山田邦子の今現在と夫について!子供はいるの?乳がんもリサーチ!

こんにちは!お盆に故郷で過ごされた方も多いと思います。

高速道路などの渋滞で疲れには気をつけて下さいね。

今日ご紹介させて頂く方は山田邦子さんです。

時折TVで拝見することが増えましたが今回は山田邦子さんの今現在の様子や夫や子供

などのお話も含めてのご紹介です。

【スポンサー リンク】

山田邦子の今現在について!

山田邦子さんと言えば、ある程度の年代(30代以上)のかたにとっては、

テレビをみるといつも山田邦子さんがテレビに映っていたいた記憶があるかと思います。

それと同時に「あれ?いつの間にか見なくなった」と思う人も多いのではないでしょうか。

「オレたちひょうきん族」では番組の初めから終わりまで活用して毎週欠かさず

見ていた人も多いでしょう。

個人的には80年代終わり~90年代初頭に放送されていた「やまだかつてないテレビ」

のイメージが強く山田邦子の冠番組でした。

毎回、企画が面白く、その完成度の高さに感動すら覚えた記憶があります。

その頃の山田邦子さんは本当にとても輝いていました。

そしてその番組が派生したデュエットやまだかつてないWink の

「さよならだけどさよならじゃない」がヒットするなど、山田邦子さんの人気は絶頂でした。

CDを買った人も多いのではないでしょうか?

NHKの好きなタレント調査ではなんと8年連続1位とというものすごい記録を持っています。

まさに国民的な芸人でした。
しかし、2000年代にもなると、テレビにもほとんど出ることが無くなってきました。

干された原因は性格が悪かったからなどの噂もありますが、真相は解っていません。

何か決定的なスキャンダルがあったわけではないのですから。

山田邦子さんは、現在、1960年6月13日生まれの56歳です。

山田邦子さんはいったい今、何をしているのでしょうか?ネットなどを見ていると

ガンの撲滅運動を行なっているかと思えば、プロレスデビューを果たしたり、

舞台や講演も行っており、毎日を充実な生活を送っているといるようです。

再ブレイクを期待している人にとっては、山田邦子さんの復活を待ち望んている人も

多いでしょう。

しかし、ある程度稼いでしまい貯えもある山田邦子さんは、現在の人間らしい生活も

捨てがたく、なかなか芸能活動一本の仕事をしたいとは思えないのでは無いでしょうか。

現在は乳がんを乗り越え、がん早期発見を行う啓蒙活動をしておりますので、

芸能生活にはもしかしたらそれほど力を入れようとは思っていないかも知れません。

しかし、山田邦子さんの年齢を考えるとまだまだ現役で頑張れる年でありますので、

かつて「オレたちひょうきん族」と一緒に共演していたさんまやたけしと共演して、

「オレたちひょうきん族」の番組を復活するなど、かつての山田邦子さんの姿を見た

いと思うファンのかたも多いのではないでしょうか。

夫は?

実は山田邦子さんは現在結婚しています。

夫の名前は、番組制作会社社長・後藤史郎さんです。

制作会社の名前は、「ゴッズダイナミックワールド」で場所は、東京都港区赤坂にあります。

今まで「うたばん」など色々なヒット番組を制作してきましたが、

現在は「中居正広の金曜日のスマたちへ」や「さんまのスーパーからくりTV」などを制作して

おり、どちらかというTBS系の番組が多いです。

会社も1995年11月に設立して、現在に至っています。

番組製作会社の社長の肩書ですので、芸能人と出会う機会も多いですので、山田邦子さんと

も、仕事の関係で出会ったのはないでしょうか?

後藤史郎さんは、もともと不倫相手であり、元妻と離婚して、2000年に結婚しています。

いわゆる不倫略奪婚のカップルです。

そんなこともあって山田邦子さんのイメージを悪化させた原因だったかもしれません。

しかし、そんな山田邦子さんも現在まで夫と仲良く8億円もの超豪邸で過ごしていて

離婚の噂は今のところは無いようです。

かつての悪いイメージも今は薄れていて、がんも克服して山田邦子さんのイメージも

今はそんなに悪くはないはずです。

【スポンサー リンク】

子供はいるの?

後藤史郎さんと結婚したので2000年の頃でしたので、二人の間に子供はいても

おかしくはないのです。

山田邦子さんも、それを望んでいると思います。

現時点では、山田邦子夫妻に子供はいないようです。

原因は、やはり長年の乳がんの闘病生活が影響していると思われます。

結婚相手である後藤史郎さんには元妻との間には子供がいるようですが、

不倫相手からお父様を奪われたという心理もあり、連れ子という訳にはいかないようです。

年齢的には56歳なので、これから子供を持つのはちょっと難しいかも知れません。

山田邦子の遺伝子を持った子供を見れないの残念です。

乳がんのステージや主治医が気になる!

山田邦子さんは乳がんを自分で発見したそうです。

テレビ番組「たけしの本当は怖い家庭の医学」に自ら参加して、乳がんの発見方法を

実践して、あやしいと思ったようです。

発覚したのは、2007年です。

最初は小指の先位の大きさで右に二つ、左に一つ発見されました。

乳がんはなかなか発見されにくい病気の一つです。

その為、発見が遅れ、取り返しのつかない事にもなります。

最近も乳がんで亡くなられた有名人がいましたが、本当に悲しい事です。

しかし、山田邦子さんは2度の手術でがんを摘出しました。

今は克服しているようです。

ステージについては公表されていないので厳密には、解りませんがおそらくステージ1から

2くらいではないでしょうか?

ネットで調べる限りでも、1か2の初期で間違いないと思います。

末期ではなくて本当に良かったかと思います。

闘病生活は5年くらいでしたので、ずいぶん闘病生活が長かったです。

摘出した後に抗がん剤治療をしなければならずその苦労も言い表せないようです。

現在はホルモン剤を飲み治療を続けている訳ですから、乳がんとの戦いは終わって

いるものの、まだまだ安心は出来ない状態です。

手術を行った場所は、聖路加国際病院ブレストセンターと言われていて、

所在地は、東京都中央区明石町にあります。

主治医は、矢形寛先生です。

現在は、埼玉医科大学総合医療センターのブレストケア科の教授をなさっています。

良い先生に巡り合えたからこそ、乳がんと戦う励みになったのではないでしょうか?

お笑い芸人としての頂点を極め、結婚、乳がんと人生の山と谷を経験した山田邦子さん。

人間としても大きく成長しており、これからの活躍に期待したいです。

【スポンサー リンク】
関連コンテンツ