談です)

【スポンサー リンク】

登校中と下校中!

さて、登校中と下校中も気になります!

小学生の頃は、帽子をかぶって登下校していたのですが

中学生になると、うちの学校は、なぜか帽子がないんですね。

帽子と言われ思い当たるのは、体育の時間にかぶるキャップ

だけなんです。

この日差し、朝からたまりませんよね!

大人なら日傘をさせますが・・・。

都道府県で違いはあると思うのですが、最近の中学生は

登校中と下校中に帽子をかぶらないのでは?

それに増し、中学生のカバンの重量は平均10キロ。

それを背負って登下校しているんですね~。

なぜそんなに重いのか?

と言いますと、学校は置き勉禁止なんだそう。

そんなわけで、毎日おも~いカバンを背負って行くんですね。

学校についた頃には汗ダラダラですよ!

ここで心配なのが登校中と下校中です。

で、我が家が行っている登校中の熱中症対策は保冷剤。

凍らせた保冷剤の小さいものをポケットに入れ登校しています。

溶けても中身が出ないので安心。

下校時に関しては、特別これと言ってできないので、汗をよく拭き取り

水分補給を十分に行ってから下校するようにしていますね!

学校ではどうすれば?

次に学校ではどうすれば良いのでしょうか?

今の子供は、クーラーが入った教室で勉強ができ恵まれていますね。

しかし、学校によってはクーラーの温度を下げてはいけない・・・や、

クーラーが故障しているにもかかわらず、予算の問題で直ぐには

修理をすることができず、暑い中過ごすことなども・・しばしば。

そんな中での熱中症対策。

学校ではどうすれば良いのでしょうか?

やっぱり一番に考えられることは水分補給ですね。

学校の冷水機での水分補給も大切ですが、今年のような猛暑には

水筒の中の氷を口に含むのも良いのではないでしょうか?

氷を口にすると汗がひきますから。

また、タオルを濡らし顔や手を拭くなども良いのではないでしょうか。

これも我が家の子供の熱中症対策です。

給食も大切です。

学校によって違いはありますが、娘の学校の給食は校内で作られています。

(ありがたいですよね!)

地産地消で夏の給食メニューも熱中症対策を考えられたものが多い為、

学校給食をしっかり食べることで、夏に必要な水分やミネラル、塩分、

ビタミンetc・・を吸収でき熱中症対策になるのではないでしょうか。

お出かけや遊び場について!

次に夏のお出かけでや遊び場についてです。

子供を連れて出かけるのは荷物も増え一苦労。

我が家でお出かけする際には、凍らせた保冷剤と

ハンドタオルを持ち歩いていました。

こちらは小さい子供の場合についてです。

子供の熱中症対策として途中で冷たいタオルで顔や首周り、

手足を拭いてあげると、かなり過ごしやすいですよ!

車でのお出かけなどには、ハンドタオルでくるんだ保冷剤を

背中とチャイルドシートの間に入れてましたね。

クーラーが効いている車内でも、かなり背中に汗をかいていて

気をつけてあげたいところです。

次に遊び場についてです。

公園などの遊び場は、注意が必要です。

遊具、特に滑り台は気をつけた方が良いと言えますね。

子供の遊び場、公園のすべり台は火傷が怖いんです。

直接お日様にさらされていますから、かなりの温度に上昇しています。

手のひらや足はもちろん、お尻なども火傷を覆ってしまいます。

先程も少し説明しましたが、車でのお出かけなどには

チャイルドシートの背中部分に気をつけましょう。

時間を見ながら子供の体感を確認すると安心ですね!

又、電車やバスなどの交通機関を利用される場合も

首などに冷え冷えシートなどを巻いてあげるなどしてみてはいかがでしょう!

事前に凍らせたお茶や、お水などを持ち歩き、

時間を見ながら子供に与えてみるのもいいですね。

しかしここで注意点があります。

一度に大量に与えるとトイレに行きたく

なったりしますから少量を何度かに分けて与えるのがコツです。

子供が発熱して頭痛になってしまいました!

最後に我が家の子供の熱中症経験談をお話します。

子供が発熱して頭痛になってしまいました。

娘が小学1年の夏休み、少し遠方の公園に遊びに行ったときの事。

それまで公園の遊具で遊んでいた娘。

急に顔色を変え「クラクラする」「頭が痛い」と。

唇や顔色は真っ青に。

そうこうしているうちに「気持ちが悪い」と言い

嘔吐し始めたのです。

びっくりして、どうして良いかわからずいると、

少し離れ座っていた方から、熱中症では?

と言われ、その方が持ってこられていた保冷剤を

貸して頂いたのです。

顔や首、脇の下などを冷やし、お水を飲ませ大事には

至りませんでした。

まだ、小学生の子供が頭痛なんて思いもせず、

念の為病院に連れて行こうと探したのですが、その日は日曜日。

救急病院は1時間以上の距離。

顔色も戻り、落ちついた様子だったので一旦家に帰ることに。

車内では、かき氷を食べさせコンビニでペットボトルで

凍らせたジュースを首や脇の下にあてがいながら帰りましたね。

その後は、元の元気な娘に戻りましたが、翌日、

発熱して頭痛になってしまいました。

その日は月曜日だったので病院に行き、昨日の出来事と、

今日の発熱を説明すると、やはり軽い熱中症だったのと、

元々夏風邪で体調不良だったそうです。

ようやく納得!といった感じです。

子供って少々具合が悪くても元気ですよね。

変わった様子もなく全く気が付かなかったわたし。

子供が発熱して頭痛になってしまったので、おでこに冷えピタです。

その後は、回復食でした。

皆さん気をつけましょうね!

加村一馬(洞窟おじさん)の今現在!その後が気になります!家族もチェック!

屋久島の精霊の写真が気になる!撮影場所は?アクセス方法もチェック!

屋久島のベストシーズンの時期はいつ?初心者は?子供と高齢者の場合も解説!

球泉洞(鍾乳洞)の行き方は?コース料金や口コミもリサーチ!

今年のこの暑さですでに熱中症にかかった方も多いです。

水分をこまめに補給し、塩分も忘れず摂取しましょうね!

子供達には楽しい夏休みの思い出を!

【スポンサー リンク】
関連コンテンツ

生活

Posted by ちゃちゃ