十朱幸代の今現在は?病気も気になる!父母や昔の若い頃も解説!

ひとりごと
この記事は約6分で読めます。

こんにちは!今日は昨日とはうってかわり肌寒い熊本です。

「徹子の部屋」でのゲストで十朱幸代さんが出演されるようですね。

久しぶりに画面で拝見でき楽しみなんですヽ(´エ`)ノ

何時見ても年齢を感じさせない若さを保っておられる十朱さんです。

そんな十朱幸代さんについて少しご紹介させてもらいます。

今現在どう?されているのか?昔の若い頃なども気になるところです。

【スポンサー リンク】

十朱幸代の今現在は?

十朱幸代さんと言えば、美人だけどチャーミングでもありカワイイ女性の

イメージです。

シーチキンのCMにも出演されていた記憶があり、やっぱり印象に残っているのは

岩下志麻さん後の「極道の妻たちII」ですね・・・・。

あんな綺麗な「姐さん」なら若い衆はメロメロ・・・(゚∀゚)アヒャ

松本清張さんのドラマや時代劇なども多く出演されていました。

この数年、TVで見ることがなくなった十朱幸代さんですが、

今現在はどうしているんでしょうか?

徹子の部屋に出演され久しぶりにTVで見る事ができ楽しみなんですが

徹子の部屋でのトークでは、お母さんの遺品整理から始まり何やら・・・

自身の持ち物整理を始めた・・とかで。

他にもお話が聞けそうなので、詳しいお話は後に情報追加しますね。

なかには気になる事もあり・・・

重病説なんて言われていた事があったりです。

そんな所も調べてみました。

病気も気になる!

十朱幸代さんは、1942年11月23日生まれで今年75歳になるんですね。

73歳の頃までは舞台に立って居たそうですが、長年の疲労蓄積で変形した両足の

くるぶしに腰の骨を移植する・・・と言う大手術をされたそうで5ヵ月間の入院生活を

送っていたそうなんです。

退院後は、直ぐ歩く事ができず約半もの間、車イス生活をされていたそうなんです。

その後の1年、休養を余儀なくされた為に仕事も思うようにできなかったそうで・・・

大変だったですね。

そのせいで、死亡説や病気などの噂がネットで流れたようです。

十朱幸代さんのインタビュー記事では・・・・

「ファンの方にはご心配をおかけしましたが今ではすっかり完治しており

元気そのものですよ。

ここ数年は一人芝居(椅子に座って台本を手に演じる朗読劇)をライフワーク

にしています。」・・とありました!!

十朱幸代さんの今現在は、仕事が休みの時には友達と旅行に出かけたり

友達と会い一緒に過ごす時間が増えたそうで楽しく過ごされているみたいですね!

父母は?

十朱幸代さんの父親は十朱久雄さんと言われ俳優さんでした。

本名は小倉久雄さんと言われたそうです。

1908年9月8日生まれ、明治41年生まれですね

法政大学経済学部に進学されたそうです。

1930年(昭和5年)に大学の先輩とテアトル・コメディの創立に参加し

「ジャン・ド・ラ・リュンヌ」の主役で初舞台を踏んだそうです。

1933年(昭和8年)に大学を卒業。

1936年(昭和11年)にテアトル・コメディが解散します。

その後同年東宝新喜劇に入りムーラン・ルージュに入団され1937年(昭和12年)

奈良の繊維会社に事務員として入社され、芸能界を一時引退されたそうです。

1946年(昭和21年)・・・戦後ですね・・ラジオに出演し芸能界復帰されます。

1950年(昭和25年)には劇団文学座に客員として入り舞台に立ったそうです。

1951年(昭和26年)映画初出演されます。

十朱幸代さんの母親の情報は何もなく、一般の方だと思います。

同じ劇団の方だったのかも知れませんね。

1939年(昭和14年)に結婚されています。

十朱幸代さんは父親に連れられてテレビ局に出入りしていた所をスカウトされ

たそうで父親と一緒にクイズ番組に出演し芸能界デビューされたそうなんですね。

又それも珍しい・・・。

十朱久雄さんの事を知るご近所のおばちゃんの話では、あの頃の俳優さんでは

人気があり3本の指に入る程男前だったそうです(笑)

脇役として活躍され、お洒落でキザな「中年の都会人」を演じさせたら十朱久雄

さんを超える俳優さんはいなかったそうです。

1985年(昭和60年)12月肺がんの為お亡くなりになられます。

【スポンサー リンク】

結婚は?

美人でカワイイ十朱幸代さんですが、結婚されていたようで

お相手は小阪一也さんと言われ俳優さんでもあり歌手の方でした。

太陽にほえろやGメン75にも出演されていました。

十朱幸代さんとは長年、同棲されていたそうで、1974年1月に挙式されたようですが

入籍はしておらず事実婚だったようです。

その後十朱さんとは別れ、一般人の方と結婚されたそうですが

1997年11月に食道がんの為お亡くなりになられます。

十朱幸代の恋人と噂された方で西城秀樹も有名ですよね。

一回りほどの年齢差で周囲は猛反対した・・なんて事も当時はあったようですが

一緒にゴルフに出かけたり食事や旅行も一緒だったようですね。

美人でカワイイ十朱幸代さん。

西城秀樹さん以外にも要潤さんや原田龍二との噂もあったようですね。

それだけオモテになると言う事ですよね・・羨ましい!(^o^)

昔の若い頃も解説!

十朱幸代さんは1983年、NHKのドラマ「バス通り裏」での美容院の娘、元子役で

レギュラー出演され人気女優になったそうです。

木下惠介監督の「惜春鳥」で映画デビューされます。

その後、松竹に在籍され1988年には松竹を退社して日活と年間契約を結びますが

この頃の十朱幸代さんの代表作となったのは東映の山下耕作監督作品の「関の弥太っぺ」

だそうです。

この頃には数多くのドラマにも主演されていたようです。

映画「男はつらいよ・寅次郎子守唄」で13代目マドンナで人気になりました。

男はつらいよと言えば渥美清さん・・・フーテンの寅次郎(笑)

マドンナ役の女優さんも数多くいましたね。

吉永小百合さんや、現在お昼のドラマ「やすらぎの郷」に出演されている

浅丘ルリ子さん、大原麗子さん、桃井かおりさんなど・・超有名女優さん

ばかりですよね(笑)

2016年12月23日には「シェイクスピア物語・~真実の愛~」にで出演され

十朱幸代さんは、エリザベス女王役。

シェイクスピア役は・・上川隆也さん、ヒロイン・・ヴァイオラ役に観月ありささん。

エセックス卿役は・・藤本隆宏さん、母マーガレッド役に・・小川菜摘さん。

ヘンズロー役に。。秋野太作さん、ネッド役には・・A.B.C-Zの五関晃一さん

などが出演されたそうです。

これからのも舞台もたのしみですね!!

ドラマなんかにも又出演されると嬉しいです!(^o^)!

【スポンサー リンク】

コメント