小倉優子の再婚が気になります!結婚と離婚の原因も調査しました!

 

こんばんは!小倉優子さんが久しぶりにTV出演されますね。

「こりん星」なんて・・言ってキャピ!キャピ!していたゆうこリンも

今では2児のママに。

先日、結婚生活にピリオドをうった小倉優子さん。

この3月から仕事にも復帰され子育てと両立して行く訳ですが・・・。

小倉優子さんのブログには、お料理も沢山出てきて、「いい妻」頑張ってると思って

いたんですが残念です。

幸せになるために小倉優子さんが決めた道ですね!!応援します!!

今回ご紹介の方は2児のママになった小倉優子さんです。

【スポンサー リンク】

小倉優子の再婚が気になります!

 

ついこの間離婚を発表した小倉優子さんですが、もう既に、小倉優子の再婚???

なんて噂が・・・。

マジ?もしかしてダブル・・・?小倉優子さんの再婚が気になります!

ドヤドヤと調べてみるとなんと、小倉優子さんが結婚するまえにお付き合いをしていた

濱口優さんが浮上していたんですね~確かに・・・・そんな事ありましたね~。

しかし現在、濱口優さんは、アッキーナ、南明奈さんと交際中ではなかった?

わからないですね~・・最近アッキーナはTVに出てる?

アッキーナと言えば全くお水を飲まない方なんだそうですが・・・。

この内容は分かり次第お伝えしますね!!

【スポンサー リンク】

結婚と離婚の原因も調査しました!

 

結婚についてです。

小倉優子さんの結婚報道があったのは2010年に開催されたイベントで美容師の菊池勲

さんと結婚を前提に付き合っている事を発表したんですね。

カリスマ美容師などで結構有名になりましたが・・・。

菊池勲さんは解散したSMAPのメンバー稲垣吾郎さんや堤真一さんらの人気俳優の

ヘアー・メイク担当するカリスマ美容師で、菊池勲さんと小倉優子さんはお付き合い

当初始め「1ヶ月はお試し期間」とやらがあったそうなんです。

翌年の2011年10月10日ハワイで挙式されます。

小倉優子さんが結婚を決めたきっかけは、金銭感覚だったようで2人とも凄腕のFX投資

家で、小倉さんは「一生かけて資産運用ができる理想の相手を見つけた」と喜んでいたそ

うです。

しかし小倉優子さんは、結婚当初から菊池さんの女性関係を疑っており会食の際には

「証拠写メ」を送ったそうです。

小倉優子さんの離婚の原因についてです。

小倉優子さんは2017年3月3日に離婚をされていますが雛祭りですね・・何か意味があって

雛祭りの日にされたんですかね?・・わかりませんが。

離婚の原因についてですが、夫の女性問題だと。

夫婦不仲説は前々から噂されて居たようですが・・・。

2011年に結婚し2012年には第1子を出産され2016年8月第2子妊娠発表後に

夫の女性問題が報じられました。

お相手は小倉優子さんの所属する事務所の後輩タレントでアイドルグループ・ユルリラポの

メンバーの馬越幸子さんと(週間文春)から報じられてます。

同年11月に出産されます。

小倉優子さんの離婚の慰謝料について「高額な慰謝料」と「慰謝料なし」と2通りの情報が

あったんです。

慰謝料は、7000万と言う説と、小倉優子さんは離婚を弁護士に依頼はせず、自身で話し

合いで離婚した事を理解してもらいたく慰謝料なしと言う説が出たようです。

美容院経営者の菊池勲さんは結婚当初、年収8000万円のカリスマ美容師っと報道されて

いるのですが実際には、雇われ社長だったそうです。

そのためにの菊池勲さんは副業として芸能人のヘアー・メイクも行うようになったそう

です。

小倉優子さんは以前から海外に、別荘を持っているようでローンの残金5000万円があり

そのローンをの菊池勲さんが全額支払う事になったそうです。

しかし、今現在小倉優子さんが住んでいるマンションの家賃80万円と生活費20万円

合計100万円も菊池勲さんが子供の養育費として支払う事を合意したそうです。

毎月100万円・・・・驚く金額ですが、それだけ稼いでいるのでしょうね!・・(ため息)

また、別荘を売った時の売却益は小倉優子さんに返却されるそうなんですね~。

実際離婚に踏み切った大きな理由は、小倉優子さんの小倉の「手料理批判」が決め手

だとも言われています。

菊池勲さんは、お見せのお姉さん相手に「料理本を出してるくせにマズいんだよ」

と暴言を吐く・・・・など。

しかし色々読んでみると、小倉優子さんは、家庭料理なのに盛り付けにこだわりまくり

1センチどころか1ミリのズレだって許さない・・・と言う小倉さん完璧主義者の性格で

菊地さんが息が詰まったとも報道されています。

どちらにしても新しく人生を出発された小倉優子さんです2人の子供さんのためにも

頑張ってほしいですね!

【スポンサー リンク】

 

関連コンテンツ