岡田贊三の出身大学と高校は?経歴もチェック!妻と子供もリサーチ!

こんにちはチャチャです!

いよいよ12月に入りました。

師走つ言うだけで気ぜわしい気持ちになってしまいがちです。

何事も早め早めに済ませておきたいですね(笑)

さて、最近面白いと思っているドラマは何と言っても「陸王」です。

視聴率も上昇中で今期ドラマの人気番組です。

100年続く足袋メーカーであるこはぜ屋がラニングシューズを開発するという

ドラマなんですが、その原作があの池井戸潤さんです。

このドラマで言いたい事は伝統のまま斜陽産業として将来性の無い企業を継続するよりは、

リスクを冒してでも新しいものを生み出し挑戦する事こそが、企業にとって必要であると

いう事です。

今回紹介する飛騨産業株式会社もこの陸王のこはぜ屋と同様に似たような境遇です。

ところで、皆さんは家具を買いにどこへ行きますか?

私は、よくニトリに車で行きます。

ニトリは、家具も安く品質も良いので我が家の家計に助かっています。

しかも在庫があればそのまま車に積んで持って帰れるので、

欲しい時にすぐに購入してその日のうちに使えるというのも通販以上のメリットを感じます。

そんなニトリをはじめイケヤなど庶民の味方の家具屋が今、台頭していていますね。

そんな中で、海外から輸入した安い家具屋に押され経営難に陥りながらも独自の

ビジネススタイルを展開し復活を遂げた家具屋があります。

その名も飛騨産業株式会社です。

飛騨というとどことなく飛騨高山を連想しますが、まさしくその飛騨です。

今回は、この飛騨産業株式会社の経営を復活させた今注目の経営者岡田贊三さん

と飛騨産業株式会社とは一体どんな会社なのか?

アプローチしたいと思います。

【スポンサー リンク】

岡田贊三の出身大学と高校

岡田贊三さんの学歴について調べてみました。

高校については解りませんでした。

しかし出身が岐阜県高山市出身という事で、更には立命館大学に入れる頭がある訳ですから、

それなりの優秀な岐阜の進学校を卒業していると思われます。

大学は前述したとおり立命館大学の経営学部を卒業されています。

偏差値は62~66とありますので、かなり勉強しないと難しいと言えるでしょう。

立命館大学は有名人を多数輩出していますので、まさに関西を代表する大学の一つと

言ってもいいでしょうね。

もちろん岡田贊三さんもまた立命館大学が誇る卒業生の一人といっても過言ではありません。

経歴について

岡田贊三さんは、飛騨産業株式会社の社長になる前は、株式会社富士屋代表取締役社長、

株式会社バロー代表取締役社長などを歴任するなどいくつかの経営者の経験があり実績

を出してきました。

そして、その後は飛騨産業株式会社の監査役となり、そろそろ年齢的にも引退?

と思われたものの、現在はなんと飛騨産業株式会社の経営者となっています。

今までの実績を買われて社長に付いた訳ですからまさしくプロの経営者として

この会社を任されているという事で使命感に燃えていると思います。

案の定、岡田贊三さんのお陰で経営を軌道に乗せた素晴らしい経歴です。

【スポンサー リンク】

妻と子供

岡田贊三さんの妻と子供については情報が公開していませんでした。

岡田贊三さんも74歳ですからもし子供がいるとしたら40代位ではないでしょうか?

しかし、子供がどんな職業で結婚しているかは不明です。

少なくとも飛騨産業株式会社の社員ではないと思われます。

岡田贊三さんは家庭サービスなどをするなど、とても家族思いだそうです。

プロフィール

さて、岡田贊三さんのプロフィールを記載したいと思います。

読み方は、「おかだ さんぞう」とお呼びします。

読み方が難しいですね。

生年月日は、1943年7月25日で、現在74歳です。

岡田贊三さんは岐阜県の高山市で生まれ育ちました。

高山市の中心市街地は「飛騨の小京都」とも言われ有名ですよね。

岡田贊三さんは現在、飛騨産業株式会社の代表取締役社長という肩書をもっています。

もともとは飛騨産業株式会社の監査役を務めていたそうなんですが、前任の社長が心労

により社長業の継続が出来なくなってしまい、岡田贊三さんがその後任としてその職務

についたそうです。

実は、飛騨産業株式会社は歴史ある会社だったのですが、折からの海外の安売り

家具に押されてしまい経営難に陥いり、前任の社長はその存続をかけて頑張って

いたようですが、なかなか持ち直しは難しく精神的に病んでしまったそうです。

しかし、岡田贊三に社長業に付いてからは売り上げも持ち直し、今は順調に業績

を回復しているそうです。

さて、飛騨産業株式会社とはどんな会社なのでしょうか?

この会社は1290年8月に創業し資本金は一億円です。

子育て支援も充実しているなど社員にも優しい会社です。

2020年の創業100周年を迎える会社で、社歴の長い会社になります。

しかし、岡田贊三さんが社長についてからは、伝統を重んじることなく攻めの

企業体質を目指していて、研究室や海外事業部などを立ち上げます。

海外の富裕者層を狙い、ターゲットの国は、中国や韓国、台湾だそうです。

今までにないビジネスを展開していきます。

こうした一つ一つの経営が岡田贊三さんの改革によって実を結ぶなど、

まさに岡田贊三ここにありと言ったところです。

様々な経営の困難に直面しましたが、14年で売り上げを2倍にして50億円にしたそうです。

そして次なる高い目標を掲げており、2020年には、100億円を目指しているそうです。

あの飛騨の木材を使って家具を扱っているそうです。

飛騨ならではなお温かみのある事がその特徴と言って良いでしょう。

そして環境問題にも力を入れており、

さらにコストパフォーマンも考えた

エコノミーとエコロジーの両立も考えたビジネスを目指しているそうです。

安い輸入家具が台頭していく中で、飛騨産業株式会社が支持されている理由の一つに、

メンテナンスいわばアフターサービスが充実している事です。

いくら高品質なものを販売しても、ビジネスにおいてリピーターが無いと、

商売は活性化していきません。

そこで目を付けたのがこのメンテナンス部門です。

そのメンテナンス部門がドクターキツツキという部署で、飛騨産業の製品であれば、

どんな状態の家具でも修理が可能だそうです。

家具にはキツツキのマークのステッカーが貼ってあるそうで、綺麗にリストアして

くれるというのですから、頼もしいですね!

まさにこれが飛騨産業株式会社の強みであると言えるでしょう。

まさに顧客満足度を高める作戦の一つですね。

2020年オリンピックまで3年を切りました。

岡田贊三社長の掲げた目標が達成できるか?

今後も活躍から目が離せません。

【スポンサー リンク】
関連コンテンツ