緑茶ダイエットで痩せた口コミをチェック!お風呂とウーロン茶もリサーチ!

2018年7月21日

こんにちはチャチャです!

今朝は雪が降り寒さが一段と厳しい1日となった熊本です。

明日の朝はかなり凍りつくそうですが・・・・

さて、お正月も開けて仕事も本格始動!

今日から本格的にスタートと言う人も多かったかと思います。

休み明けにたまった仕事を処理しなければなりませんし、

書類なども山積みですね。

よし頑張るぞ!と言いたいところですが、だいぶお正月と3連休で

体がなまってしまいました。

お正月には誘惑が多くお腹まわり大変な事になり、スカートがきつくなってしまいました。

しかも、また新年会などのイベントがあるので更に食べることになりそうです。

何とかしないと・・・(・_・;)

と思うのですが、そんな時にこそ簡単に長続きできるダイエットですね。

今回は、おそらく一番誰でも簡単に出来るダイエット法を紹介します。

その名も緑茶ダイエットです。

これならきっと長続きできるはずです。

私も今日から挑戦するつもりです(笑)

それではさっそくいってみましょう!

【スポンサー リンク】

緑茶ダイエットで痩せた口コミについて!

さて、みなさん緑茶ダイエットってご存知でしょうか?

メタボに効くお茶だと黒烏龍茶を想像してしまいますが、

実は緑茶も優れたダイエット効果があるんです。

実は緑茶にはカテキンが含まれてどちらかというと、

うがい等にも使われ殺菌効果が高く、風邪に良いという事を想像しませんか?

そして、がんの予防にも強いと言われていますね。

そもそも,このカテキンは前述したとおり殺菌効果があるといわれていましたが、

なんと、脂肪を分解している事が解ってきました。

さらに、緑茶はコーヒー同様カフェイン効果があります。

カフェイン効果と聞くと、眠気防止に役立ちますね。

例えば車を運転している時や受験勉強をしている時などにはカフェインは有効です。

と同時にカフェインには利尿効果もあると言われています。

だからこそ、試験前にコーヒーをたくさん飲みすぎると悲惨な事になります。

しかし、この利尿作用は、たくさんの老廃物を排出する効果があり、

体には良いと言われています。

つまり、時と場所によってはこの利尿作用は非常にメリットがあると言えます。

さらに緑茶は、カロリーがありません。

食事の時や仕事の休憩の時などは、積極的に飲みましょう!

さて食事の時には緑茶がおすすめですが、さらにお勧めなのが食後です。

ご飯を食べると通常血糖値があがります。

それを防ぐのが緑茶です。

何度か登場しているカテキンですが、カテキンにより血糖値を抑えることが

出きるのです。

食後に甘いミルクティーやカフェオレは避けたいところですね!

よけい太ってしまいますから!

更に、緑茶の一番のメリットとしては、通常どこでも手に入ります。

コンビニやスーパーでも1?の紙パックなどでも購入する事が出来ますし、

ペットボトルでも普通にあります。

更には自分でお茶のティーパックにお湯を注ぐだけです。

しかも、コーヒーや紅茶のように余計な砂糖などを入れない所も

緑茶の最大のメリットと言えるでしょう。

では、緑茶のメリットを説明してきましたが、

そんな緑茶ダイエットで成功した人の経験談や口コミが気になりますね。

実は口コミを見ていると緑茶をただ飲んでいるだけではそれほど

効果は無いようです。

実は筆者も最近はコーヒーを止めて、基本的は緑茶にしていますが、

実は体重が減ったという事はありません。

ただ、今までコーヒーや紅茶など糖分が入っていた飲料をやめてお茶

にするとなんだか体は軽くなった感覚になります。

しかし、その一方でお茶を飲むことが増える事により、実はトイレに行く

のが近くなってしまった。

というデメリットを体験しています。

ですから口コミの中に運動と緑茶を取り入れると引き締まったという体験を

拝見しましたが、運動をして汗をかく、さらにお茶を飲むと利尿効果が高まる

ので、かえって体に水分が減ってしまうので、夏場に激しいスポーツをした際には、

気を付けた方が良いのではないでしょうか?

といっても平常時は、緑茶を飲むことは、体に良いことが多いです。

ダイエットの一つとして考えても良いのではないでしょうか?

お風呂の場合は?

さて、お風呂を入ると体に気持ちいですよね。

特に疲れている時など、じっくり湯船につかっていると

全身の疲れも取れる気がします。

そしてお風呂から上がるとビールを飲む人も多いのではないでしょうか?

実は、ビールは利尿効果が高く、お風呂で脱水した以上にさらに利尿効果

が高まりさらに脱水気味になります。

そのためお風呂上がりのビールはお勧めできません。

その為、体に良いと言われるのが、緑茶です。

緑茶にはカテキン効果がある事は先ほど述べたとおりですが、

脂肪を吸収する働きがあります。

実は、この緑茶はお風呂の後に飲むのではなくお風呂の前に飲んだ方が良いです。

と言いますのは、先ほど述べた脂肪の吸収を7倍上げてくれる効果があります。

目安としては、コップ1杯~2杯くらい飲むようにしましょう。

【スポンサー リンク】

ウーロン茶との比較もリサーチ!

さて個人的にダイエット効果が高いのは実は、

ウーロン茶だとずっと思っていました。

何故そう思うのかというと、油こってりの中華料理の後は、

かならずウーロン茶が定番です。

あれだけ毎日中華料理ばかり食べている中国人が何故、

それほど健康を害する人がいないのか?

それはひとえにウーロン茶が関係しているからだというのが

イメージで先行しています。

また、最近のCMを見ていると黒ウーロン茶が特保になっていますので、

ウーロン茶は体に良い。

メタボに良い。

ダイエットこそウーロン茶と先行してしまっています。

これを読んでいるかたもきっとそう思うでしょう!

しかし、じつは緑茶も負けてはいないのです。

先程から何度も登場しているカテキンです。

くどいようですが、カテキンには脂肪を分解させる力があります。

そして実はウーロン茶よりカテキンが多く含まれていると言われています。

それでは、ウーロン茶より緑茶がの方が良いと単純に考えてしまいます。

しかし、これには罠があります。

なんと緑茶にはからだを冷やす作用があるのです。

体を冷やすと様々な免疫力が下がります。

そうすると当然風邪を引きやすくなります。

特に冷え性の女性には注意が必要です。

結局、トータルで考えるとウーロン茶の方が良いという判断になります。

それでも緑茶には体に良い所も沢山ありますので、

夏場は緑茶、冬場はウーロン茶など棲み分けをしてみてはいかがでしょうか?

さて今回は緑茶ダイエットについて説明しました。

しかし、緑茶には冷えの作用があるという意外にも

マイナス部分もある事が解りました。

健康を維持しながらもダイエットを長続きするには、

緑茶よりウーロン茶がおすすめですね。

特にこの時期は風邪などを引きやすいので緑茶より

ウーロン茶を勧めたいと思います。

【スポンサー リンク】
関連コンテンツ