孫崎百世(ボートレーサー)にはスキーや看護師の経歴が!両親もリサーチ!

ひとりごと
この記事は約6分で読めます。

こんにちは!今朝は雨が降り、なんだか静かに思える朝になりました。

久しぶりの雨・・連休からずっと暑かったので恵の雨ですね(^^)

今回ご紹介したい方は「人生デザインUー29」に出演の

孫崎百世さん(ボートレーサー)です。

現在、日本に女性ボートレーサーは175人程いるそうですが想像していたより

女性ボートレーサーが多いので少し驚きなんです。

ボートレーサーになるのは国家資格が必要なので、取得される前の方などを含めると

まだ多いかもしれませんね。

孫崎百世さんは琵琶湖でデビューした新人レーサーなんです。

孫崎さんと同期は1着を取り始めているそうですが、なぜか?

孫崎さんだけが1着を取れないそうです。

「人生デザインUー29」そんな事を放送するようで楽しみなんですが・・。

ボートレーサーの世界ってかなり厳しいようでどう言うルートを歩むのか?

全く知らなかったので少し調べてみました!!

まず、資格検定試験は、だれでも受験できますが資格検定試験に合格する

必要があり,ボートレーサーの養成学校で1年間の訓練を受けなければ合格は

難しいそうなんです・・。

養成学校は「やまと学校」と言い福岡県柳川市にあるそうです。

「やまと学校」に入学し、1年間、授業や訓練を受けることが唯一のルートと

なっているそうなんですね~。

「やまと学校」の入学式は年に2度あるそうで4月と10月なんだとか。

しかし、入学試験の倍率は、40倍前後とかなり高いそうなんです。

そんなに~(・∀・)なんて・・

狭き門でおどろき!!

「やまと学校」の入学試験、一般試験は第1次(学科と体力試験)

第2次(身体検査、適性試験、体力試験)第3次(面接、身体検査、適性検査)の

3回あるそうなんで学科試験のレベルは中学校卒業程度となっていますね。

実技試験は、4泊5日の宿泊合宿内で行われ基準をクリアし、試験に合格する

と「やまと競艇学校」で競艇選手としての基礎を学ぶ事になるそうですよ。

ここまで来るだけでもかなり大変ってわかりますね~

(T_T)すごい世界や・・。

まだまだ難問があるようでそんな狭き門をくぐり抜けた孫崎百世さん

ボートレーサーになったきっかけは・・なんと・・・

「厳しい世界に興味がわいた」という理由だけなんだとかで、これ又ビックリ

ですが、それだけではなく孫崎さんはボートレーサーに至るまで、全く別世界

に居た経歴をお持ちの方だったんですね~

ご紹介します。

【スポンサー リンク】

スキーや看護師の経歴が!

現在、孫崎百世さんは競艇の「日本モーターボート選手会」滋賀支部に

所属されています。

3歳でアルペンスキーを始め、中学3年生の時には北海道中学大会で8位入賞し

スポンサーがつくほどのスキーの技術があるそうです。

中学を卒業後ニュージーランドに高校に留学します。

英語を習得するのに孫崎さんは、朝から晩までアルバイトをしたそうなんです。

ニュージーランドでもスキーをしていたようで、帰国後はスキーメーカーから

用具を提供されるまでになったそうです。

スキーを極めて居たのですからそのままスキーの道に・・・と思いきや

帰国後、京都市内の看護学校に通って看護師として働くんです。

スキーから看護師・・全くの別世界。

なぜ?って思うのですが・・・看護師になった理由は「厳しい環境に身を置いて

学びたい」と言う事だったそうなんですね!

京都市内の病院の救命救急センターで4年間勤め「海外にはもっと苦しんでいる人が

たくさんいる」との思いが強くなった孫崎百世さんは、国際ボランティアも始めたそうです。

そんな中、同僚と琵琶湖、競艇場に行きそこで目にした

競艇の迫力に心を奪われたそうなんですね・・・。

それから少しずつ、国際支援の現場はすぐに見つからない上に資金をためてから

現地に行く方が現地のためになるのではないか?

などと考えが変わっていったそうです。

国際支援への思いを残しながらボートの魅力も強い、孫崎さん。

しかし、今しか出来ないボート・・・

孫崎さんは選手になることを決めます。

2016年6月「やまと学校」に2度目で合格します。

競争率は35倍だったそうで、孫崎百世さんは第119期生で最年長でここから1年間の

訓練の始まりです。

2016年11月29日~12月4日のデビュー戦は、8レース出場したそうで6回が最下位となり

2回の失格と言う結果に終わったのでした。

レースでは男女の区別がないそうです。

6選手が600mを3週し技術や経験が必要になる世界。

孫崎さんは自身で「始めた年齢が遅く人の2倍努力しないと勝ち残れない」

と言っています。

又「ボートに乗っているとアドレナリンが出て楽しい」・・・とも言っています。

自らを厳しく律し50歳まで続けていくそうなんです。

「レーサーになったのは運命!!がむしゃらにやりたい」とも。

スキーや看護師の経歴から、ボートレーサーへと異色の経歴をお持ちの

孫崎百世さんですが将来は、賞金を稼ぎ、発展途上国で人のために尽くしたい

と話しています・・又極めて欲しいですね。

両親もリサーチ!

孫崎百世さんの両親についてです。

孫崎さんのニュージーランド留学は両親の勧めでもあったそうでとにかく、

スリルや刺激を求めて生きて来たと言う孫崎百世さんの父親と母親はどんな方なのか

知りたく色々と探してみましたが残念ながら分からなかったですね~。

同じ親として素晴らしい育て方をされているな~と尊敬してしまいます。

3歳でアルペンスキーを始めた孫崎百世さんですが、スポーツって母親より

父親が教えるほうが多いですよね!

特にアルペンスキーなんて・・・誰もが教えるなんて難しいのでは?

出身が北海道だそうですから。

父親と一緒に始めたのではないかと想像するんですね~

間違っていたらm(_ _)m

アルペンスキーは・(DH)滑降・(SL)回転・(GS)大回転・ (SG)スーパーGの4つで

滑降とスーパーGは高速系、回転と大回転は技術系と呼ばれるそうなんです。

なんだかCMのでよく見たりしますが、そんな難しいことを3歳から始めたんですよね。

すごい!!

ボートレーサーの世界も駆け引きが必要な勝負の世界ですよね、勝負の世界は

何でも人並みでは行かない程大変です。

では孫崎百世さんのプロフィールをご紹介します。

【スポンサー リンク】

プロフィールを紹介!

プロフィール

・名前・・・・孫崎百世

・生年月日・・1988年10月23日生まれ

・身長・・・・154cm

・体重・・・・45kg

・血液型・・・A型

・出身地・・・北海道

・登録番号・・4941

・支部・・・・滋賀

・登録期・・・119期

・級別・・・・B2級

ボートレーサーの殆どの方が10代から20代の前半でデビューするそうですが

孫崎百世さんは28歳の遅咲きデビューです。

レースに負け続け先輩に頼んで特訓をしてもらう事もあったそうです。

日本のあちこちに行きレースをする孫崎百世さん

怪我や事故なく頑張ってほしいいですね!応援しています\(^o^)/

【スポンサー リンク】

コメント