ローラ・リン・ジャクソンはやらせの嘘か本物か?年齢や結婚もチェック!

こんにちは!「奇跡体験!アンビリバボー」で凄い方が出演されますね。

奇跡の霊能力者と言われるローラ・リン・ジャクソンさんです。

先週に引き続き2週に渡って出演され日本のテレビ初出演。

緊急来日と言う事なんですが、アメリカではかなり有名な霊能力者のようです。

死後の世界と繋がる事で、亡くなった人の思いを伝えることができる方なんです。

死後の世界と繋がると言う事では日本のイタコの様な?

また、ローラさんは相手のオーラの色なども見る事もできるそうで

江原啓之さんのような?

前世なども見えていたようでしたが特殊な力をお持ちなんですね。

オーラの泉も良く拝見していました。

毎回ゲストのオーラの色が何色か?

なんておっしゃるのがまた楽しかったですね(笑)

江原さんはスピリチュアルカウンセラーと名付けられていたのですが

スピリチュアルカウンセラー、霊能者、イタコなど呼び名は違えど

特殊能力は同じ!?

また、愛子さんと言う方も同じ能力をお持ちで1980年代良くTVに

出演されていた事を思い出します。

その頃はユリ・ゲラーの超能力なども取り上げられた頃です。

その後、宜保愛子さんもその能力について話題になりました。

宜保さんは4歳の時左目に火箸が落ち失明寸前になったそうです。

霊能力を自覚したのは6歳頃。

宜保さんの場合、相談者の守護霊の声が聞こえ又、姿が見えるそうなんです。

相談者の亡くなった肉親の霊と話し他人が知り得ない事や

その方の家の中までみえるそうです。

江原さんもそうみたいですね・・・

透視能力と言う物ですね。

父親は宜保愛子が持つ特殊能力を非難していたといいますが。

2003年5月に胃がんのため71歳で死去されます。

きっと、ご自分の死期もかなり前から分かっていた事と思いますが。

現在は、お亡くなりになっている司会の逸見政孝さんの病気を

霊視した番組もあったほどです。

個人的には、青森県むつ市在住の木村藤子さんも特殊能力を持ち有名な方です。

1990年むつ市内のデパートで開催された爬虫類ショーのアミメニシキヘビが

逃げたとき、その所在を言い当てたとして全国的にその名が知れ渡った

分けですが、それから青森の神様やヘビの神様と言われるようになったんですね。

木村藤子さんの母親も周囲から霊能力者と言われていたそうです。

木村さんは30代で神の声を聞きいたそうで霊視や透視能力が備わった

といいます。

飯島愛さんの事も霊視されておりご本人に伝えていたとネットで読んだ

ことがあります。

勿論木村さんもTVに多く出演されています。

ここで、時折出るのが、やらせの噂だったり本物か?偽者か?という事です。

今回はそんな噂やローラの年齢、結婚なども一緒にご紹介したいと思います。

【スポンサー リンク】

やらせの嘘か本物か?

奇跡の霊能者と言われるローラ・リン・ジャクソンは死後の世界の人と

話すリーディング能力をお持ちと言う事で、奇跡の霊能者と言われる傍ら

やらせの噂も多く出ているのが事実で難しいところですよね。

今夜の放送では、ゲスのダレノガレ明美さんの親友の死の謎についてや

剛力彩芽さんの超プライベート情報をローラのリーディングにより行う

ようです。

日本ではアメリカの様に、リーディング(霊視)と言われる力での未解決

事件などの捜査協力などが認められていないので、やらせの嘘が浮上する

のもあり得る話だと思うんですね!

そこでネットなどで、どんな事が言われているのかそんな声を少し幾つか

拾ってみましたがこんな声が聞けました。

・非科学的な事は信じません。

・英語ができない日本人の霊と交信なんておかしい。

・本物なら未解決事件を解決して下さい。

・質疑応答があったと思います。

・相手の心理を読み解くのが得意な方だと思われます。

・・・などです・・・なるほど・・・言われれば納得出来る所も

多々あるような?

信じる、信じないは人それぞれですし、勿論、価値観も違いますから

正直一言で言い切ることは難しいですね。

しかし調べて見たところローラは、超常現象を研究する科学機関である

「ウィンドブリッジ・ヒューマンポテンシャル応用研究所」から認定を

受けています。

神経科学者によって脳機能調査が実施されその他の機関による

厳密な連続試験をへて霊媒師として正式に認定されているんですね。

「ウィンドブリッジ・ヒューマンポテンシャル応用研究所」を検索

したのですが情報は、なかったですね。

ローラはこれまで20年以上霊能者として活躍されています。

子供の頃から何か特別な力をお持ちだったと思いますが

日本で言うイタコのように修行などは必要なかったのですかね?

松田広子(八戸市の最後のイタコ)の結婚と夫や子供は?修行した理由や生い立ちも解説!

下ヨシ子の今現在!評判は?夫と息子も調べてみました!

日本で最後のいたこと言われる松田ひろこさんはかなり厳しい修行を経て

イタコとなったわけです。

以前イタコの修行は大変厳しいもので生命を落とす人も数多く居たそうです。

現在では、現役のイタコの元へ住み込みで弟子入りし

家事や炊事を全てこなしながら、祓いの文言や経文、祭文、イタコ歌などを

覚えます。

経本などは一切なく全て口伝で行われるそうです。

又、イタコの大切な仕事の1つで「オシラアソバセ」の

・手順・やり方・占い・祈祷の手法などイタコになるための技術を全て

身に着けるのです。

全て覚えるのに早くて2年、平均で4~5年、遅くて10年掛かると言われ

ています。

【スポンサー リンク】

年齢や結婚もチェック!

死後の世界の人と話してみたいと思ったことありませんか?

私はあるんです。

ローラの霊視依頼は、数年先まで予約で埋まっているといいます。

かなりお忙しい事はわかりますが、気になるのが年齢や結婚です。

ローラさんはニューヨーク州ログアイランド在住で結婚をされて

おり3人の子供を持つ母親。

年齢は分かりませんしだんなさんの情報もありませんでした。

霊視依頼だけを行っているのかと思いきや、なんと高校の英語教師をされていて

ビックリしたんです(笑)

ローラさんの生徒だと宿題をしてなかったりすると

嘘ついてもバレバレですよね~(笑)

ローラさんが最初の霊的体験を経験したのはが11歳の夏。

「おじいちゃんに会わなくちゃ」という予感だったそうで

その予感が的中し、生きているおじいちゃんと会うのはその日が最後でした。

その後、亡くなったはずのおじいちゃんと会って話す夢を見るようになります。

そのうち会う人の周囲に、明るく鮮やかな「色」が広がって見えるように

なったそうです。

その人に何か良くない事が起きたり、苦しんだりしている事などを

感じ取れるようになって行ったそうです。

その後、ローラさんは友人や家族に支えられながら自分の能力が役に

立てる様学んだそうです。

日本で言う修行でしょうか!?

自身の能力を科学的に理解し、その能力で、死後の世界と繋がり大切な人を

亡くした人々を助けられると知って活躍されている訳です。

これまで多くの方の心の支えになってこられたのは確かですね。

今夜の放送も楽しみです。

また現在、早川書房より著者ローラ・リン・ジャクソン・ラッセル秀子訳

発売中の「魂の呼び声に耳をすまして」が大好評です。

魂の呼び声に耳をすましては、ローラさんの真実の物語だそうで

一度手にとってみるのもいいかもですね。

【スポンサー リンク】

 

 

関連コンテンツ