中田喜子の夫と子供が気になる!diyと昔の若い頃もチェック!

こんにちは!いつまでも変わらずお綺麗な中田喜子さん。

中田喜子さんと言うとやっぱり「渡る世間は鬼ばかり」三女の文子、旅行会社代理店の

社長だったですね(笑)

「渡鬼」面白くていつも観ていたんです。

最近では「ゆとりですがなにか」での正和の母親役などと、いった若い方に人気ドラマにも

出演されています。

奥田瑛二さん、安藤和津さんの娘さんのサクラさんなども出演され面白いそうです。

今現在でも変わらずお綺麗な中田喜子さんを今回はご紹介させて頂きます。

結婚や夫、又中田さんのおじいさんも面白い方の様で、趣味であるdiyなど・・

そんな事も含めながらのご紹介です!

【スポンサー リンク】

夫と子供が気になる!

中田喜子さんの結婚から説明します。

中田喜子さんが結婚したのは1979年11月、当時中田さんは25歳。

きっかけは夫が制作したCMに中田さんが出演されたのが出会いのきっかけのようです。

夫は12歳年上の広告制作会社の方だとされていますが、その会社の社長である山崎英一

さんと言う事のようです。

中田さんは2007年に離婚されます。

離婚の原因についてですが、夫の浮気が原因だったそうです。

結婚生活27年と言う長いものでしたが周囲からは夫婦円満だと思われていたようです。

結婚28年目での熟年離婚。

中田喜子さんは、夫の浮気がどうしても許せなかったそうです。

子供には恵まれなかったようで、いらっしゃいません。

慰謝料はなく、東京の田園調布に建てた一戸建ては夫の所有分を買い取り全てを

中田さんの名義にされ、中田さんは今現在東京の超高級マンションで1人暮らしを

しているそうです。

離婚され約10年になる中田喜子さんですが恋愛には全く興味がないらしく面倒臭い

らしい・・・です(・∀・)

中田さん自身の性格は人に気を遣う性格だそうで、女子友と遊びに行ったりするほうが

気が楽でいいそうです。

1953年生まれの中田喜子さんですが現在63歳なんですね・・・

還暦を過ぎた年齢とは思えないほどお綺麗ですよね~。

昔から全く変わらない美しさです。

中田喜子のdiyをチェック!

中田さんは、diyが趣味で最近は雑誌連載もされているそうですね。

主に日曜大工とやらをされているらしいのですが

何か作ったり、どこかをリホームしたりしてるんですかね?

昔からドアノブの調子が悪かったらドライバーで解体してみたり手作業が好きだった

そうなんです。

家の中のインテリア系のことがすごく好きだそうで家具を直したり、壁にペンキを塗った

りしているそうです。

最近は女性のdiyをする方が多くなってきました。

森泉さんなんかも100均でdiyをされTVにでも良く流れていて見ていると面白そうだな~

・・なんて。

my,電ドラなんかも持っていて1度チャレンジしてみよう!!

とも思ったりするんです。

しかし//diyってインテリアセンスも大きく関係してくるのでは?

中田喜子さんってきっとインテリアセンスがいいのですよ(笑)・・。

【スポンサー リンク】

昔の若い頃は?

中田喜子さんは5人姉妹のいちばん末っ子だそうで名前の由来は

「親をとても助ける子供が生まれてくる」って父親がどこかで聞いてきたそうで

喜子って名前を付けてたそうです。

昔の若い頃中田さんは、木造3階建の家に住んで、お手伝いさんが何人も居たと言う

チョ~お嬢様なんですね・・・。

2階には大広間もありそこで親族が結婚式をしたそうです。

なんか旅館のような・・(・∀・)

中田さん曰く、父親は凄くイケメンらしく銀座のお姉さんに大変な程おモテになられた

らしいです。

イケメンでもありお金持ち。

聞くところによると、成金で、なんでも、畳の上にお札を敷いていたそうですよ(笑)。

なんと・・(・・?・・夢の様なお話・・ですが・・。

祖父も気になります!

中田喜子さんの祖父の方がまた面白く祖父は、さつま揚げを電気で焼いて

作る機械を発明されたそうなんです。

発明家!?・・・日本のエジソン・・(・∀・)・・!?

さつま揚げは鹿児島名物ですね・・。

普通は油で揚げるのですが、戦後間もない頃に油が手に入らない時があり祖父の方が

作ったその機械がすごく売れたそうです。

その機会が普及し今の機会に変わっていったんですかね?

中田喜子さんの母親は歌舞伎が好きで昔から中田さんも母親と一緒に観に行っており

それが影響して芝居に興味をもったそうなんです。

そう言う事をきっかけに芸能界に入ります。

高校を卒業して直ぐに中田喜子さんは、日活撮影所でテレビ部の俳優養成所に所属した

そうで、それもいきなりプロダクションに所属します。

父母には3年たって芽が出なかったら魚市場の仲買人の仕事をすると言う約束だったそう

ですが、その3年目で「朝ドラ」の主人公オーディションに合格します。

・中田喜子・・

・1953年11月22日生まれ(63歳)

・東京都出身

・身長・155cm

・血液型・・A型。

麹町学園女子高等学校卒業。

所属事務所・・オフィスまとば・ホリプロ・ブッキング・エージェンシー所属。

中田喜子さんと言えば橋田壽賀子さんの「渡る世間は鬼ばかり」

以前泉ピン子さんも話されていましたが橋田壽賀子さんと言えば長ゼリフで有名

だそうで中田さんも長ゼリフには苦労したそうです(笑)

普通のドラマで「今日は長いですね」っていう場合、台本の7ページか8ページぐらい

だそうですが「渡る世間は鬼ばかり」の長ゼリフでは22ページもあるそうなんです

・・マジ!・・ながっ!

橋田壽賀子さんは台本を書くのが早く1ヶ月前には出来ているらしく、その頃に台本

を貰っているそうで「渡鬼」出演者の俳優さんはは常にセリフを覚えている状況だった

そうです(笑)

23年の女優人生で「渡る世間は鬼ばかり」は中田喜子さんにとって大きな節目になった

役だそうです。

3女のふみこ役でしたね。

まだまだ楽しみにしている「渡鬼」です。

「渡鬼SP」なども楽しみにしています\(^o^)/

【スポンサー リンク】
関連コンテンツ