中原さおり(日赤小児外科医師)の出身大学と高校は?夫と子供も気になります!


こんにちは!今日もいいお天気でしたね。

この3連休お出かけの方も多いのではないですか?

我が家ではこのお天気に大掃除!!家中のありとあらゆる場所を片付けないといけません。

年末の寒い時期大掃除をやりたくなく春にはいつもの事なんですね。

娘の部屋の不用品・・多いんです。

着ていた洋服もいつの間にか小さくなり・・こんなに大きくなって・・なんて

思いながらの1日でした。

さて、今回ご紹介する方は中原さおり(日赤小児外科医師)です。

この方も女性のスーパードクターですね!!

妻でもあり母親でもあり凄いドクターらしいのですが・・・。

ではご紹介します。

【スポンサー リンク】

出身大学と高校は?

中原さおり(日赤小児外科医師)の出身大学は筑波大学で1989年卒業され

同年、東京大学附属病院小児科の医師として働きます。

出身高校は分かりませんが、ドクターなので偏差値の高い高校を卒業されている

事と思います。

卒業後2年めに結婚されご主人の仕事の都合でアメリカに渡米し中原さおりドクターは

3年間渡米留学で臨床や研究を勉強されます。

帰国後北里大学外科助手、小児科講師を経て東京大学附属病院小児外科に入局され

現在は日本赤十字病院小児外科部長として勤務されています。

・1989年筑波大学医学部卒業

・同年東京大学小児科、入局

・1994年、米国留学

・2002年、東京大学、大学院終了・・北里大学外科助手、小児外科講師を経て

・2006年、東京大学医学部附属病院小児科入局

現在、日本赤十字病院、小児外科部長

【スポンサー リンク】

夫と子供も気になります!


夫は国家公務員で名前は分かりません。

ご主人の仕事の都合で3年間アメリカに渡米されその時長男を出産されます。

現在ご長男の方は大学生になっている年齢と思うのですが名前はわかりません。

中原さおりドクターと同じ医学の道を歩まれているのかしら?

帰国後は、まだ大学院生だった中原さおりドクターですが次男を出産されます。

次男の方は現在高校を卒業される年齢だと思います。

次男のかたの名前もわかりません。

中原さおりさんは日赤小児外科医師ですが小児外科ってどんな病気を治療するんですかね?

小児外科をもう少し詳しく言うと小児一般外科と言うそうなんですが

呼吸器(気管・肺など)消化器(食道から肛門までの消化管・肝臓・膵臓など)

その他のお腹の中の臓器(腎臓・脾臓など)皮膚軟部組織まで小児外科なんだそうです。

知らなかった・・・・小児外科と一言で言っても凄いですよね~。

脳神経外科の病気や整形外科の病気は小児外科で扱うことは、ほとんどないそうです。

中原さおりドクターは臨床研修指導、直腸・ぼうこう機能障害

小腸機能障害、小児慢性疾患、難病指定医なのでありとあらゆる病気を直しておられるんですね。

小児難病ってどんな病気があるのですかね?

代表的に知っているのは小児白血病や小児川崎病、小児腎不全などありますが

白血病は中でも一番多いとされるがん急性白血病です。

腎不全と聞くと大人・・ある程度お年の大人の病気と認識しているのですが小児もあるそうです。

中原さおりドクターの活躍でで多くの子供の病気が早く治るといいですね

【スポンサー リンク】
関連コンテンツ