岡潔(天才数学者)の予言について!家族や孫は?妻と子供も調査!

2018年2月24日

こんにちはチャチャです!

今日、いつものように道の駅に買い物に行くと、芽キャベツが出ていました。

芽キャベツを目にするのは、ほんと短い時期。

春を感じますね!

収穫も手間暇がかかり大変なんだそうです。

今夜は芽キャベツでスープなんか作ろうかな?・・・なんて。

さて話は変わりますが、甥っ子が今ちょうど算数の勉強をしている時期なのですが、

計算はトレーニング次第で早くなり、ケアレスミスも防げるなと実感しますね。

数学は一朝一夕では上達しない科目なので日々のトレーニングが必要だなと感じます。

社会に出た時も原因を究明したり、結果を表現するのは数字が大事ですね。

そんな時に数学的な感覚を持っていると色々な面で役に立つなと感じる日々です。

【楽天】

さて今回は天才数学者の岡潔さん。

彼のまつわる話はとても驚かされます。

様々な観点からアプローチしたいと思います。

【スポンサー リンク】

岡潔(天才数学者)の予言について!

さて世の中には色々な預言者がいますね、ノストラダムスの予言はかなり有名です。

あのトランプ大統領の誕生を予言していました。

核戦争にも触れていますね。

これから世界はどうなっていくんでしょう。

不安ですね!

アインシュタインの予言でもテクノロジーが恐ろしい結果を招く事を危惧していたようです。

そしてかの有名な岡潔さんが口にしていた言葉があります。

「人の中心は情緒である」と・・・

普段は、まったく周りの人目を気にしない岡潔さんがこのような発言をするのは驚きですね。

そしてまた驚くことに岡潔さんの予言なんです。

岡潔さんは「2012年にアマテラスが降臨する。」と予言しています。

アマテラスとは一体?天照大神のこと?

アマテラスは太陽を司る神といわれていますが、太陽をイメージしたアマテラスは

温和で柔らかな神といいますね。

又それだけでなく地母神としての性格も持っているとも言われているんです。

かなり気になりますね。

しかし、2012年は既に過ぎてしまいました。

実際はなんだったのでしょうか?

その事実は岡潔さんにしか解らないのかもしれませんね。

家族や孫は?

天才数学者である岡潔さんの家族について紹介しましょう。

父親の名前は、岡寛治さん。

潔さんに期待していたようで、金銭的な援助もいとわなかったそうです。

きっと潔さんを信じていたのでしょうね。

母親は八重さんです。

孫は、松原始(まつばら・はじめ)さん。

岡潔さんの次女の松原さおりの息子さんにあたります。

岡潔さんにとっては、4番目のお孫さんだそうですよ。

松原始さんは、岡潔さんが他界される8歳まで一緒に暮らしていたんだとか。

実はカラスの研究をされているんだとか。

顔も何とななく 岡潔さんに似ています。

「カラスの教科書」を執筆されていてカラスに対してはかなり詳しいようです。

大学の卒論のテーマもカラスをテーマにしたらしいですよ。

松原始さんのプロフィールを少し記入したいと思います。

1969年奈良県の生まれの2018年で49歳です。

京都大学理学部を卒業して、同大学院の理学研究科の博士課程まで修了しています。

岡潔さんも京都大学を卒業されているのですが、何か運命的なものを感じますね。

2007年からは東京大学の総合研究博物館で働いているそうですよ。

カラス先生とも言われているそうで、研究テーマはずばり、

カラスの生態や行動と進化だそうです。

カラスTシャツを7枚もっているそうでカラス愛にあふれているんだとか!

岡潔さんも数学に掛ける情熱はすごいですが、孫の松原始さんもカラスにかける

情熱はすごいものがありますね。

【スポンサー リンク】

妻と子供!

岡潔さんの妻と子供を紹介しましょう。

妻の名前は、岡みちさん。旧制は小山みちさんと言います。

大阪府河内柏原生まれです。岡潔さんが留学する以前の1925年にご結婚されています。

岡潔さんが、1901年生まれですから、岡潔さんが24歳の時になりますね。

ちょうど京都大学を卒業して、同大学の講師になりたてでご結婚されたという事になります。

お子様は三人。長女・長男・次女になります。

長女は岡すがねさん。

長男は岡煕哉(ひろや)さん。

次女はさおりさんです。

三人はそれぞれ家庭をもっているようです。

すがねさんの夫は、鯨岡寧(くじらおかやすし)で、脳外科のお医者さんを

されているようです。

岡煕哉さんは鉄工所で働いていたのですが、定年退職後家庭菜園などをして

晴耕雨読の生活を送っているんだとか!

次女のさおりさんのご主人は松原勝昭(かつあき)さんというかた。

奈良市内の高校の先生で地質学を教えていたのですが、定年を既に迎えているようです。

プロフィールを紹介!

さてここで岡潔さんのプロフィールを記載したいと思います。

彼は既にお亡くなりになられていますが、近代日本が生んだ最高の数学者であると言えます。

数学の歴史上もっとも難題とされた多数変換数論の未解決の問題を次々と解決したのです。

大数学者のジーゲルも岡潔の名前を個人名ではなく学者の団体名であると勘違いした位の

数学的天才差を発揮しました。

一人でここまで発表出来るとは到底思わなかったのでしょうね。

そんな岡潔さんは1901年4月19日にお生まれになっています。

生まれた場所は、大阪市東区島町です。

そのあとすぐに岡潔さんの父親の実家であ和歌山県紀見村で育ったそうです。

ですから岡潔さんにとっても実際の故郷はこちらの村ということになりますね。

岡潔さんは今でこそ数学者の大天才と称えられドラマにも起用されるほどですが、

実は数学に興味をもったのは粉河中学校の3年生の時だったそう。

父親の書籍にあったクリフォードが著した「数理釈義」を読んだのがきっかけ。

その時から、画用紙と定規とコンパスを駆使して、徹底的に検証したんだそうで、

数学に目覚める最初だったようです。

京都大学に進学をするのですが、数学の難問と格闘の末、ある数式を発見。

そのうれしさの余り、残りの試験を全て放り出して、公園のベンチで寝そべり

感動の余韻に浸ったというエピソードがあります。

その後の試験の結果は想像にお任せします。(笑)

京都大学の助教授となった岡潔さんはフランスへ3年間留学します。

留学先での成果は大したものを得られなかったのですが、

タ変数関数論を研究のテーマにすることを決意します。

留学先からもどり広島大学で助教授として働きますが、ある事件を起こしてしまい

辞職を余儀なくされた岡潔さんは、紀見村でひたすら数学の研究を行う事になります。

13年間の世間とは隔離した生活は、家計が破たんしました。

そんな甲斐もあってか、岡潔さんの研究の成果は世界でも認められ、

日本でも文化勲章を1961年に受賞します。

その後1978年に76歳で人生の幕を閉じます。

天才を育てた女房(ドラマ)のあらすじやネタバレは?結末や原作も気になります!

岡みちの生い立ちや生涯について!夫の岡潔と子供も気になります!

いかがしたか?岡潔の予言も気になりますね!

そして岡潔さんの天才のDNAが脈々と受けがれているのも興味深いものでした。

数学自体は敬遠しがちな人も多いかと思いますが、

岡潔さんの生き方はかなりすごいと思いました。

【スポンサー リンク】
関連コンテンツ