島田順子の夫と娘について!若い頃は?未婚の母時代の彼氏もリサーチ!

こんにちは!残暑きびしいですね。

この8月は急な雨が多く降り出したらかなり強い雨になってしまう

と言うお天気の熊本でした。

夏さながらではあるのですが・・・。

今年の暑さは更に異常の暑さでこの暑さももう暫く続きそうですが体調に

気をつけたいですね。

さて、今回ご紹介の方は島田順子さんです。

島田順子さんはご存知ですか?あまり、日本ではあまり有名ではないのですが、

パリコレなどファッションが好きな人には知る人ぞ知る存在です。

それもそのはず、日本での活動より本場パリでの活動が長い人なのです。

島田順子さんの夫と娘や昔の若い頃などをご紹介したいと思います。

【スポンサー リンク】

島田順子の夫と娘!

本名は山地順子(やまじ じゅんこ)で、1941年7月7日年生まれ。

2017年8月現在、76歳です。

髪型が独創的です。

身長は158㎝・・・体重は公表していないようです。

世界的ブランドであるJUNKO SIMADAのデザイナーです。

年齢的には後期高齢者でおばあさんですが、背筋がピンとしていて若々しいですし、

着ている服や着こなしもびしっとしています。

お洒落なおばあさんといった感じでしょうか。

出身地は、千葉県館山市です。

館山とは良い所で生まれ育ちましたね。

実は「X JAPAN」のYOSHIKIも同じ館山出身です。

さて彼女が関わっているデザインは色々な時代が見えてきます。

実はバブルの頃に流行ったボディコンですが彼女がブームの火付け役だったそうす。

ボディコンって何?と思ったら、

お笑いタレント平野ノラのファッションを見れば解ります。

東京オリンピックを決めた招致委員のスーツデザインを監修したのは彼女だという

から驚きですね。

そう考えるとなんだかお洒落なデザインに見えてくるのが不思議です。

パリにいった動機は映画で出てきた町のシーンが気に入り、動機は単純ですが、

あの町に行ってみたいだそうです。

このインスピレーションが世界のshimadaを生んだのでしょうね。

より彼女を知りたいのでしたら、マガジンハウスより出している

「島田順子おしゃれライフスタイル Shimada Junko Style」をチェックしましょう。

アマゾンなどでも買えるので、読んでみるのも良いですね。

パリコレ35周年を記念して出されたのですが、

彼女のかっこいい生き様がみえてきます。

昔の若い頃は?

昔の彼女の写真を見てみるとだいぶ色が黒いです。

ひと昔前はガングロブームでしたが今は色白が美しいとされています。

色が黒いほうが健康的と思いませんか?

若い頃はやはり、もてていたんでしょうね?

学歴について調べてみたところ、高校は解りませんでしたが、

1963年に杉野学園ドレスメーカー女学院を卒業しているそうです。

大正15年に設置されているので歴史ある学校ですね。

1968年パリの百貨店「プランタン」の研修室に入ったそうです。

ちなみにプランタンはフランス語で春の意味だそうです。

1970年にはデザイナー集団「マフィア」へ参加しました。

1981年にパリコレでデビューしたそうです。

パリコレでは35年連続発表されているから驚きです。

さて、そんな彼女ですがかれこれパリでは40年過ごしているそうです。

筋金入りのパリジェンヌですね。

きっと、パリが彼女を手放さないのでしょうね。

【スポンサー リンク】

子供はいるの?

さて、まずは彼女の家族構成を知るうえで、結婚しているか調べてみました。

彼女は1988年の47歳の時に大恋愛の末に結婚しているようです。

かなりの晩婚ですね。

一見雰囲気的には独身かと思いましたが違っているようですね。

既に娘はいたのですが、当時の相手とは結婚していなかったようです。

出会ったのはその5年前の42歳の時です。

この年で結婚となると、覚悟が無いとなかなか結婚に踏み切れませんね。

夫とは気楽な関係だったようで、好きなものがリズムが合うとのことだとか?

これってとても大事ですよね?

極端な話、自分が和食のレストランに行きたいのにパートナーが

中華にこだわって意見が分かれたりとか、北海道旅行に行きたいのに、

沖縄が良いとかで旅行先が決まらないとか、自分の好きなものと相手の好きな

ものとのリズムが合うって本当に大事だと思います。

これが長続きする秘訣ですよね?

彼女がデザイナーで、相手がビジネスマンで経営者。

まったく住む世界も違うし、畑違いだからこそ逆に相手の仕事を干渉せず、

うまくいったのではないでしょうか?

しかし、それぞれの暮らしがあったので、別居婚だったそうです。

実際に会うのは一年で半分強だそうです。

超遠距離夫婦生活なので愛が無いと成り立たないですね。

さて、夫の名前は山地三六郎さんです。2歳年下だそうです。

姉さん女房なのですね。彼は、太平洋海運株式会社の創業家出身だそう。

残念ながら2011年4月に他界されたそうです。

夫との思い出は夫からもらった指輪なのだそう。

真珠の両サイドにダイヤモンドが付いているらしいです。

一般人にはちょっと無理だなぁと思ってしまいます。

彼女には娘が一人いて、今日子さんという名前らしいです。

娘もデザイナーであり、乗馬ブランドを立ち上げています。

日本では乗馬ブランドって商業的にうまくいくのでしょうか?

フランスだからこそ成り立つのでしょうね。

そして「ラヴァリエール」というブランドを2010年に立ち上げているそうです。

孫は、2010年に誕生していて、現在は、娘と孫と三人でフランスで過ごしている

そうです。

孫の名前は、「今」だそうです。

今日子さんから一字取ったんだと思われますが、今を生きて欲しいという

強い思いがあるのでしょうね。

未婚の母時代の彼氏について!

20代後半の時にフランス人男性と同棲していて、35歳の時に娘を出産されたのが

先ほど紹介した今日子さんです。

ところがその一年後に妻と娘を置いて出て行ってしまったのだそうです。

真相は良く解りません。

荷が重かったのか?他に理由があったのか?

調べてみました出てきませんでした。

フランス人の名前や職業、当時の年齢も解りませんでした。

彼女の今までの人生は色々と苦労したという印象をもちます。

今は孫も出来て、3人で幸せ一杯でしょう。

末永くやってほしいです。

世界で活躍する島田順子からまだまだ目が離せません。

【スポンサー リンク】

 

関連コンテンツ