つちやかおりの現在は?兄は介護うつだった!母親と父親の今も解説!

peony-1414692_640

こんにちは。今朝の熊本は結構強い雨が降になりました。

寒さは幾分か和らいでいる様に感じる朝です。

ひと雨ごと春に近づいて居るのですね!

今回ご紹介する方は、つちやかおりさんです。

つちやかおりさんは母親に、子供にと随分と

ご苦労された様です。

年齢的にも同年代なので他人事ではないな~・・

なんて考えさせられました。

結婚されて居た頃なども一緒に紹介します。

では、つちやかおりさんのご紹介です。

【スポンサー リンク】

つちやかおりの現在は?

honey-632334_640
2014年年6月に布川敏和さんと離婚した

つちやかおりさんですが離婚2年目には

「健康法の専門家」になったそうなんです。

その健康法とは「腸トレ」と言う物なんだ

そうです。

つちやかおりさんは「腸トレマイスター」

の資格を取得済みだそうで・・・。

「腸トレ」とは一体?なあに?と思います

よね!説明します。

人間の小腸や大腸は知らないうちに位置が

少しずつズレてしまうらしく、それを独自

のマッサージで元の位置に近づける物だそうです。

ポイントは背中に集中している神経を和らげる事。

背中が凝り固まっていると腸は動かない

そうなんです。

そこで施術をしていくらしいのですが

施術の時間は30分から40分程度で

個人差があり1~2回の施術でも

腸の動きが活発になってくるそうなんです。

つちやかおりさんは、ツボ押しのような痛みも

ないので最初は、本当に効果があるのか?と

半信半疑だったそです。

しかし施術を受けて帰宅したら、お腹がグルグル

動いているのが感じ、その日のお通じだけではなく

2~3日後には宿便も出始めたそうなんです。

ほんとに?そんなに直ぐ宿便が?

なんて思ってしまうのですが、つちやかおりさんは

日に日に体調の改善を実感しすっかり腸トレに

はまったそうです。

1年ほど教室に通って勉強し実技、座学もあり

人間の腸内にはどんな菌がいてどんな作用を

しているのか?

善玉菌と悪玉菌の違いは何か?

腸の働きや腸内環境についても学んだそうで

難しい専門用語もたくさんあり座学の試験には

1度失敗するのですが、2016年5月試験に

合格します。

2017年、自著「元気な毎日・腸美人!」

が発売されるそうです。

つちやかおりさんは、腸トレを始めて

体重が5キロも落ちたそうなんです。

今後の活躍については、映画やドラマ、舞台、

ライブ、情報番組のコメンテーターにも挑戦も

考えている様でそう言う意欲が出てきたのも

体調が戻ったからだそうです。

そこで気になるのは、今の恋人との結婚について

ですが・・・?

つちやかおりさんは、沢山やりたいこ事があるので

結婚に縛られず自然体で付き合いたいそうです。

当時結婚は?

つちやかおりさんは、1964年8月26日生まれ。

出身は東京都です。

明治大学付属中野高等学校の定時制を卒業し

1979年「3年B組金八先生」でドラマデビューし

アイドル歌手としては1982年「恋と涙の17才」

でデビューします。

その後グラビアアイドル、TVドラマ、レポーター

などで活躍され、つちやかおりさんが高校生の

頃にはシブがき隊の布川敏和さん(フッくん)と

何度か噂があったのですが、当時のアイドルは

男女交際が厳しかった頃で、TVなどでのインタビュー

でも交際について否定されていました。

1991年シブがき隊の布川敏和さんと結婚され

結婚を機に芸能界を引退されます。

子供は?

vw-1308501_640

子供は、1男2女で3人の子供に恵まれます。

1992年、長男の布川隼汰さんが生まれます。

現在24歳。

2007年10月「3年B組金八先生」第8シリーズに

出演し俳優として活躍されています。

父親の布川敏和さんは「2年B組仙八先生」

に出演し、母親のつちやかおりさんは、

1979年「3年B組金八先生」に出演されています。

初の親子生徒役となったのですが最終回の生徒

一人ひとりへ贈る言葉のシーンで武田鉄矢さんは、

布川隼汰さんに「お母さんに3B卒業したよと伝えておけ」

と伝えていたそうなんです。

親子で生徒役と言うのも珍しいですが・・・。
1994年3月長女の桃花さんが生まれます。

2012年からモデルとして活躍され、

2017年1月17日には「踊るさんま御殿」に

出演されます。

ファッション「雑誌anan」でもご活躍されて

いますね。
2001年1月12日次女の花音さんが生まれます。

結婚して10年目に出来たお子さんでした。

花音さんの出産には2人の子供と共に家族全員で

立ち会ったそうです。

分娩室では元気な産声が聞こえたのですが暫くして

異変に気が付き医師が鼻から吸引の管を入れよう

したそうですが入らず「のどが腫れて呼吸がしづら

そうなので新生児治療室に運びます」と告げられるのです。

11日後、国立小児病院(現・国立成育医療センター)

