末永光の出身大学と高校は?結婚や彼氏も気になります!

carrots-1160683_640

こんにちは。今日は秋晴れと言う言葉がとても当てはまるぐらいいいお天気ですが、暑い!

まだまだ暑い!です。今日辺り運動会も多いのではないでしょうか?

最近、スーパーでは人参がありません。あったとしても細すぎてウサギがそのままの丸かじり出来そうな人参ばかり。

私的にはなくていいのですが、料理的には色どりに必要な気もしますが・・。

熊本では、人参は秋に収穫するそうです。「全国的?」なので、もう少しの辛抱です。何のことやら(笑)・・

今回は京都の「いろは出版」の女性編集者の末永光(すえながひかり)さんを紹介します!

東日本大震災から5年になる今年の2月24日に出版された「3・11からの夢」

これは、被災者らが将来の夢を語り、暮らしを震災で奪われる。などした人々の率直な思いが言葉で記されている手記集。

を編集された末永光(24歳)ですが、編集するにあたって被災地を2年かけて回っており、「自分の人生と向き合った被災者の率直な思いを伝えたい」、「読者が生きかたを見つめ直すきっかけになれば」と話されています。

6歳から87歳まで被災孤児となった大学生など30人の思いをまとめた手記集。

「二度と繋いだ手を離さず家族笑って過ごす」。

「人の手助けをする仕事がしたい。それまで部活と、勉強を頑張りたい」。

「あの日起きたことは、無かった方が良かったに決まっています。

只、起きた現実は受け入れてこれからの人生を歩んでいかなければいけないのです」

などの生の声を綴られておられます。

東北大地震からもう5年ですが、それは他人事だと自身の何処かで捉えている所が

私自身あったと思います。

しかしながら、今年の4月に震度7強と言う震災にあいました。

津波発生がなかったので幸いでしたが一言で言うと「ショック!」というの

でしょうか・・・・?被災県民とも。

今現在でもあちらこちらで、復旧作業も続いており市町村の色々な施設や小学校の体育館

なども使用できない所もたくさんある状態です。

未だ避難施設での生活を余儀なくされているかたも数多くいらっしゃいます。

【スポンサー リンク】

末永光の出身大学と高校

night-view-546390_640

そんな若くバイタリティー溢れる末永光さん。

・末永光(すえながひかり)24歳。

・大阪府寝屋川市で生れ育つ。

出身高校:わかりませんでした。

出身大学:関西大学マスコミュニケーション卒業。

マスコミュニケーションって凄くないですか!元々何とか魂とかを持ち合わせている方だと思います。

光さんは、今回この手記集を編集するにあたって計150回現場を訪問されたそうです。

合意に至らない区画整理や残る仮設住宅など、思うように進まない復旧の現

状を自分の目で確かめ被災者と膝詰めで語りながら手記集にかける思いを時

間をかけて伝えたのです。

【スポンサー リンク】

結婚や彼氏について

flowers-260894_640

そんな若くバイタリティー溢れる光さんですが、結婚や彼氏について少し探っちったりもしたのでしたが、残念な事に分からなかったですね。^^;

24歳の若さなのできっと彼氏の一人や二人居るとは思うのですが?イヤイヤ今はまだ、仕事が恋人かも?(笑)・・。

2014年に「いろは出版」入社された末永光ですが、仕事を始めて直ぐに社長から、「震災直後に社として支援出来なかった事を今でも思い悩む」と震災関連の企画の立ち上げを提案されたそうです。

光さんご自身、震災の被災地について、「何の縁もない土地。どこか他人事で遠くに感じていた」と述べられています。

確かにそうですよね。同じ日本で起きている自然災害。

自分に降りかかるかでは、隣の県で起きていることでさえ他人事としか捉えられません。

それが人間ではないのでしょうか?

皆毎日の生活に追われ生きて行くだけで大変な今の時代。

身近な物から見つめ直し、身近な人からの言葉に耳を傾けて行けたらお互い寄り添いながら

生きて行けるはずだと熊本震災を経験した自分が思う事です。

東北大地震や熊本地震などを経験した事を教訓にこれから未来へ羽ばたく多くの人子供たちに伝えていかなくては、いけないと思うのです。

【スポンサー リンク】
関連コンテンツ