石坂浩二の今現在は?離婚の理由や浅丘ルリ子とのドラマ共演も気になります!

2017年9月23日

こんにちは、小雨が降るあさになりました!

もうすぐ4月とは言えまだ肌寒いですね。

この間の引き続きで、我が家の大掃除なんですが未だ何も片付いてない(TдT)

あれあら何日過ぎた?

早くせんと4月になる~

今日は片付けるよ~と娘との会話。

娘に言うのはいいけど、こっちが体うごかないんですけど!!

そんな事はいいとして今夜のミラクルナインに元、夫婦・・

石坂浩二さんと浅丘ルリ子さんが出演されますね・・。

こちらの方が気になる!

加賀まりこさんも出演されるようですが・・・

その後のお2人は??

石坂浩二さんは、まだお若く、全く年齢を感じさせず以前と全く変わってない

ようですが、お何歳になったのかしら?

なんて思いながら今回は石坂浩二さんの今現在や離婚の理由について

ご紹介したいと思います。

【スポンサー リンク】

石坂浩二の今現在!

石坂浩二さんの今現在ですが、初の自伝「翔ぶ夢、生きる力」

が話題となっていますね。

芸能界のステキな話、あの女優、この監督、プライベートでの出来事

趣味の飛行機への熱い想いなどが綴られた自伝。

廣済堂出版から1620円とお値段もリーズナブル。

書店に立ち寄られた際には1度手にされるのも良いのではないでしょうか?

石坂浩二さと言えば「開運!なんでも鑑定団」降板なんて事がありましたよね。

今田耕司さんとの不仲説や、陰湿なイジメを受けている。

なんて女性週刊誌で報じられたりと。

この事で沈黙を貫いてきた石坂浩二さん。

この石坂浩二さんの沈黙は、ネット上でもかなり取り上げられ、石坂浩二さんに

かなりの同情の声が上がっていたりしたんです。

実際の降板理由と言われる出来事は、番組内で石坂浩二の名物コーナーも廃止され、

石坂さんのコメントが意図的にカットされていた。

と言う事にあったようです。

「開運!なんでも鑑定団」を境にテレビお見かけする事が、少なくなった石坂浩二さん。

今現在は、自伝を出筆されたり、趣味の飛行機を作られたりと充実された

日々を送っておられ、またドラマの撮影などでも忙しくされているようですね。

2001年には水戸黄門、4代目水戸光国役で活躍され、インテリ黄門様など

と呼ばれてました。

また、石坂浩二さんと言えば、芸術家の一面もお持ちで、油彩画二科展では

連続入選経験をお持ちです。

石坂さんは、絵をハガキに描いたものなどがオークションされてますね。

終活季刊誌「ソナエ」の表紙は石坂さんがデザインされた物なんです。

ソエナは産経新聞社がが発行する終活季刊誌なんですが、2017年春号の

特集は「喪主」を特集しています。

特集「突然喪主になっても困らない」・日程・会場・訃報連絡・挨拶…

イザ!と言うとき困らないために・・。

「やることチェックシート!」などがオマケとし付いているそうで

1冊あると助かります。

離婚の理由は?

石坂浩二さんと浅丘ルリ子さんの離婚についてです。

浅丘ルリ子さんのインタビューを読んだのですが、石坂浩二さんと結婚し

5、6年が過ぎた頃、石坂浩二さんが「アトリエを持ちたい」。

と言ったそうです。

自宅とは違う部屋を借りるも石坂さんは、そのアトリエ部屋に寝泊まりする様になり

浅丘さんは「ああ、そう言うことなのね……」と思ったといいます。

その時には案の定、石坂さんに彼女が居たそうです。

しかし、この事が始めてではなかったそうで、浅丘さんは最初のうちは腹が立った

らしく、辛い思いもしたそうです。

「そのうちに熱が冷めるまで放っておこう」と、思うようになった浅丘ルリ子さん。

そう言う、夫婦生活が何年も続いたそうで、ある日、石坂浩二さんが

「いつも家にいてくれる人と一緒になって、子供もほしい」。

「母も引き取って一緒に暮らしたい」と言ったそうです。

お2人の離婚話は、以前からずっと出ていた様な、記憶があります。

浅丘ルリ子の今現在と昔の若い頃!夫と子供も気になります!