の新生児集中治療室(NICU)に転院となり

正式な病名の告知を受ける事になります。

病名は「頭蓋底奇形腫」(ずがいていきけいしゅ)。

喉の奥から後頭部に広がる腫瘍。

花音さんは、生後すぐに新生児集中治療室

(NICU)に入院し腫瘍が喉を塞いで十分

呼吸ができずミルクも飲めない状態だった

そうです。

花音さんは、胃に穴を開け直接ミルクを流す

「胃ろう」の手術を行う事になりその後、

体重が増えてから腫瘍を取る事になります。

「胃ろう」の手術と同時に行われた検査で

腫瘍は良性でした。

しかし、問題はまだ残っており腫瘍を取らないと

呼吸はできず、手術で神経が傷つけば障害が残る

かもしれない。

花音さんが生後4ヶ月の2001年5月「頭蓋底奇形腫」

を取る手術を受けるのですが、腫瘍は大きくなり

取りきる事はできなかったそうで、喉の周囲を

切除してやっと人工呼吸器なしで息ができるよう

になったのです。

花音さんの誕生を待ち望んだ長男の隼汰君

長女の桃花さんは妹の花音さんにガラス越し

にしか会えなかったそうです。

2007年、春花音さんは元気に小学校に入学します。

退院後も手術を受け4歳半で腫瘍はようやく消失し

8歳になった頃には完治したそうです。

小学校の運動会の駆けっこで1等賞を取り

周囲を驚かせる程元気になったそうなんです。

【スポンサー リンク】

兄は介護うつだった!

directory-466935_640

つちやかおりさんには、兄がおり

お兄さんは両親と同居していたのですが

父は寝たきりで認知症の母とのW介護で

介護うつになってしまったそうです。

つちやかおりさんが兄の異変に気付いたのは

2013年の父の葬儀でした。

喪主を務めた兄は、既に立つこともできず

ろれつも回らない状態だったそうです。

葬儀後、病院に連れて行き「介護うつ」と

診断されたのです。

「介護うつ」と言うのはその名前の通り

介護者が「うつ病」になってしまう事で

介護をしている最中だけでなく介護が終わった

後にも「介護うつ」になる事があるようです。

「介護うつ」の原因としては

・自分自身の健康状態がすぐれないのに

介護をしなければならない。

と言う肉体的なもの。

・介護をするために仕事を辞めたり貯金を切り

崩したりと言う経済的なもの。

・精神的な負担によるもの。

「介護うつ」になりやすい人では

・責任感が強く自責心も強い。

・真面目な気質。

・周囲に相談せずに自分自身で解決しようとする。

などの性格の方が掛かりやすいそうなんです。

つちやかおりさんはのお兄さんは寝たきりの

父親と認知症の母親の介護を1人で一生懸命

され肉体的、精神的に疲れきって居たので

でしょうね。

母親と父親の今も解説!

home-1798715_640

つちやかおりさんの母親ですが2015年に

認知症の為、要介護2でだった様で

同年4月にグループホームに入居されます。

兄の精神的限界と徘徊が始まった母親の

ために、つちやかおりさんと話し合い

グループホームへの入居を決めます。

母親は5年前に認知症と診断さて居ました。

2016年10月母親がグループホームから病院に

搬送された母親は、意識がもうろうとしている

状態だったそうで、母親の入居先のグループホーム

から仕事中につちやかおりさんに電話があり、

「ホームからいなくなった」と留守電に連絡が

残っていた出来事がありました。

その後、母親はすぐに見つかったそうですが

その時、母親は転倒したようで左手中指などを

骨折していたそうなんです。

千葉県成田市の病院に搬送され、つちやかおり

さんが、病院に着く前に「脳波異常も血栓も異常

は無く意識レベルも回復と連絡」がありホッと

されたと言う事などもあったようです。

つちやかおりさんの父親は2013年に他界されています。

認知症の母親についてはこれだけ面倒を見てくれている

兄のことを泥棒!とか監禁されてるの!と言ったり。

つちやかおりさんの事をお姉さんって言ったりする

そうで、徘徊になった時に遠くに住んでいるので

不安だと話されています。

つちやかおりさんはのブログを見てみると

母親をホームに送る時の様子が書かれている

のですが胸を締め付けられる思いで読ませて

もらいました。

ご家族の皆さんが心穏やかに生活さていると

いいですね。

【スポンサー リンク】
関連コンテンツ