山口絵理子(マザーハウス)の父親と結婚は?講演会や新商品もリサーチ!

こんにちは、この週末台風が心配ですね・・・・三連休ですが。

今朝の宮古島では、24時間で471.0ミリの雨を雨を観測したそうで

今後の台風情報が気になりますね。

今回、ご紹介の方は山口絵理子さん(マザーハウス)です。

山口絵理子さんは社長兼チーフ・デザイナー

株式会社マザーハウス代表取締役。

マザーハウスは、創業11年目を迎え国内に22店舗を展開され海外にも

6店舗もあるそうです。

マザーハウスのバッグは、天然ジュートやレザーを使った物。

レディースだけでなく、メンズフォーマルやカジュアルにも使え年齢も多様。

バッグだけでなく、ストールやジュエリー、コインケースなどの小物を製造

・販売を手掛け、バングラデシュの天然ジュートやレザーを使い、途上国から

世界に通用するブランドを作ると、頑張る女性企業家です。

今回は、山口絵理子さん(マザーハウス)の父親や結婚そしてマザーハウスが行う

講演会や新商品などもご紹介したいと思います。

【スポンサー リンク】

山口絵理子(マザーハウス)の父親と結婚は?

山口さんの父親も話題になっているようですが、どんな方なのか気になります。

絵理子さん同様、デザイナーなどを手掛けている方と想像していましたが

全く違うようでした。

山口絵理子さんの父親は不動産業をされている方だそうで、又陶芸家でも

ある方なんですね。

形は違えど、物をつくるなどの芸術家であります。

山口さんの実家には、陶芸用の窯もあったそうです。

娘の絵理子さんも物づくりが好きな所や、自身がお持ちの才能はお父さんの

血筋なのかも知れませんね。

山口絵理子さんは高校時代、唯一の女子部員として男子柔道部に所属し

全日本ジュニアオリンピック第7位にまで上り詰め他人物。

お顔を拝見すると想像できませんが・・美人です。

大学4年の時、アジア最貧国のキーワードで検索してバングラデシュに興味を

抱いたそうなんです。

世界の貧困問題に関心を持った山口さんは、大学卒業後22歳でアジア最貧国と言われる

バングラデシュに渡ったのです。

そこで、貧しい人たちに光を当てようと思いつき、現地の労働力を使って

世界に通用する一流のバッグ作りを思いついたんだとか!

マザーハウスを設立したのは2006年。

1981年生まれの山口さんは現在、36歳結婚も気になりまが

今のところ結婚の情報はないようです。

絵理子さん自らバングラデシュやネパール、インドネシアなどを周り職人さんに

交渉をしながら、レザーのバッグやストールなどのデザインや生産を行い

ジュエリーを取り扱うようになったのは、2015年で始めはインドネシア

翌年の2016年には、スリランカで現地の原料を使ったジュエリー作りを開始され

たそうです。

リランカ・ジュエリーBerry Facetは、約144面を研磨するカットで原石の大きさ

を整え、最初は円筒のような形にし、原石の断面にワックスをつけて工具に固定し

高速で回転させるそうです。

研磨盤に手で押し付ける事で、角度や面の大きさを整えていき最後にカラーストーン

の向きを変え、反対の面も研磨し、球体にしていき最終的に1つの球体を約4時間かけて

研磨し、約144面にカットします。

ここまででも、物凄い手間ひまが必要で、最後はスリランカの職人さんにより

4時間もかけ磨き上げられたものなんです。

ピアスもあり、バングラデシュでは麻や革のバッグや財布

ネパールではカシミアやウールのストール。

まさに職人技ですね!

【スポンサー リンク】

講演会や新商品もリサーチ!

マザーハウス講演会についてです。

マザーハウスでは、講演会の依頼も受け付けていろそうです。

マザーハウス、スタッフの方による講演会を実施されています。

・マザーハウスの理念やビジネスについて知りたい!

・スタッフさんの話を聞きたい!

などの依頼を受け付けているんです。

これまでに・社会性と経済性を両立する経営・地域に根づきながらグローバルに

働く方法などのテーマでの講演を開催されていています。

また、嬉しいのがマザーハウス、スタッフさんが出向いての講演会も行っています。

マザーハウスの店舗講演などもあり、イベント運営経験豊富なスタッフさんの

サポートで1度検討されるのも良いのではないでしょうか?

・マザーハウス本店・横浜ベイクォーター店・大阪店を講演会、会場とし貸し出し

されています。

素敵な人に出会い、素敵なお話が聞け、素敵な時間になることは間違いないでしょうね!

次にマザーハウスの新商品です。

マザーハウス社長兼チーフデザイナーである山口絵理子さんは毎シーズンモノを

作るときのテーマは「自然」が多いそうなんです。

その中でも、途上国の大自然から着想を得る事が多いそうですが

今回の新作バッグは、東京のビル街並を歩いていて、空を見上げた

瞬間がきっかけとなったと言われています。

コンセプトは「kazematou 風纏う・・・風を纏うような軽快さで自然体で歩いていこう」

辛い時に自分自身に一番言い聞かせたかった言葉を形にしたんだとか!

山口さん曰く、見える幾何学のような不思議な空の欠片を形にしてみたらどうなるんだ?

と言うことに興味が湧いたそう。

名前は・・・カゼマトウ バックパック・・・・。

柔らかく上品な仕上がりでお色もこれが又素敵!!

サイズは・S・M・Lとあり、職人さんが1点1点作り上げ

お値段もリーズナブル。

素材と知恵の調和による、新しい形の仕上がりの新しいショルダーバッグ。

一生大切に使える上品さ。

記念日の贈り物などにも最適・・興味のある方は「マザーハウス」と

検索してみてはいかがでしょうか?

【スポンサー リンク】
関連コンテンツ