やすらぎの郷(ドラマ)第5話も気になります!あらすじを解説!

2018年7月21日

こんにちは!曇り空の熊本です。

日が落ちるのも段々遅くなってきましたね。

町内では、夕方5時には時間を知らせる音楽が鳴るんですが

その音楽も3月までは冬時間の5時でしたが4月に入りもう夏時間の6時に

変わりすっかり冬時間に慣れていた子供達。

後1時間遊べる\(^o^)/・・なんて。

子供って面白いですね。

さてさて今回も楽しみにしている「やすらぎの郷」ですが

この第5話から面白くなってきました。

昔懐かしい俳優さんが続々登場されます。

では、宜しければどうぞ!\(^o^)/

【スポンサー リンク】

第5話も気になります!


懐かしい俳優さんが登場し始めました。

・ミッキー・カーチスさん、山本圭さん、八千草薫さん、加賀まりこさん

浅丘ルリ子さん、常盤貴子さん・・・。

このドラマで話題になっていた石坂浩二さんと浅丘ルリ子さんの

ハグするシーン。

この第5話で見ることができたんです\(^o^)/

画面で見る浅丘ルリ子さんは少しお痩せになった様に感じたのですが

昔からのオーラは変わりませんね。

第5話キャストのご紹介です。

・菊村栄・・石坂浩二さん

・真野六郎・・ミッキー・カーチスさん

・岩倉正臣・・・山本圭さん

・白川冴子・・浅丘ルリ子さん

・水谷マヤ・・・加賀まりこさん

・松岡信子・・常盤貴子さん

・九条摂子・・八千草薫さん

・及川しのぶ・・有馬稲子さん

【スポンサー リンク】

あらすじを解説!


老人ホーム「やすらぎの郷」は東京ドーム30個分の広さ。

部屋を案内する松岡信子(常盤貴子)菊村に用意されていた部屋・・コテージ。

いよいよ「やすらぎの郷」に入園した菊村栄。

部屋のドアを開けると、海が広がり夕日が映る、綺麗な景色を目にする。

早速、真野六郎(マロ)・・・真野六郎は昔人気のあった個性派俳優。

真野は、昔賭博常習犯で何度も捕まった経験の持ち主。

菊村の部屋を訪ねてきた・・真野もこのやすらぎの郷の住人。

次に岩倉正臣(大納言)・・・東日TV大納言シリーズで70年代人気が

あった俳優・・も、菊村を訪ねてきた。

部屋の素晴らしさと昔の仲間との再会・・嬉しさのあまり戸惑う菊村。

3人はBARカサブランカに行くことに。

そこに九条冴子(姫)が背中越しにテラスで海を眺めていた。

戦前からの生き残りの大スター。

3人はカサブランカでカクテルを注文する。

菊村が注文したカクテルはラスティーペン=錆びたペン

財前ゆかり(ハッピー)ちゃんと自己紹介をする菊村。

真野六郎(マロ)は菊村が入居した203号室部屋に、以前栗山たか子

が入居していた事を説明し始める。

栗山たか子は晩年の大スターだったが既になくなっている。

栗山たか子が亡くなった後、その部屋に浅丘ルリ子(お嬢)が

入ったが3ヶ月もしない間に出てしまった。

そこに水谷マヤ(加賀まりこ)が店へ・・。

白川芽子(お嬢)浅丘ルリ子も店に。

5人で飲み始め昔話しに花が咲き姫が菊村にシナリオはもう書かないの?

と訪ねた。

菊村は躊躇しながらも・・書く気になったら書くかもしれない・・と。

私の為に書きなさい!俺の為にも・・と期待される菊村。

しかし、話題は203号室の部屋の事に・・・。

でる!!・・栗山たか子の巨大な顔が・・。

鏡台の前に栗山たかこの座った姿が・・・猫の声の後に・・。

5人は亡くなった大村のおじいちゃんに献杯。

ピアノを弾きながら・・大村のおじいちゃんの好きだった歌が聞こえてくる。

ピアノ有馬稲子(及川しのぶ)

菊村が入園した1日目の出来事だった。

来週からさらに面白くなっていきますね。

でる!!・・は本当なんでしょうか?次回をお楽しみに!!

【スポンサー リンク】
関連コンテンツ