新村友季子の出身大学と高校は?夫と子供とダヴィンチも調査!

こんにちは!秋晴れの過ごしやすいお天気の熊本です。

スパードクターと言われる医師は何人か居ますが中でも

女性のスパードクターは少ないと思います。

新村友季子医師も女性スパードクターのお一人です。

新村友季子医師の出身大学と高校や夫と子供また

ダヴィンチについも調査してみました。

【スポンサー リンク】

新村友季子の出身大学と高校は?

出身大学と高校からです。

・2005年、鹿児島大学医学部卒業されています。

出身高校はわかりませんが、お医者様なのでもしかしたら

鹿児島ラ・サールなどの高学歴の高校を卒業されているかもしれません。

・同年、鹿児島市医師会病院、臨床研修医

・2007年・医療法人真栄会新村病院泌尿器科(2013Da Vinci)

サージカルシステム外科医ライセンス取得。

・2014年・新村病院女性泌尿器科外来開設

・2015年・ 新村病院理事長就任

・日本泌尿器科学会・泌尿器科専門医・日本泌尿器内視鏡学会

・日本ロボット外科学会・日本女性骨盤底医学会

・骨盤臓器脱手術手技研究会

姫野友美(医師)出身大学と高校は?夫と子供も気になる!食事も調べてみました!

新村友季子医師は泌尿器を専門をされた医師です。

2014年に鹿児島で女性泌尿器外来を開設されました

泌尿器の専門病院「にいむら病院」は1980年開業され

2015年 新村病院理事長就任されます。

鹿児島で女性泌尿器があるのは「にいむら病院」だけだそうです。

先ず女性は泌尿器科には行くことが少ないと思います。

泌尿器なら婦人科にいきますよね。

婦人科に行くと言うのもなんだか気持ちが重く、進んで行こうとは

思う所ではないのが本音です。

新村友季子医師の病院の患者数では膀胱炎が一番多いそうですが

何処の病院に行けば良いのか悩んでしまうと新村医師は言います。

過活動膀胱と子宮、直腸が骨盤内から出てくる骨盤臓器脱も

最近では多くなっているそうなんです。

新村友季子医師の病院は元々男性の患者さんが多かったそうですが

患者さんの家族や奥さんに少しずつ口コミで広がり

女性の患者さんが増えてきたそうです。

宮崎や熊本から来られる患者さんもいるようです。

河野恵美子(外科医師)の出身大学と高校は?夫と子供にもフォーカス!

中原さおり(日赤小児外科医師)の出身大学と高校は?夫と子供も気になります!

確かに熊本でも女性泌尿器がある病院は聞いたことがありませんね。

女性の尿道が男性に比べて短いために起こりやすい膀胱炎や

過活動膀胱など女性に多い疾患があると言う事ですが

女性はついつい我慢してしまいますよね。

実は私も以前膀胱炎を経験した事があるんです。

当時、美容師をしていた頃なんですがお客さんを優先とするので

トイレに行きたくなってもついつい後回しになってしまい

気がつけばトイレに行った時「身が絞る」感じで不快な感覚でした。

新村医師が言われる通り、その時何科の病院に行けば良いのか分からず

そのまま病院に行かずに居ると、血尿が出始め微熱まで出た

記憶があるんです。

一応、内科に行きお薬を貰ったのですがいつまでも治らず

暫くして今度は婦人科に行き直したと言う経験があります。

立ち仕事の為辛い思いをしたことを今でも覚えています。

【スポンサー リンク】

夫と子供ダヴィンチも調査!

新村友季子医師の夫と子供についてですが何一つ情報はありませんでした。

ダヴィンチってなに?と思ってしまいました。

ダヴィンチとは内視鏡手術ロボットシステム手術支援ロボット。

国立がん研究センターは、日本人男性のがんの罹患数の第1位は

前立腺がんであると2015年のがん統計予測で発表しています。

新村友季子医師がおられる「にいむら病院」前立腺がんの

手術件数は国内の病院ではトップクラスだそうです。

鹿児島県内で初めてダヴィンチを導入サれたのは2013年6月。

ダヴィンチのお値段は当時3億6千万円と多額

ダヴィンチは2013年から日本でも保険適応となっています。

ダ・ヴィンチによる前立腺がんの摘出手術は導入から2016年3月10日

までの累計で322件。

ロボット手術ダ・ヴィンチの良さは患者さんに負担の少なく

開腹手術に比べ入院期間も短い。

開腹手術では見えなかったものが良く見え小さな血管も見え

出血は平均百ml未満といいます。

術後の排尿、性機能を維持することも大切で開腹術に比べ優れている。

「にいむら病院」では開腹手術から、ほぼダヴィンチへ移行している

そうです。

山口順子(医師)のプロフィール!夫と子供は?出身大学と高校も解説!

加藤庸子(脳神経外科)のプロフィール!結婚は?出身大学と経歴も気になります!

開腹手術は身体の負担が大きですよね。

起き上がるにも大変で身体全体に力が入らずわずかな咳払いを

するだけで術後は痛くてたまりません。

今現在でも開腹手術に至るケースは多いはず。

あらゆる病院でロボット手術ダヴィンチの導入が見込まれると良いですね。

又「にいむら病院」の様な女性泌尿器科が増えるのも望みたいものです。

【スポンサー リンク】
関連コンテンツ