美空ひばりの息子の父親は?弟と養子縁組の真相もリサーチ!

こんにちは!今日は友人とお寺参りに行って来ました。

何が?どうだ!って訳ではないのですが定期的に行ったりする年頃になったと言う

ことかな?・・笑。

家族の健康だったり自分が行き詰まって答えに困った時など・・

長年お付き合いの有るご住職に知恵を頂きにいくんですね。

時々お寺に行くと心洗われるといいますか・・清らかな気持ちになりますね!

[毎日精進して生きていかなければ・・・」なんて・・笑

去年の熊本地震からもうすぐ1年になります。

最近また時々余震があったりするのですが・・今朝も余震がありました。

時々来る余震はビックリしますね。

うちのワンコも地震のことはやっぱり覚えていてワンワン!!と慌て気味。

それでも毎日何事もなく健康で過ごす事が出来ているので幸せです。

今回ご紹介する方は「不死鳥」と言われた美空ひばりさんです。

美空ひばりさんのファンの1人でもあったわたしなんですが今でもあまりに

存在が大き方なので少し烏滸がましい気もするのですが・・・。

先ずは大切なお知らせがあります!!

来月・・・4月5日東京ドームで開催される「美空ひばり生誕80周年記念だいじょうぶよ

日本!ふたたび 熊本地震・東日本大震災復興支援チャリティーコンサート」があるんです。

熊本地震を経験した私は、あの時の事を思い出しながら・・

そんなコンサートを開催していただくんだ~。

と感無量としか言葉がでません・・・ありがたいですね。

美空ひばりさんと言えば昭和を代表する歌手。

私より年上の方でも熊本にファンは沢山いる事でしょう

皆さん喜こばれる事と思います。

このコンサートは「美空ひばり生誕80周年特別企画 in 東京ドーム 不死鳥コンサート2017」

として4月10日(月)19時よりTBS系で放送される事が決定しています。

東京ドームには行けないので絶対録画するぞ!!(^o^)

なんて今からいきこんでるんです。

では、美空ひばりさんのご紹介です!!

加藤和也の今現在!妻と子供は?父親と実母も解説します!

【スポンサー リンク】

息子の父親は?

美空ひばりさんの息子さんは加藤和也さんと言う事は多くの方がご存知だと思います。

では、息子和也さんの父親は誰?って事ですが、美空ひばりさんの実弟のかとう哲也

さんです。

かとう哲也さんと言う名前は、後の芸名で元の芸名は小野透さんと言われました。

本名は加藤益夫さんと言われます。

かとう哲也さんは1957年小野透の芸名でコロムビアより歌手デビューされます。

1958年に東映「ひばりの花形探偵合戦」で映画デビュー。

東映「台風息子 花形三銃士」で初主演し「殴りつける十代」「波止場野郎」

「嵐の中の若者たち」など多く主演されていました時代を感じさせますね。

1960年東映は、第二東映1年後にニュー東映と改称するのですが、1962年ニュー東映は

客が入らず解散します。

その頃には小野透さんの主演映画もなくなってしまったようで美空ひばりさん主演の

東映「民謡の旅・桜島おてもやん」出演を最後に芸能界を引退します。

1963年には加藤哲也さんは大きな組織に入っていたようで美空ひばりさんの自宅に

警察の人が捜査に入った事などもあったようですね。

1969年「かとう哲也」の新芸名で芸能界復帰します。

同年歌手であった円山鈴子さんと結婚するのですが、10ヶ月で離婚します。

1971年加藤和也さんが生まれます。

その後、幾度も警察に捕まるのですが・・

1977年に加藤和也さんは美空ひばりさんと養子縁組します。

【スポンサー リンク】

弟と養子縁組の真相

美空ひばりさんの弟である「かとう哲也さん」は上記で紹介しましたが

1983年10月24日お亡くなりになられています。

弟の哲也さんは幾度も警察のお世話になり美空ひばりさんのコンサートも何度か

警察の人が入って中止になった事などもあったようです。

養子縁組の真相ですが、現在お亡くなりになっている美空ひばりさんに尋ねる事は

できなく真相について当時のインタビュー記事か何か残っていないか?と色々探して

みましたがそれらしき記事はありませんでした。

なので推測でしかお伝えする事ができません。

美空ひばりさんファンの一人として考えてみたんですね、もしかして美空ひばりさんは

本当の気持ちを打ち明けていなかったのでは?とも感じました。

真相を打ち明けたとしてもほんのわずかな方だけかも?なんて・・。

美空ひばりさんは1962年俳優の小林旭さんと結婚されています。

しかし残念ながらわずか2年で離婚します。

加藤和也さんの話では、自分が美空ひばりさんの養子だと知った経緯は

家の中にあった雑誌からだそうです。

当時和也さんはまだ漢字が読めなかったそうでひらがなだけを読んでいったそうです。

そうすると、どうやらおかしな雰囲気のことが書いてあるなと思い始めたらしく

「そういえば、パパとママって姉弟だよね」なんて訪ねたようです。

後に家族や結婚って、こういうものというのがなんとなくわかるような年になって

何度か大人に困った質問をしたことがあるそうです。

ある日小学校1年生か2年生の頃「和也、ちょっといらっしゃい」と言われて座ったら、

美空ひばりさんはは下を向いて黙って座っていて祖母さんが

「実はあんたの生みの親は別にいるのよ」ってそこで初めて聞かされてたと加藤和也さん

の記事で話されています。

ただ「今日がこの日だったんだ、今日これを聞かされる日だったんだ」と。

そんなにびっくりはしなかったそうです。

「あんた、どうしたい?」って急に聞かれたそうで「どうしたい」と言われても

もう物心ついたときから 「パパ、ママ」でしたからと。

他にお母ちゃんがいるって言われてもちょっと実感がわかなかったようで

「僕は、この家の子だからどうしても、うちのお袋が生んだんじゃないんだったら、

親父の腹から出てきたことにしてくれればいいじゃん」と言う事で部屋に戻ったそうです。

加藤和也さんは、ひばりさんが本当の母親ではない事を薄々感じていたそうです。

美空ひばりさんと過ごす時間は年に3日程でした。

昭和の大スター美空ひばりさんいそがしかったのはわかりますね。

和也さんが一番嬉しかったのは8ミリの映写機を買ってくれて、一緒に家にいる

ときは2人で イチゴを食べながら、一緒に観てもらったり。

たまに気が向いたときには、遊園地に連れていってくれたり。

ママが帰って来ると言うと二週間くらい前からうれしくて眠れなくなっていたそうです。

「何して遊ぼうとか?」自分の中でソワソワしていたと語られています。

1981年祖母の喜美枝さんが他界されます。

2年後にひばりさんの弟であり、和也さんの実の父のかとう哲也さんが他界され

もう一人美空ひばりさんの弟の香山武彦さんが他界されます。

1987年コンサート直後に足の痛みを訴えて倒れた美空ひばりさん。

「両側大腿骨骨頭壊死」と「肝硬変」再起絶望とまで言われた重症でした。

美空ひばりさんは1年の休養を経て奇跡の復活を成し遂げます。

やはり「不死鳥」その時、加藤和也さんは母の復活に奇跡を感じたそうですが

完全に回復してはいない事も分っていたそうです。

1989年再入院します。

12歳でデビューされ「天才少女歌手」「歌謡界の女王」不死鳥の如く蘇った

昭和の大スター美空ひばりさん。

・「川の流れのように」・「愛燦燦」・「みだれ髪」・「東京キッド」・「悲しい酒」

多くの素晴らしい曲を残されましたご冥福をお祈りします。

【スポンサー リンク】
関連コンテンツ