伊東四朗の今現在は?妻と息子も気になる!昔の若い頃も解説!

2017年10月20日

こんにちは!今日から3連休ですね、ドライブに出かけるのにもちょうど

いい季節になりました。

昨年4月の熊本地震で被災して通行止めが続いていた熊本県南阿蘇村と

阿蘇山上を繋ぐ県道阿蘇吉田線が先日通行可能になり、

阿蘇方面に出かけるのも良いかも知れませんね。

阿蘇の雄大な自然の中でボンヤリ過ごし疲れを癒やしてみては?

さて、話は変わりますが土曜ドラマ「植木等とのぼせもん」が

今面白いと話題を集めています。

私も毎週楽しみにしているんです。

まだ生まれていない時代もあったりしますが。

植木等さん演じる山本耕史さんはイケメン俳優のお一人。

堀北真希さんのご主人でもありますが、「植木等とのぼせもん」

でこれまでのイメージとは違い、また一風変わった役どころを

見ることが出来ますね。

松崎正臣、後の小松政夫さん役には志尊淳さん。

・きみはペット・私に恋したお坊さんでの星川天音訳など演じる

若手の俳優さん。

ハナ肇さん役には山内圭哉さん、谷啓さん役には浜野謙太さんと。

植木等さんの父親には伊東四朗さんです。

「スーダラ節」や「無責任男」などが次々に繰り出す昔懐かしい

昭和ドラマ。

小松政夫さんの若かれし、頃を又見る事ができ、伊東四朗さんとの

ギャグが楽しみでもあるんです。

そんな理由から、今日ご紹介の方は小松政夫さん

共に懐かしい伊東四朗さんです。

今回、は伊東四朗さんの今現在や妻と息子、そして

伊東四朗さんの若い頃の話を中心にご紹介です。

【スポンサー リンク】

伊東四朗の今現在は?

 

伊東四朗さんと言えば少し前まで何やら死亡説も出ていたのですが

それは全部誤報でお亡くなりになられたのは、元プロ野球選手の

伊藤四郎さんと言う事なんです。

伊東四朗さんと伊藤四郎さん読み方は同じなので

勘違いから始まった事だったと思えますね。

伊東四朗さん今現在はお元気です。

日本喜劇人協会相談役も務める伊東四朗さん。

先日「第10回したまちコメディ映画祭in台東」のコメディ栄誉賞に

小松政夫さんが受賞され、伊東四朗さんがサプライズとして駆けつけ

「あんたはエライ!」と小松政夫さんのギャグで表彰状を読みあげたとか。

伊東四朗さんと言うと記憶に新しいのが

クイズ番組「脳内エステIQサプリ」

や「私、失敗しないので!」のセリフがカッコいい米倉涼子さんの

ドラマ「ドクターX」。

伊東四朗さんはこのドラマでの帝都医科大学第三病院院長、

毒島隆之介役で出演されていました(嫌な役所でしたね)

フリーランス大門未知子から「たぬきジジイ」といわれてましたが!

また、現在放送中の木曜ドラマ「黒革の手帖」にも出演されており

伊東四朗さん演じる政財界のフィクサー長谷川庄治。

このドラマの伊東四朗さんは和服姿が多く又、粋な一面を楽しむ

事ができますね。

松本清張さんの長編小説からドラマ化された黒革の手帖は

巨額の金を横領し、銀座のクラブのママに転身した女性銀行員、原口元子。

1982年、初代原口元子役には確か山本陽子さんだったような気がします。

その後、1984年には、大谷直子さん。

浅野ゆう子さん、米倉涼子さんと。

現在は武井咲さんと美人女優さんばかりです。

さて、今現在の黒革の手帖での伊東四朗さんを拝見していると

ギャグを連発しているする伊東四朗さんとのギャプも感じるのも確かで

やっぱり伊東四朗さんの印象は「ベンジャミン伊東」

が強く残ってしまいます(笑)

土曜ドラマ「植木等とのぼせもん」も新しのではないでしょうか!

妻と息子も気になる!

伊東四朗さんの妻についてです。

俳優、タレント、司会者と何でもこなされる伊東四朗さんの妻についてですが

伊東四朗さんの妻は女優?や伊東四朗の妻は誰?とネット上あがってきて

いますがどれを見ても女優さんと言う情報がなく、

又それ以上に何も情報はありません。

結果、伊東四朗さんの奥さんは女優ではなく一般の女性だと思います。

一般人なら情報がなくても当たり前ですよね。

息子さんについてです。

伊東四朗さんには3人息子さんがいらっしゃるとありました。

長男の方は一般の方のようで次男の方は芸能人で俳優の伊藤孝明さんです。

あと弟さんの3兄弟といいます。

伊東孝明さんと言えば真田丸の本田正純役。

渡る世間は鬼ばかり、忠臣蔵、理想の結婚などなど多くの

ドラマに出演され時代劇やドラマと言う幅広い役柄を演じられています。

CM、ヤクルトタフマンでは父親の四朗さんと共演も。

伊東孝明さんはデビュー当時は「伊藤隆明」と言う字でデビューされ

その後本名の「伊東貴明」に改名して長年活動され

今現在は「伊東孝明」に再改名され味のある俳優さんです。

【スポンサー リンク】

昔の若い頃も解説!

伊東四朗さんは1937年6月15日生まれ現在80歳。

てんぷくトリオのメンバーでした。

てんぷくトリオは1960年代から1970年代にかけ活躍した

三人組のお笑いグループで、三波伸介さん、戸塚睦夫さん、

伊東四朗さんの3人。

1975年頃、小松政夫さんとの共演が話題になり

「みごろ!たべごろ!笑いごろ!」のバラエティー番組の電線音頭

での「ベンジャミン伊東」に。

「笑って!笑って!!60分」での「小松の親分さん」などで

お茶の間の人気者になるのです。

「みごろ!たべごろ!笑いごろ!」では、当時人気歌手だった

キャンディーズが出演しており秋野暢子さんの出演なども

記憶しています。

「デンセンマン音頭」や「ベンジャミン伊東」なども大ウケ

していた事を覚えていますね。

「チュチュンがチュン・電線にスズメが3羽とまってた」

から始まる電線音頭。

毎回、同じフレーズと分かっているけど何故か面白い。

「ベンジャミン伊東」での四朗さんは、サテン生地でブルーの

派手な上着に赤いズボン。

顔には長~い髭をつけて・・・なんだかムチを持っていた記憶があります。

「人の迷惑かえりみず、やって来ました電線軍団!」と始まるんです。

伊東四朗さんと小松政夫さんのコントが面白く

ドリフターズ以上ではなかったでしょうか?

小松政夫の今現在!妻と息子は?ギャグも気になる!

「しらけ鳥音頭」は社会現象を引き起こしたほどで、

老若男女全ての人が口にしていたほど。

小松政夫さんの衣装も学生服に半ズボンといった風で

カツラ頭は横に「ハゲ!」があったことを記憶します。

これぞ!昭和と言った感じです。

小松政夫さんが手に持つしらけ鳥は少し気持ち悪かったんですが(笑)

その頃の伊東四朗さんは今現在見ることは出来ないかも知れませんね。

出来るなら小松政夫さんとの共演でもう1度見てみたいですね。

現在80サイト言うお年には見えない伊東四朗さん

これからも、俳優、タレント、司会者としてのご活躍を応援しています。

【スポンサー リンク】

 

関連コンテンツ