香川伸行(ドカベン)の妻と息子の今現在は?成績や浪商伝説も解説!

こんにちは!今朝は台風の影響で風が強い朝になりました。

昨年の熊本地震や今回の大型台風のような自然災害には太刀打ち

出来ないと改めて感る今日このごろ。

さて、読書の秋です。

小説も良いですが、たまに漫画を大人買いで全巻制覇するのもあり??

かもしれません。

ところで皆さんドカベンというマンガをご存知でしょうか?

正直、筆者も聞いたことがあるという位で、実際に読んだことはないのですが、

ドカベンは、水嶋新司先生のチャンピョンで1972年から1981年まで連載され

ていた作品のようで、おそらく世代によってはその存在を知らない人が多いかも

しれません。

もし気になるようでしたら漫画喫茶などで全巻読んでみるのも面白いかもしれませんね。

今回はそのマンガについてではなく、かつてのプロ野球選手である

ドカベンと言われた香川伸行さんの事についてお話をしたいと思います。

【スポンサー リンク】

香川伸行(ドカベン)について!

香川伸行さんは野球選手のスリムな体型とかけ離れていて体系が巨漢で、

高校時代にキャッチャーで4番からその存在がマンガの主人公のドカベンと

似ている事からドカベンと言われるようになりました。

妻と息子の今現在!

実はドカベンこと香川伸行さんは3度の結婚をしています。

1987年に最初の夫人と離婚。1988年には再婚しています

しかし、1999年に離婚しています。

離婚の原因は生活苦だったようですが、詳細は語られていません。

3度目の結婚相手の香川弘美さんは、高校の同級生だったそうです。

そして、香川伸行さんは連れ子を含めて4人の子供がいます。

息子さんが1人と娘さんが3人です。

長男の香川英斗さんはお父さん似で巨漢の体型のようです。

中学時代は、香川伸行さんから直々に指導を受けていたようです。

そして、福岡県代表で甲子園出場を果たします。

風貌も父親そっくりでキャッチャーで4番というポジションで

「ドカベン2世」と言われ当時は話題になった程で将来はプロに進む

のかと期待されていました。

牛島和彦の妻と子供の今現在は?家族が気になる!伝説と香川伸行も解説!

しかし、長男の香川英斗さんは、プロにはなれなかったようで、

福岡の草野球チームでキャッチャーとして活躍していたようです。

現在は野球を続けているかどうかすら解りません。

香川伸行さんを取り巻く生活環境は苦しかったようです。

一時は生活保護を受けていたという噂も流れましたが、真相は解りません。

ただ、3人目の奥さんである香川弘美さんが、教師として家族を支えていた

様ですので、生活は苦しかったでしょうが、なんとかやりくりされていた

ようですね。

そう考えると生活保護の受給はありえないようですね。

浪商伝説がすごかった!

高校時代の香川伸行さんはまさに、マンガ「ドカベン」の主人公である

山田太郎のようでした。

もしかしたらこの時が一番輝いていた時期なのかも知れません。

大阪代表の浪商高校の4番打者、キャッチャーとして甲子園に出場しました。

まさに浪商伝説でした!

浪商高校で高校3年の1979年に、第51回選抜高等学校野球大会で準優勝しました。

そして、同年の第61回全国高等学校野球選手権大会にも出場しました。

そして、なんと3試合連続本塁打を記録するなどの活躍を見せたが

惜しくも準決勝で敗退しました。

【スポンサー リンク】

成績とプロフィール!

さて次にプロ野球での成績についてですが、彼はドラフト会議で

南海ホークスに2位指名され入団、1983年にはベストナインに

選出されたものの成績は低迷していきます。

高校時代は輝かしい成績をおさめたものの、あの巨漢が活躍できるのも

マンガの世界であって、やはりプロの世界は厳しく、なかなかあの体で

好成績を維持するのは難しく1989年、27歳の若さで戦力外通告を受け

引退していしまいます。

入団時は100キロあったのですが、年々太っていきそれと同時に成績

も下がっていったようです。

相撲取りなら通用しますが、プロ野球の選手は足の速さや瞬発力も要求

されますので、そうとう体に負担が掛かったかと思います。

野球引退後の人生は壮絶な人生が待っています。

その香川伸行さん(ドカベン)についてプロフィールについて簡単に

紹介すると彼は、徳島県阿波市生れです。

生年月日は、1961年12月19日で

没年月日は、2014年9月26日(享年52歳)です。

身長は、170cmで、体重は96kgです。

1979年 浪商高等学校 卒業後、1979年 南海ホークス 入団します。

そして1980年~1989年 福岡ダイエーホークスに在籍していました。

2度の離婚やあらゆる体の疾病、生活困窮、自己破産を経験するなど

まさしく波乱万丈な人生だったようです。

プロ野球選手の引退後は、野球解説をしつつも居酒屋をオープンを2002年に

させていました。

お店自体は彼の姿を一度見たいと客は多く店は繁盛していたようです。

しかし、腎不全が原因で閉店に至りました。

さらに腎不全から人工透析で透析を週に3回行っていました。

また太り過ぎが原因だったのでしょうか。

糖尿病も患っていたようです。

更には大腸のポリープ、更には軽度の脳梗塞も患っていたので、

体中が危険な状態だったようです。

2人の元妻への慰謝料に養育費、病院代 とだんだんと家計は

火の車状態になっていったようです。

そしてついに福岡県筑紫野市の自宅を2008年に市に差し押さえられ、

住宅金融支援機構が競売申立て後、落札されていたようです。

讃岐うどんの通販ショップを起ち上げるたのですが志半ばで亡くなって

います。

自宅で倒れていた所を家族が発見して病院に搬送されましたが間に合わ

なかったようです。

原因は心筋梗塞だったそうです。

心筋梗塞は血管のつまりが原因でおこる病気で、彼の体系や食生活などが

原因にあるようです。

その他にも家計の苦しさから精神的にも大変だったでしょう。

彼自身の野球伝説はとても素晴らしいものだったかも知れませんが

その一方で壮絶な人生で短い生涯を遂げています。

もう少し日頃から体の事を考えていれば、長生きできたのに残念で

仕方有りませんね。

今回はドカベンこと香川伸行さんについてお話しまた。

野球人生は短かったですが、その濃いキャラクターでお茶の間から

愛されていました。

中々今の野球選手でキャラクターの濃い選手も少ないので、

彼のような選手が出てきたら野球界はもっと盛り上がるのではないでしょうか?

【スポンサー リンク】
関連コンテンツ