河合美智子の若い頃について!夫と子供は?結婚も気になる!

こんにちはチャチャです!

先週、娘の体育祭も終わり、5月も25日。

もうすぐ梅雨入りですね!

小学校の運動会は6月の第1日曜日というところが多いのではないでしょうか?

普段できない掃除や衣替え、本格的な梅雨に入る前に、

やっておきたいことが山積みです。

今週末からなんだか怪しげな雲行きになりそうな熊本です。

さて今、お騒がせな日大アメフト部。

加害者の学生の誠意ある記者会見に対して、

日大の監督や広報部などその対応の悪さに批判が集中してしまいます。

更に今後も炎上しそうな勢いでですね。

今後、日本大学が立ち直る事が出来るのでしょうか?

そして世の中には何か起こった時は、最初の初期対応が

いかに大事かが解りますね。

筆者も常にそういうリスクマネジメントを常に考えて行動したいと思います。

さて、今回は女優の河合美智子さんについて記載したいと思います。

オーロラ輝子と聞けば、ピンとくる人も多いかも知れません!

過去に紅白にも出場していますので、知名度は高いですね!

もちろん筆者も当時の頃は覚えていて、すごい派手な格好を

していたことを覚えています。

流行った当時は1997年。

ちょうどビジュアル系や小室系全盛の頃でしたから、

オーロラ輝子にはほとんど興味はありませんでした(笑)

今回はそんな河合美智子さんについてリサーチしたいと思います。

【スポンサー リンク】

河合美智子の若い頃!

先ずは、河合美智子さんの若い頃からのご紹介です。

河合美智子さんは映画からのデビューになるんです。」

1983年に映画「ションベンライダー」の主役に抜擢され、

デビューします。

作品の中の役名がそのまま芸名になるという珍しいケースです。

そしてその映画の主題歌も歌い、「わたし・多感な頃」という

歌手としてもデビューします。

当時から歌唱力にも定評があったそうです。

そして、世間で最も注目したのが、別名義で活躍したオーロラ輝子です。

オーロラ輝子で出した曲。

「夫婦みち」のCDは、75万枚の大ヒットを記録しました。

ヒットの原因は当時NHKの朝ドラ「ふたりっ子」が

当時ヒットしていた事も大きな理由ではありますが、

カラオケでも「夫婦みち」は人気のある曲でした。

何といっても河合美智子さんの歌唱力が大きな理由

と言っても過言ではありませんね。

その後は、クイズ番組などバラエティ番組にも出演するなど

幅広く活躍されていました。

結婚と夫と子供!

河合美智子さんの結婚についてです。

河合美智子さんの誕生日である2007年6月13日に河合美智子さんより

12歳年下のディレクターと一度目の結婚します。

一般人でしたので、名前は解っていません。

しかし、残念ながら4年後の2011年の5月に離婚しています。

離婚原因はすれ違いだったそうです。

お互いに多忙な生活だったので仕方がないのかも知れませんね!

慰謝料については特に無かったようです。

河合さんは現在2度目の結婚をして、夫の名前は峯村純一

(みねむら じゅんいち)さんだそうです。

舞台俳優をされているイケメンの男性です。

夫の峯村純一さんとは、3年半の交際をした後に、

2017年3月29日に結婚をしたんだそうです。

おめでたいですね。

今度こそ幸せをつかんで欲しいものです。

次に子供についてですが、前の夫との間にもいなかったようですし、

峯村純一さんとのあいだにもいません。

もし授かった場合は、祝福してあげたいですね!

【スポンサー リンク】

生い立ちとプロフィール!


次に河合美智子さんの生い立ちについて紹介しましょう。

河合美智子さんは神奈川県平塚市で出生します。

河合美智子さんは中学を卒業した後は、

神奈川県立五領ヶ台高等学校に入学をしています。

しかし、高校一年の時に中退しています。

そして、10代後半の頃から女優として評価され活躍されていたそうです。

プロフィール

それでは最後に河合美智子さんのプロフィールを記載します。

河合美智子さんの読みは「かわい・みちこ」さんとお呼びします。

本名は、鈴木一栄(すずき・かずえ)さんです。

生年月日は、1968年6月13日

年齢は49歳のアラフィフとなります。(執筆時)

身長は163cm

体重は不明

血液型はB型

出身は神奈川県平塚市となります。

河合美智子の脳出血と今現在!婚約者と結婚歴も気になります!

峯村純一は河合美智子の婚約者!経歴やプロフィールを紹介!

今までオーロラ輝子として輝かしい過去と離婚や大きな病気などの

大変な山を乗り越えてきた河合美智子さん。

今後は新しい夫と一緒に支え合って今後の人生を楽しんでもらいたいと思います。

最後までお読みいただきましてありがとうござました。

【スポンサー リンク】
関連コンテンツ