カルーセル麻紀の今現在は?若い頃や結婚?夫も気になります!

ひとりごと
この記事は約5分で読めます。

こんにちは!初夏の様な暑さの熊本です。

さすがにまだセミの鳴き声はしませんが・・。

我が家のワンコの散歩も朝早めに行かないと肉球が焼けそうで・・(笑)

初代と言ってもいいほど、当時は珍しかった・・・オネとも言われているニューハーフ

本名、平原哲夫さん・現在、平原麻紀さん。

カルーセル麻紀さんのご紹介です。

【スポンサー リンク】

カルーセル麻紀の今現在!

今現在、TVに出演され面白いトークで楽しませせくれていますね!!

この間の「5時に夢中!」でのトークでは、母乳が出る(^o^;

なんて言ってましたよね~

思わずビックリしたんだけど!!なんで?

ましてカルーセル麻紀が妊娠した・・それも森進一さんの子供を!!(ToT)

なんてことも週刊誌に出たりして・・・。

実際に出るそうなんですが、ホルモン入れすぎると、乳輪が妊娠した

状態になるからでるそうで・・。

「女は1日にしてならず」麻紀さんのアメブロ。

足に入れてるtattooはフランスに居た頃に入れたそうなんです。

色っぽくてお綺麗なカルーセル麻紀さんですが、最近ではカバちゃん

も綺麗になりましたよね~何とか・・一華と言うお名前になったとか?

熊本の高校を中退していて・・友達の後輩でもあるんですが・・

振付師としても有名です。

若い頃や結婚は?

カルーセル麻紀さんは、1942年北海道釧路で生まれます。

カルーセル麻紀さんの本名の「哲男」と言う名前は父親が付けたそうで

麻紀さんの父親はとても厳しく太平洋戦争で敵国と徹底的に戦う男に

なるようにとの願いから「哲男」と名付けたそうです。

しかし、カルーセル麻紀さんは幼少の頃から、女性的趣味を持っていたそうです。

釧路北中学校を卒業し北海道釧路北陽高等学校に進学しますが中退。

その後15歳で家出したそうです。

家出をした麻紀さんは札幌市のゲイバーに勤務したそうです。

15歳と言う年齢をごまかしていたんですかね?

青森県弘前市のショーパブに変わり大阪に行ったそうです。

大阪で努めたお店の名前は「ガーゼル」と言う名前だったそうで

そこでの源氏名が「麻紀」だそうです。

その後、銀座のお店でも勤務していたそうです。

カルーセル麻紀さんが除去手術を受けたのは19歳の頃だそうで

その後モロッコで性転換手術を受ます。

日本で始めて性転換手術をされた方ですよね~

術後に40度以上の高熱が続き生死をさまよった程だったようです。

その後パリへと渡ります。

麻紀さんは25歳で歌手デビューしているそうで曲は「愛の横浜」。

2004年に、性同一性障害者特例法施行を受けて性別の変更が認められ

戸籍上も女性となり本名も「平原麻紀」と改名されます。

カルーセル麻紀麻紀さんは、30歳まで本名を言えなかったそうなんです。

今の時代とは違いまだ、ニューハーフやお姉キャラが受け入れて貰えない

時代だったので、9人兄妹のマキさんが親族の結婚式に出席したのは

末の妹さんの時だけだそうです。

兄妹に迷惑をかけるとの思いがあったようです。

現在では全て女性へとなったカルーセル麻紀さんですが

これまでに結婚は?されたのでしょうか?

カルーセルさんの恋愛対象は男性? それとも両方?

まだ体が男だった頃に一度,女性と経験した事があるそうです。

若い頃はかなりモテになったそうですよ!。

どんな男性でもでも落とせたらしい・・(;・∀・)

大阪に居た頃、同時に6人の男性と付き合った事もあったそうです。

【スポンサー リンク】

夫も気になります!

 

パリにいた頃、フランス人の男性と結婚されたとか・・

その方との出会いは、モンパルナスのディスコバーで出会い、熱烈なプロポーズを

されたそうです・・・さすがフランス人(笑)

その方の両親にも会いにも行き、ありのままを父親に話したそうです。

その後、夫も一緒に日本に帰国し2人の生計を支えるために

お店に務めながら、地方のショーや、テレビの仕事もしたようですが

なかなか2人の時間が取れず、夫はヤキモチを焼きいつも喧嘩ばかりに

なっていたそうです・・ヤーネェ・・(ToT)

毎日にうウンザリし疲れた麻紀さんは夫のビザが切れるタイミングを幸いに

半ば強引に帰国させたそうです。

飛行機のチケットも買ってあげ、羽田空港で抱きあい手を振って涙を流しながら

見送ったそうですが、心の中では「二度と来るなよ」って笑顔で

送ったそうです(笑)

その後解放され1人になった麻紀さんは、ハーフのモデルと同棲を始めた

そうなんですね~・・マジ(・・?

男性歴も豊富なカルーセル麻紀さんですが人生でいちばん大切にしている

ものは親だそうです。

ゲイの世界も、性転換手術も、恐いものなしで生きてきたと麻紀さんは

言います。

麻紀さんがいつも怖れていたのは母親がいなくなる事だそうで

「いつか、かあさん死んじゃったらどうしよう」って考えただけで

泣けてくるほど、母さんっ子だったと話しています。

カルーセル麻紀さんの母親はは93歳で亡くなったそうです。

一番理解して、何をしても許してくれて愛してくれた母親が居たから

どんなに辛い目にあっても、マスコミに叩かれても自分を信じて強く生きて

来られたれたそうです。

今カルーセル麻紀さんが考えている事は「カルーセル麻紀としての死に方」

自分が亡くなった後も後もずっとカルーセル麻紀であり続けたく

時々、戒名をどうしようか考えるそうです。

男性だと・?居士・?信士女性だと・?大姉・?信女」が一般的だそうですが

カルーセル麻紀さんは男と女の両性を生きた自分はどうなるのか?と

今から楽しみにしているそうです(・∀・)・・おんなでは!?

まだまだお綺麗なカルーセル麻紀さんこれからのご活躍も

楽しみにしています\(^o^)/

【スポンサー リンク】

コメント