シャルレーヌ妃の双子の子供と夫が気になる!結婚式とファッションもチェック!

ドバイ

こんにちは!熊本は今日も秋晴れのいいお天気です。

気温は29度もあり秋晴れと言うより夏ですね。

もう暫くはクーラーが必要なようです。

さてプリンスと言うと女性なら子供頃1度は憧れたのでは

ないでしょうか?

白馬に乗ったお王子様と夢のような舞踏会や童話シンデレラ

のようなステキな時間女の子の憧れですよね。

近ごろ、イギリスのキャサリン妃を始め、今世界のプリンセス

たちが大人気なんだそうです。

ダイアナ妃も世界中の人々から愛され憧れのプリンセスでしたね。

そんな事から今回はモナコ王室のシャルレーヌ妃のご紹介です。

気品溢れるとてもおきれいな方です。

今回はシャルレーヌ妃の双子の子供、また夫や結婚式

センスあるシャルレーヌ妃のファッションもチェック

していきたいと思います。

【スポンサー リンク】

シャルレーヌ妃の双子の子供と夫が気になる!

先ずは、シャルレーヌ妃をご紹介します。

シャルレーヌ妃(シャーリーン・リネット・ウィットストック)

称号は「平静平安なるモナコ大公妃シャルレーヌ殿下」

ドイツ系および、イギリス系移民の子孫である

マイケル・ウィットストックと妻のリネットの長女として

ブラワヨ(旧ローデシア現在のジンバブエ)で生まれます。

1978年にアフリカのジンバブエで生まれたシャルレーヌ公妃は、

12歳のときに、南アフリカ共和国ハウテン州に移住するまで

暮らしジンバブエで育ちます。

婚姻後の名前はシャルレーヌ・ド・モナコ

シャルレーヌ妃は南アフリカ共和国の競泳選手でした

2000年シドニーオリンピックに出場し、競泳女子4x100m

メドレーリレーで5位入賞と言うアスリートだったんです。

双子の子供についてです。

シャルレーヌ妃の双子の子供が可愛すぎると話題になっています。

名前は・ジャック・オノレ・レーニエ公子

・ガブリエラ・テレーズ・マリー公女2014年12月10日生まれ。

17時4分にガブリエラ公女が誕生され、2分遅れてジャック公子

が誕生されます。

モナコでは双子の場合、後から生まれた子供を第一子とみなす

伝統があるそうです。

2015年5月10日モナコ大聖堂で洗礼式が行われましたが

双子の子供のガブリエラ公女とジャック公子が、可愛すぎると

話題になったのはサント・デヴォート教会のバルコニーから

可愛い姿を覗かせたのがきっかけのようです。

2016年12月クリスマスイベントや外でのピクニックイベント

に参加され、昨年まであまり良い声は聞こえてこなかった

ようですが最近では「家族4人で幸せそう」という意見が多い

ようです。

ダイアナ妃の離婚の原因や理由は?恋人の医師や姉についても調査!

シャルレーヌ妃の夫についてです。

シャルレーヌ妃の夫はアルベール2世(モナコ大公)

(アルベール・アレクサンドル・ルイ・ピエール・グリマルディ)

父親は、レーニエ3世、母はハリウッド女優のグレース・ケリー。

ハリウッド女優のグレース・ケリーは人気絶頂の最中、結婚し

女優業から引退します。

カンヌ国際映画祭で知り合ったモナコ大公レーニエ3世と結婚。

1956年1月5日婚約を発表。

同年4月18日、モナコ大公宮殿にて法的な結婚式を行い

翌19日モナコ大聖堂(サン・ニコラ大聖堂)にて、カトリック式の

挙式が行われます。

1982年9月13日、車を運転中に脳梗塞を起こし事故により

お亡くなりになったのですが。

アルベール2世は、学生時代からスポーツにも熱心で、

自身もスポーツマンで冬季オリンピック大会に5回ボブスレー選手として

出場し柔道では初段の持ち主。

1977年、アマースト大学に入学。

・政治学・経済学・音楽・英文学を専攻されます。

1981年文学士号を取得し卒業。

その後短期間フランス海軍に在籍され1982年の母の死後

モナコ赤十字総裁に就任し数多くの慈善活動に携わり、

1994年モナコオリンピック委員会委員長に就任されます。

2005年レーニエ3世の死去に伴い同年 7月12日正式に即位されます。

2006年4月16日、イギリス人やロシア人7名と共に犬ぞりにより

150キロメートルの距離を走破して北極点に到達されたそうです。

その後、2009年にも地球温暖化の調査のために南極大陸を訪れ、

1月14日に南極点へ到達し、どちらも国家元首としては世界初

となるのです。

結婚前の独身時代に1992年と2003年に認知した2人の婚外子が

いるそです。

モナコの法律では、公位継承権はシャルレーヌ公妃から生まれた

双子の子供とされています。

公位継承順位はジャック公子、ガブリエラ公女でジャック公子は

皇太子となります。

【スポンサー リンク】

結婚式とファッションもチェック!

シャルレーヌ妃とアルベール2世の結婚についてです。

2人の出会いは2000年、モナコで行われた競泳大会に

シャルレーヌ妃が選手として参加した時で、当時アルベール大公は

42歳の独身でした。

シャルレーヌ妃は競技生活を続けて2008年の北京オリンピックを

目指していたそうですが、怪我で出場を断念され2006年から

2人は本格的に交際が始まったとされています。

2人は2010年6月に婚約され翌年2011年7月に挙式されます。

結婚式は世界中の話題となり注目を集めます。

20歳年上のモナコ公国王子のアルベール2世と結婚した

シャルレーヌ妃ですが、当時はプレイボーイとの結婚と話題になり

又シャルレーヌ妃は4万粒のクリスタルで飾られた

ジョルジオ・アルマーニのシルクのドレスを宗教上の結婚式で

着用されます。

アスリートからモナコ公国の公妃となったシャルレーヌ妃の

「寂しそうな目や美しさ」や「薄幸そうな美しさ」が特徴とされ

話題にもなり「美しいけど、不幸せそう」などの心配する声も

あるようでヨーロッパ版ダイアナ妃になるのではないかと

心配する声もあるとか!

【楽天】
シャルレーヌ妃のファッションも話題を集めキャサリン妃との

ファッションセンス争いなどとも良く言われているのも確かです

キャサリン妃と言えば着回し達人とも言われカジュアルセンス抜群で

度々日本でも紹介されます。

シャルレーヌ妃のファッションではプリンセルらしい上品で繊細な

スタイルが注目を集め美しすぎるモナコ公妃と話題に。

プリンセス・グレース賞ではガラパーティが開催されシャルレーヌ妃の

ドレス姿が注目され大きな話題になったのです。

今や双子の子供のママになったシャルレーヌ妃

これからも女性たちから多くの話題が飛び交いそうですね!

【スポンサー リンク】
関連コンテンツ