赤澤純代の学歴と経歴が気になる!夫や子供は?プロフィールも紹介!

こんにちはチャチャです!

今日は少し汗ばむくらいのいいお天気です。

我が家のワンコをシャンプーなんかしたりと何かと楽しく過ごした1日です。

ところで最近は健康ブームですよね?

皆さんはどんな方法で健康に気を使っていますか?

運動だったり食事だったり色々あるかと思います。

私の場合は、休日はたまに、おからハンバーグやひじきハンバーグ

などを作るのですが、分量を間違うとパサパサ感が出てしまったり、

なかなかうまくいかなかったりで、ハンバーグらしさが出なくなったりします。

日頃から健康のためには料理にも工夫が必要ですね。

ひじきといえば体に良い事は有名ですが、血流を良くしてくれますので

是非おすすめですよ。

血流と言えば、そうです。血流美人などテレビでもおなじみの

赤澤純代先生です。

さて、ゴースト血管というのをご存知でしょうか?

なんともおそろしい名前ですね。

幽霊の血管ですよ?

ゴースト血管とは、毛細血管のうち使わなくなった血管が、

そのうち無くなってしまうんだとか?

放置しておくと、心筋梗塞や脳卒中にもなりかねないんだとか?

怖いですね!

赤澤純代先生が血流美人になるには、このゴースト血管をいかに

なくすかだとか?

そんな血液に関する知識が豊富な赤澤純代先生が気になりますね!

今回はそんな赤澤純代教授の学歴や経歴、

家族について調べてみたいと思います。

【スポンサー リンク】

赤澤純代の学歴と経歴!

 

赤澤純代の気になる学歴と経歴を調べてみました。

高校については解りませんでした。

恐らく石川の進学校に通っている可能性がありますね。

1992年3月に金沢医科大学を卒業しています。

この大学の偏差値は64.5です。

医学部ですからさすがに高い事が解りますね!

1992年から1994年までは金沢医科大学付属病院にて

研修生として学びます。

1994年から2001年までの5年間は東大で循環器や

ゲノムサイエンスを研究します。

もともと生まれも育ちも石川県だった為、東京はあこがれの

存在だったらしくて東京への誘いは即決だったようですよ。

【楽天】
2001年には再度金沢医科大学に戻り、循環器を経て

女性外来などを立ち上げます。

そして2013年には准教授になっています。

女性でここまで来るとはすごいですね。

将来は教授も夢では無いかも知れません。

著書に置いても2010年の「血流美人」をはじめ割と血管や血流系の

書物を多く書いています。

また1997年には日本循環器学会 CPIS賞を取りました。

さすがに循環器系を勉強して、血液の事に関しても知識のある

赤澤純代先生だなと思いました。

夫と子供は?

赤澤純代先生は、結婚をしているかどうか調べてみました。

赤澤純代先生は、実は結婚しているようですよ!

夫の名前は解りませんでしたが、東京大学で出会ったそうで、

もしかしたら職場結婚かも知れません。

ちなみに医者は結構出会いが少なくて同じ医療関係の人同士が

結婚すると何かのドラマで言っていましたね!

子供は3人もいるようですよ!

子供の性別や生年月日など解りませんでした。

東大から地元の金沢医科大学に戻る際に夫は東京大学に残して

妊娠中だったようですよ。

今は子供3人と夫に恵まれて仕事にも精を出しているかと思います。

二人目のお子様が2002年に生まれているので、現在が2017年なので

もう15歳くらいになりますね。

赤澤純代先生が33歳くらいに産んだ子供だと思います。

ということは中学生か高校生になるかと思います。

丁度多感な時期ですでなかなか接し方も難しいと思います。

親も医者なので将来は医者を目指すのでしょうか?

気になる所です。

3人目については解りませんでしたが、35歳以上で生んでいる

可能性が高く、高齢出産の可能性もありますね!

【スポンサー リンク】

プロフィールを紹介!

赤澤純代先生のプロフィールを記載します。

よくテレビでも何度か登場しているのでご存知かな方も多いかと思います。

名前は、赤澤純代(あかざわすみよ)といいます。

恐らく本名ではないでしょうか?

