アリーナ・ザギトワの平昌オリンピックが気になる!父親と妹も紹介!

2018年2月13日


こんばんはチャチャチャです。

今日はお昼頃から雨になった熊本です。

3連休に入り1日は娘と何処かに出かけようと予定していたのですが、

予定は未定でやっぱり娘に友だちとの予定が入ってしまいました。

さて、話は変わり北京でフィギアスケート世界ジュニア選手権最終日が行われやっぱり、

ついつい見たくなりますよね。

本田真凜さん(15歳)女子SP、133・26点=合計201・61点の2位でしたね。

よく頑張ったではありませんか!!・・・・。

涙がでましたね~(´Д⊂グスン

真凛さんの笑顔と涙が見る事の出来た選手権でした。

真凛さんのピンクのコスチューム、アリーナ・ザギトワの赤いコスチューム綺麗でしたね。

日本のフィギアスケート選手もご紹介したいのですが、

今回ご紹介したいのはロシアの選手アリーナ・ザギトワさんをご紹介します。

平昌オリンピックも気になるところです。

【スポンサー リンク】

平昌オリンピックが気になる!

さてもうすぐ平昌オリンピックも開催されます。

ロシアのアリーナ・ザギトワ選手(15歳)は、ジュニアグランプリファイナル女王と言う

言葉そのもので、SP・フリーと1位で世界歴代最高、合計208・60点で初優勝。

ロシアの方なので顔立ちは大人っぽく見えますが、まだ15歳ですよ!

15歳と言うと中学3年生か高校1年生です。

では、次に平昌オリンピック!!と考えてしまい気になります。

そんな訳で、ネットなどでアリーナ・ザギトワの平昌オリンピックに対する

自身の感想などを調べてみました!

これまでの試合などでも、ただ目の前の事を自分の持つ力でやるだけ!

今回の優勝でのアリーナ・ザギトワは平昌オリンピックの事はあまり

考えておらず、意識せずいつものようにたちのぞんだ!!という事

なんですが、そんなものかな~?なんて・・。

まあ、そうかもしれないですね。

実力と言った方が良いでしょう!

平昌オリンピックを意識していたら今回のような成績になっていなかったのかも?

アリーナ・ザギトワ、70・58点で首位に立っていたんですが

三つのジャンプ全てが基礎点1・1点となる滑りを演技の後半に

盛り込んだ様です。

日本の本田真凜さん、坂本花織さんも好成績を出しているんですが

アリーナ・ザギトワさんにはかないませんでしたね。

ロシア強い!!

平昌オリンピックでの金メダル争いは、2人のロシア選手エフゲニア・メドベデワと

アリーナ・ザギトワといわれているようです。

2人は同じコーチのもとで練習しておりコーチは、エテリ・トゥトベリーゼさん

とセルゲイ・デュダコフさん。

アリーナ・ザギトワとエフゲニア・メドベデワは、練習仲間で又ライバルでもあるんです。

 

アリーナ・ザギトワの所属するロシアのトップアスリート養成学校「サンボ70」

フィギュア選手を国際レベルに育成するのは、・モスクワのCSKAとサンボ70

「ディナモ」高等運動技巧学校(サンクトペテルブルク=ロシアの港湾都市)

の3校といいます。

ロシアでスポーツの成功を考えるのであれば、遅くとも4~5歳で

フィギュアスケートを始めないといけないそうです。

才能のある子は7歳から10歳までにのコーチの目に留まる可能性が

あるそうです。

でスケートリンクはモスクワの南西中心部から車で40分。

フィギュアスケート部門はコニョク・チャイコフスコイとフルスタリヌィの

2つがありアリーナ・ザギトワが練習をしているのはフルスタリヌィ。

アリーナ・ザギトワの様にまだ若い女の子の練習時間は平均6時間から

8時間が当たり前でそれ以上の時間を費やさなければいけないそうですよ!

厳しい世界ですね。

アリーナ・ザギトワはロシア・イジェフクス出身。

2002年5月18日生まれの14歳。

中学2年生ですかね?

152センチと言う小柄な選手なんですが、スケートを始めたのが2007年。

2015年に拠点をモスクワに移し、今までのコーチのナタリア・アンティピナから

現在はエテリ・トゥトベリーゼ・コーチとセルゲイ・デュダコフに変更したようです。

教え子は・モリス・クヴィテラシヴィリ(男子シングル)

・エフゲニア・メドベージェワ・ポリーナ・ツルスカヤなど。

 

【スポンサー リンク】

父親と妹も紹介!

 

ではアリーナ・ザギトワの父親からの紹介です。

父親はアイスホッケーのコーチをしているそうです。

名前はわかりません、その為アリーナ・ザギトワはモスクワの祖母のもとで

暮らしているようです。

そんな事からアリーナ・ザギトワは5歳からスケートを始めたそうです。

きょうだいは妹がいるといいます。

妹の名前はサビーナさんといわれます。

妹サビーナもフィギュアスケート選手ということですが妹のサビーナは

2007年12月17日生まれ・・・まだ10歳

ちなみにザギトワは2002年5月18日生まれ年の差5歳と言う事です。

もしかしてこの先姉妹対決・・なんてありうるかも?です。

とにかくアリーナザギトワが可愛い!!

こらからがますます楽しみになるフィギアスケートですね。

プロフィールを紹介!

ではアリーナ・ザギトワ選手のプロフィール!

2002年5月18日(15歳)

出生地:イジェフスク

代表国: ロシア

身長: 156 cm・体重:?

コーチ: エテリ・トゥトベリーゼ・セルゲイ・デュダコフ

振付師: エテリ・トゥトベリーゼ・ダニイル・グレイヘンガウス

所属クラブ: サンボ 70

2007年6歳の時にスケートを始め2015年12歳で親元を離れモスクワに拠点を移し

エテリ・トゥトベリーゼ一派の門を叩く。

憧れの選手はカロリーナ・コストナー、エフゲニア・メドベージェワ。

リラックマがお気に入りで 日本料理が大好物。

2017シーズン、ジュニアグランプリに出場。

ジュニアグランプリファイナルでは、ショートプログラムと

フリースケーティングでジュニアクラスの世界最高得点をだし

ジュニア選手として史上初の200点超え207.43点で優勝。

初出場のロシア選手権で銀メダルを獲得。

カロリーナ・コストナーの引退と復帰について!結婚は?衣装もチェック!

フリーにおいて全てのジャンプ要素を後半に跳んだ史上初の選手。

赤のコスチュームがお似合いのアリーナ・ザギトワ。

平昌オリンピックがたのしみです!

【スポンサー リンク】
関連コンテンツ