リストランテマツシマのメニューや料金について!アクセスや予約方法もチェック!

2018年7月21日

こんにちはチャチャです!

すでに夏日の熊本です。

近くの小学校では、今日と来週、日曜日の運動会が多いみたいです。

昔は運動会と言えば秋!だったんですが、この数十年運動会は

春に行う学校が多くなりました。

中学校も同じです。

それだけ、学校行事が多くなった?

と言うことでしょうか?

しかし子供達は大変です。

中学に入学してまだ間もない5月。

ゴールデンウィークも終わり、やっと普通に授業が始まった矢先。

今度は、運動会(体育祭)の練習の為の朝練!!

そして部活と・・・これでは中々疲れも取れませんね。

さて、話はガラリと変わりますが今回は佐賀県松島にある

予約の取るのが難しいと言われる隠れた離島の

イタリアレストラン「リストランテマツシマ」について

記載したいと思います。

最後までお楽しみ頂ければと思います。

【スポンサー リンク】

リストランテマツシマのメニューや料金

リストランテマツシマは、冒頭でも記載した通り

佐賀県松島にある隠れた名店です。

マツシマはこの松島からきています。

あまり大体的に宣伝している訳ではありませんので、

初めて聞くかたも多い方と思います。

まさに知る人ぞ知る名店といったところでしょうか。

メニューは決まったものが無く、その時に採れた旬の海産物や

野菜が提供されるフルコースとなります。

島でとれた野菜と島の海で取れた魚介類を頂くという事になります。

野菜は祖母さまやご親戚の方から提供されるらしく、

魚介類はお父様やシェフが採ってくるそうですよ。

まさに、地産地消という事になりますかなり贅沢ですね。

なんだかワクワクしますね!

隠れ家的リストランテマツシマ。

メニューは決まったものが無いと言うことなので料金の方は?

なんて考えてしまうでしょう。

気になる料金はフルコースの為、8500円です。

地産地消なので、子供からお年寄りまで安心して頂け、

季節によって、お野菜や魚介も旬な物が召し上がれる!

こんな贅沢ないですね。

それに料金もそこそこ。

自然の中で最高の贅沢を味わってみませんか?

アクセスは?

そんな素敵なリストランテマツシマのアクセス方法です!

リストランテマツシマまでのアクセスは結構大変です。

後述します。

まず、松島について記載します。

松島は人口も少なく、2010年現在で64人なんだとか!

渡り船がない行けない場所です。

店まで行くまでにかなり苦労しそうですね(笑)

呼子港から定期便が出ていて、「松島渡船場」から

船で15分~20分かかるそうです。

1日3便しか出ていないので、時間はかならず事前にチェックしておきましょう。

ウニやアワビ、サザエなどの海士漁(海に潜って漁をする事)

が盛んだそうです。

イカの一本釣りなどもやっているそうで、

海に囲まれた自然豊かな離島で島の形はひょうたんの形をしています。

別名「ロザリオの島」とも呼ばれているそうです。

松島に上陸すると、最初に見えてくるのが、

赤い屋根の白く綺麗な教会です。

急な坂道を登っていくとリストランテマツシマが

見えて来るそうです。

港から店までは近いそうなのですが前述したとおり

急こう配なので、スタッフのかたで車で迎えに来て

くれるという記述がありました。

店に行ってきた人のほとんどが、車で迎えに来てくれるそうですが、

こちらに関しては改めて電話で確認した方が良いですね!

また島には宿泊施設は無いので、食事を終えたら

フェリーで戻るしかないようですね!

アクセスの詳細ですが、

リストランテマツシマまでは、列車とバス、フェリーを

乗り継ぐのでかなり大変です。

リストランテマツシマまでに辿り着くまでに、

天神から唐津でバス

唐津から呼子までバス

呼子港から松島までフェリー

往復で、4500円位かかるらしいです。

呼子港は佐賀県唐津市呼子町にある港だそうです。

ただ交通費を払う以上に払う店に行ってみる

価値はあるかと思いますので、

是非行ってみたいところが、

リストランテマツシマとなります。

予約方法について

 

店は完全の予約制です。

なんと予約は半年待ちというから驚きですね。

ですから、いきなり飛び込みで行ってみるのは無理の様です。

また一人で気軽にというのも難しいと思います。

しかも予約方法は電話のみだそうです。

ネットの予約は出来ないみたいですね!

こういったアナログ的なところもなかなかの魅力では無いかと思います。

ちなみに定休日は無いようで、予約が無い日や天候が悪く

船が出せなく漁が出来ない日なんだとか!

【スポンサー リンク】

口コミや評判

食べログでは3.25ですが、実際の口コミや評判はどうなんでしょうか?

リサーチしたいと思います。

建物は白で生活感溢れるそうです。

自宅兼レストランで、お店の内装は、自宅を改装したレストランだそうです。

お店の中は、キッチンとの間には境が無い、オープンキッチンで、

スタッフの料理をしている姿が垣間見れるので、

それもまた楽しみ方の一つだそうで、

まさにホームパーティーのような感覚、

アットホームな店が好きな人にはおすすめと言っても良いでしょう。

スタッフのかたも若く、人柄も良く活気あふれているそうです。

スタッフは兄弟の二人で、

兄の方は、シェフで料理の説明や調理を担当

弟の方は、漁や盛り付け、皿洗いが担当だそうです。

完全分業制で兄弟で力を合わせて働く姿は兄弟愛を感じさせてくれます。

店内はテーブルが3つしかないく、なんと12名で満席になるそうです。

店に行った人の感想では、レストランも島も

そして料理も全て評判が良く時が止まったような感覚で、

素晴らしいイタリアンを楽しめるそうです!

2号店のビストロマツシマ も紹介!

さて、次にリストランテマツシマの2号店ビストロマツシマ を紹介しましょう。

こちらは、フルコースでは無くランチとディナーがあります。

予算はそれぞれ2000円以内と5000円以内だそうです。

また島からの直送の食材もあるので、島での料理も

こちらで楽しめるそうです。

場所は、福岡県福岡市博多区の雑餉隈にあります。

現在は店主は、こちらで店を切り盛りしていて、

予約が入った時だけ、松島の店を営業する

スタイルを取っているそうです。

こちらの店は、1号店に比べれば、気軽に行けるので、

よりリストランテマツシマが近くなったという事になりますね。

予約が難しくて今まで行けなかった人にも

リストランテマツシが近くなった!

と言えましょう。

屋久島の精霊の写真が気になる!撮影場所は?アクセス方法もチェック!

今回は、リストランテマツシマをご紹介しました。

世の中には沢山の名店がありますね。

自然の中で食べる料理はまた絶品でしょう!

地産地消の贅沢なイタリア料理を味わってみたいですね。

今度の夏休みに家族旅行で如何でしょうか

【スポンサー リンク】
関連コンテンツ

生活

Posted by ちゃちゃ