出身は石川県だそうですね。

金沢医科大学を卒業しているので、もしかしたら

金沢出身かも知れませんね!

加賀百万石の城下町金沢ですね。

新幹線も出来たのでかなりアクセスもしやすくなりましたね!

生年月日は、非公開です。

女性だからあまり言いたくはないのでしょうか?

ただある程度推測は出来ますので、予想してみました。

赤澤純代先生は、1992年3月に金沢医科大学卒業しています。

医学部は6年生だから大学を卒業したのは、一浪や一留とかしなければ

1992年で24歳です。

そうすると24年前の1968年が生まれた年です。

そう考えると年齢的には48から49歳くらいだと思われます。

(2017年現在)

 

【楽天】
こう考えると、年齢を感じさせない若さを保っています。

テレビなども出ていますし、血流美人について語っているので

常にお肌のケアは大事にされているのではないでしょうか?

赤澤純代先生はとにかく所属している学会が日本循環器学会や

日本高血圧学会などすごい数です。

ここで全ての数は割愛しますが、医学系の学会の数は星の数ほどありますしね!

一つ一つ参加していたら本業にも支障が出そうですね!

赤澤純代先生が医者になった当時は、石川県の病院には、

実は女性外来が無かったそうです。

史上初となる女性外来を始めた人物として知られています。

やはり女性にとっては、女性に診てもらいたいし、

女性の気持ちは女性にしか解らないですからね!

自分も男性特有の病気なら男性医師に診てもらいたいですね!

こう考えると当時は、女性にとっては非常に不便だったんですね!

女性外来を作ったのは2002年の時だそうです。

ちょど2人目の子どもが誕生した時だそうです。

女性同士だと、男性医師には言いたくな事も言えるので

この女医外来作ったのはアリだと思います。

初診は、一人30分とってくれるそうです。

自分も医者に見に行ってもらったことはありますが30分は長いですね!

通常は10分もあれば、結構見てもらったと思いますが・・・。

患者さんが納得されるまでじっくりお話をされるんでしょうね!

一人一人に向き合ってこそ本来の医者のあるべき姿であると思います。

またジェネラリストからスペシャリストへの架け橋と記載されている

とおり、まずは赤澤純代先生がジェネラリストとして患者の声を聴き、

そこからこの患者が何か必要なのかどういった医師が必要かを見極め

それぞれの専門医師につないでいくという事でしょう!

通常は専門の医者に診てもらうには、紹介状が必要なので、

そういった煩わしさが無くなれば、医者と患者の距離も短く

なるのでは無いでしょうか?

市役所などのお役所もこういう風に一つの窓口から

コンシェルジュのようにあらゆる部署へ架け橋となっていると

便利なのでしょうけど、現実には縦割りでたらいまわしに会う

ことが通常ですね。

もちろん病院においても大きい大学病院とかだった場合は、

このような事を経験される方も多いのではな無いでしょうか?

例えば、病状を訴えてもどんな病気が特定されず、

色々な科をたらいまわしにされ、どんな病気が解るまで時間が

かかったという経験があるかたも多いと思います。

そいういった意味では、赤澤純代医師のされている事はとても

先端を行っている事だと思います。

また医師のみならず管理栄養士や運動療法士などそれぞれの

専門家にチーム医療を実践する事により、患者にとって

何が大切かをくみ取っているところも赤澤純代医師の凄さだと思われます。

また体のみならず心のケアも考えています。

こういった医者に診てもらえるのは非常に幸せな事だと思います。

結構この先生を頼って遠くからも訪れているのではないでしょうか?

現在、子供も3人いて5人家族子育てに仕事に育児に家事にと大忙し

かと思います。

男性も医者であると思いますが、うまく家事は分担しているかも

気になりますね。

今後も悩める更年期の女性の為に赤澤純代の役立つ情報を提供して

もらいたいと思います。

【スポンサー リンク】

 

 

 

 

関連コンテンツ