阿川佐和子の結婚と夫について!昔の若い頃と父母もチェック!

2017年10月7日

こんにちは!9月も今日で終わりですが、お昼はまだまだ暑い熊本です。

このままだと秋を通り越し直ぐ冬になりそうですが!

さて今回ご紹介させて頂く方は、作家でエッセイストの阿川佐和子さんです。

毎週土曜の「サワコの朝」ではゲストの方とのトークも面白く

楽しませて頂いています(笑)

又、10月15日から始まる日曜劇場「陸王」に出演が決まった

阿川佐和子さん。

「陸王」は、創業から100年以上続く老舗足袋業者「こはぜ屋」で

裸足感覚を追求したランニングシューズ陸王の開発に打ち込む

ドラマとなっていて、阿川さんが演じる役どころは、平均年齢60歳の

「こはぜ屋」縫製課を束ねるリーダー正岡あけみ役。

阿川佐和子さんはレギュラー初出演だそうで、サワコの朝とは又違う

一面が見ることが出来き楽しみでもあります。

今回は、阿川佐和子さんの結婚や夫、また阿川佐和子さんの昔の若い頃

などにも注目していきたいと思います。

【スポンサー リンク】

結婚と夫について!

阿川佐和子さんの結婚についてです。

2017年今年ですね、5月9日に6歳年上の元大学教授の男性と

結婚されています。

夫になられた方はSさんとだけあり、阿川さんの母校、慶應義塾大学の元教授

をされていた方だそうですが、お名前は出ていません。

夫となられた方は、大学を定年退職した後も教育に関系されたお仕事をされおり、

趣味はゴルフと数独だそうです。

ご主人の性格はおっとりとしている人柄と言います。

阿川佐和子さんは、どちらかと言うと気が強い性格だそうですが、

そこをご主人が上手く操縦されているようですよ!

2人の出会いは35年前、阿川佐和子さんは当時28歳の時でした。

阿川さんの夫は当時30代で、友人の紹介で夫の家を初めて訪ねたそうです。

その頃は、まだご主人には奥さんと、4人の子供さんがい居たそうなんですね。

それから暫くして2人で食事に行ったのですが、

別れ際に阿川さんが「もうふたりで会わないほうがいいと思います」

と告げると、数日後ご主人から手紙が届いたそうなんです。

手紙を読み終わった阿川さんは、もう1度会いたいと感じたと言います。

それから十数年後、夫のSさんから「奥さんと別居することになった」

と聞かされたのですが。

Sさんの別居が始まったのは約25年前。

Sさんと元の奥さんとの離婚が成立したのは4、5年前と言う事ですが

その間の20年、お二人がどんなお付き合いをされていたのかが気になる

所とも言われていたようです。

しかし、阿川佐和子さんが略奪婚ではないのは確かです。

阿川佐和子さんの夫の元の奥さんからも2人の結婚を祝福されています。

阿川さんは現在63歳、ご主人は69歳と言う事から、

お互いの健康を気遣いながら足腰が丈夫なうち、大好きなゴルフを楽しみ

たいとコメントしていましたね。

そう言うと、近ごろTVを見ていると阿川佐和子さんが

綺麗になられた気がします。

元々凛とし、上品さを感じる方だったのですが、険が取れたというか

軟らしくなったと言うか、そう感じますね。

昔の若い頃!

阿川佐和子さんの経歴を少し紹介します。

阿川佐和子さんは、東洋英和女学院中学部、高等部を経て

慶應義塾大学文学部西洋史学科卒業します。

以前から織物み興味があった阿川さんは卒業後、織物職人を目指し様々なアルバイト

をされたそうです。

1981年「朝のホットライン」でリポーターを努め初の経験となり

TVの世界に入る事となるのです。

1983年「情報デスクToday」のアシスタントを務め

1989年「筑紫哲也 NEWS23」のキャスターを務めます。

この頃に、阿川佐和子さんの名が世間に大きく知れ渡ります。

1992年米国ワシントンへ渡り帰国後、報道特集のキャスターに。

帰国後の1998年に「ビートたけしのTVタックル」のキャスター

を努めます。

「筑紫哲也 NEWS23」や「ビートたけしのTVタックル」は

記憶に新しいですね。

この番組をきっかけとし阿川佐和子さんが持つタレント性が引き出され

バラエティー番組進出していくのです。

同時にエッセイストとしても活躍され2012年の本「聞く力」は

世間の評判となりました。

現在63歳と年齢を重ねてこられ若い頃はバリバリのキャリア・ウーマン。

昔の若い頃と全く変わらずお綺麗で還暦を過ぎた年齢とは感じさせません。

【スポンサー リンク】

父母もチェック!

阿川佐和子さんの父母についてです。

阿川佐和子さんの父親は有名な方で、作家として活躍されていた阿川弘之さん。

檀ふみの結婚と夫について!父母と今現在もチェック!

賀直哉の最後の内弟子とされた人物。

代表作「春の城」「なかよし特急魔の遺産」「カレーライス」と多くあり

数々の賞も受賞され1999年文化勲章、2007年第55回菊池寛賞を受賞された

経歴の持ち主。

母親は幸寿さんとだけあり詳しくはわかりませんが、現在90歳になられている

ようで、阿川さんが母親の介護をされているようです。

仕事と主婦業をされ63歳の阿川佐和子さんが介護をされているのは大変な事だと

思いますね。

阿川佐和子さんには兄と弟2人がいらっしゃり、兄の阿川尚之さんが又凄い方。

日本の法学者、エッセイスト、コロンビア特別区弁護士慶應義塾大学名誉教授

と言う経歴の持ち主。

三男の方は、1972年生まれで阿川佐和子さんが51歳のときに生まれたそうなんです。

親子ほどの年の差ですね。

父親の阿川弘之さんは老人病院(介護療養型医療施設)で3年半の入院生活を送り

2015年お亡くなりになられています。

父母とも凄い方と言う印象ですが阿川家の方々が凄い方ばかりですね。

阿川佐和子さんのトーク番組やドラマがますます楽しみになりますね。

女性としても素敵な年齢の重ね方をされている阿川佐和子さんですね。

【スポンサー リンク】

 

 

 

 

関連コンテンツ