子供も欲しい・・ってなんかだかキツイですね。

浅丘ルリ子さんは最初、かなり動揺したそうですが、最終的にはわかりました。

と言ったそうでその後、石坂浩二さんは年の差22歳もある元劇団員の方と

1月1日に入籍します。

離婚から5日後の超スピード再婚でした。

年前から交際していた22歳差の37歳。

入籍した方は、石坂の主宰劇団「急旋回」出身の元女優さんで十数年前から

の知り合いだったようです。

石坂さんは4年前から石坂さんの両親のため、食事を作るなどの世話をして

くれていたと話していました。

結婚生活30年目で離婚されたお2人ですが、浅丘ルリ子さんは、石坂さんとの

生活は得たものばかりで、失ったものは何ひとつなかったそうです。

石坂さんからは絵の事、星座の事、料理の事、女優と家庭の両立がいかに、大変か!

と言う事まで教わったそうです。

浅丘ルリ子さんは子供が物凄く好きだそうです。

しかし浅丘ルリ子さん自身、結婚をしても自分が母親になる事は考える事が

なかったそうです。

女優という仕事に没頭していたそうです。

何となく分かる気がしますね。

石坂浩二さんの安らぎが浅丘ルリ子さんではなかったようですね。

【スポンサー リンク】

ドラマ共演も気になります!

4月3日スタートの昼ドラ「やすらぎの郷」脚本、倉本聰さん。

テレビ人専用の老人ホーム中高年層向けのオリジナル作品となっており

浅丘ルリ子さん、八千草薫さん、有馬稲子さん、加賀まりこさん、五月みどりさん、

現在はお亡くなりになられた野際陽子さんと言った大女優さんが勢揃いし

こちらも又話題を呼びました。

浅丘ルリ子さん元妻と元恋人の加賀まりこさんと共演する石坂さんの事も

大きな話題となりました。

元、夫婦共演が気になる所なんですが、それだけでなくお2人が離婚された

のは2000年。

再会されたのが17年振りだそうで、ドラマの中で浅丘ルリ子さんが石坂浩二さん

に抱きつくシーンも話題となりました。

「やすらぎの郷」は9月29日最終回を迎え15分拡大の45分となります。

最終回がたのしみです。

では石坂浩二さんのWikiプロフィールのご紹介です。

 

 

Wikiプロフィールを紹介!

 

プロフィール

石坂浩二・・本名・武藤 兵吉

生年月日・1941年6月20日生まれ(76歳)

身長・177センチ

血液型・O型

石坂浩二さんのデビューは通行人のエキストラデビューだそうです。

1966年慶應義塾大学、法学部、法律学科卒業をされ翌年「泥棒たちの舞踏会」に出演し

演出家の浅利慶太さんからスカウトされ「劇団四季」へ入団します。

劇団四季在籍中、石坂浩二さんが台本or作詞を手がけた子供向けミュージカル

「王子とこじき」は石坂さんが退団後の2014年にもファミリーミュージカルの

演目の1つとして引き継がれているそうです。

石坂浩二さんは長年、映画出演と演出助手と多忙だった為1967年胃潰瘍を患い

劇団四季を退団されるのです。

石坂浩二と言う芸名の由来ですが、親友の大空真弓さんが決めたそうなんです。

大空真弓が好きであった作家、石坂洋次郎と俳優、鶴田浩二から取って決めたそうです。

出演ドラマや映画、CM、著書など豊富にありすぎて書き、きれないほど有りすぎるので

省略します。

【スポンサー リンク】
関連コンテンツ