シェイリーン・ボーンは羽生結弦の振付師!結婚が気になります!

 

christmas-card-574742_640

今日はクリスマスイブですね!いいお天気なので

ホワイトクリスマスにはならない様です。

昨日からの3連休で子供達はあちらこちらでクリスマスパーティー

なども多いのではないでしょうか?

サンタさんからのプレゼント・・・今年は何だったのかしら?

子供達の喜ぶ顔が早くみたいですね\(^o^)/

フィギュアスケート全日本選手権も始まってますね。

来年は世界選手権ですが残念な事に羽生結弦さんは

インフルエンザで欠場されていますが・・・。

咽頭炎も併発しているそうで・・・・。

これまでの疲れが出たのかもしれませんね。

ゆっくり休養して頂きたいですね。

昨日は4回転フリップで着氷が不安定で4回転トーループは

転倒し連続ジャンプできなかった宇野昌磨さんも注目したい

選手ですね。

今回ご紹介したい方は元フィギュアスケートアイスダンス選手

として活躍され現在はフィギュアスケートのコーチ・振付師と

して活躍されているシェイリーン・ボーンさんです。

【スポンサー リンク】

シェイリーン・ボーンは羽生結弦の振付師!

santa-claus-2918_640

シェイリーン・ボーンはカナダ出身の元アイスダンス選手で

2003年の世界選手権で優勝した実績があり同年現役引退

されています。

今現在は、ソロでプロスケーターの活動やカナダ選手のコーチや

振付家として活躍しており羽生結弦さん高橋大輔さんアシュリー

・ワグナー・デニス・テンなど振り付けを手がけてきた方です。

アシュリー・ワグナーはドイツのハイデルベルクで生まれたアメリカ

の選手でお綺麗な方ですね。

「オペラ座の怪人」「SEIMEI」の振り付けで2度めになる

シェイリーンさんですが和のテイストで作り上げている「SEIMEI]。

この曲は映画「陰陽師」のサウンドトラックからのもので

当時、羽生結弦さんは・和・日本・日本人の誇りを大切に生きていく

つもり。

などインタビューで答えていましたね

羽生結弦さんが『陰陽師』のサウンドトラックを送ってくるまで

シェイリーンさんはこの映画の事を何も知らなかったそうです。

プログラムの選挙には羽生結弦さんがこの映画音楽で滑りたいと

心から願っていた事があった様なんですね。

「オペラ座の怪人」・「SEIMEI」と続けて振り付けを手掛けた

シェイリーンさんは、羽生結弦さんとのプログラムについて語ら

れていた事があり内容はこうです。

「彼は情熱に突き動かされるタイプのスケーターの一人で、

自分自身が何を望んでいるのかをよく知っています。

オリンピックチャンピオンたる選手は、そうあらなくては

なりません。

陰陽師のテーマは、羽生によく合っています。

映画の中の主人公の姿を、羽生自身の中に見いだすことが

できますから。」と語られている記事がありシェイリーンさんは、

情熱的であると同時に、自分が本当に望むものを見極める冷静さを

持っている事。

それこそが、オリンピックチャンピオンの資質であると。

考えているのです。

2度目だからこそより深まった振り付け作業に取り組めた

と話されます。

この曲は、日本映画のサウンドトラックということくらいしか

知られていないので、演じる役について「有名な曲を使う時より

も、もっと探求できそれから動きの幅をもっと広げてもらいたい

とも思っています。

もっと上に伸びたり、低いポジションをキープしたりと高低のある

動きを見せてほしい」。

とも話されそんな思いを持って振り付けたそうなんですね。

確かに当時の羽生結弦の滑りを見ているとなんだか力強い

別のオーラを感じたのは私だけでしょうか?

【スポンサー リンク】

結婚が気になります!

greeting-card-965122_640
結婚気になりますね~(笑)・・シェイリーン・ボーンさんは

2005年コーチであったニコライ・モロゾフ氏と結婚されており

2007年に離婚しているのですが、わずか2年の結婚生活でした。

早すぎると思いませんか?

何だか名前に聞き覚えがあって調べてみたところ

以前、安藤美姫さんの恋人と言われコーチの方でした。

マジで?って感じですが・・知らんかった~(笑)

既婚で出産された安藤美姫さんの子供の父親では???

など連日マスコミにかなり追いかけられてましたよね。

当時週刊誌のインタビューなどでは、2011年夏に安藤さん

とモスクワで挙式を挙げる予定だったそうなんです。

しかし安藤さんは当日姿を表さなかったらしく

モロゾフ氏は友人を招待していたので大恥をかいたなどの

エピソードがありモロゾフ氏によると安藤美姫さんの母親が

モロゾフ氏の事を異常に嫌っていたので止められたんだろう・・。

などとインタビューで答えている事が又、話題になってました。

モロゾフ氏喋りすぎ(T_T)・・

などのバッシングもかなり受けていましたね。

モロゾフさんはコーチとしては、かなりカリスマ的存在で

2006年荒川静香さんをトリノ・オリンピックで見事金メダルを

獲得させるほどの選手に導いて居る方です。

ニコライ・モロゾフさんも3回の離婚経験があるそうで

以前の結婚相手は全てスケーターの方です。マジ!?

って誰でも思いません?

つい半年前には18歳の方と結婚されたそうでなんだか

かなりビックリしたんですが。

かなりのイケメンだしオモテになるのですね。(笑)・・。

シェイリーン・ボーンさんとの離婚の理由は分かりませんが

少し勝手な想像もできるかも・・です。

その後、2011年にトロント在住のカメラマンで

ミュージシャンのBohdan Turok氏と再婚されています。

シェイリーン・ボーンさんの経歴などもwiki風にご紹介しますね。
・生年月日:1976年1月24日生まれ(40歳)

・出生地:カナダ・オンタリオ州・チャムケント

・元パートナー:ヴィクター・クラーツ
:アンドリュー・バートレフ

・元コーチ;ニコライ・モロゾフ

・元振付師;ニコライ・モロゾフ

・引退:2003年

当初は、アンドリュー・バートレフと組みペア選手と

して活動しており1991年から1992年シーズンより

ヴィクター・クラーツにパートナーを変更しアイス

ダンスへ転向します。

2001年、2002年のシーズン・フリーダンスをマイケル

・ジャクソンの楽曲で「マイケル・ジャクソン・メドレー」で

今までのフィギュアスケートには無い斬新な演目を行い

ソルトレイクオリンピックのフリーダンスに臨み

先に滑走をしたフーザル・ポリ・マルガリオ組が

演技中に転倒したためメダルの獲得のチャンスがあった

のですが演技のフィニッシュの所でクラーツがまさかの

転倒でメダル獲得とはならなかったのです。

2003年に世界フィギュアスケート選手権で優勝し

現役引退されます。

その後クラーツとプロに転向するか、アマチュアを続けるか

で意見が分かれシェイリーンさんは、プロに転向したがって

いたそうなんですが、コンビも解消したのでした。

2005年8月12日、コーチであったニコライ・モロゾフと結婚

しますが2007年に離婚。

2011年にトロント在住のカメラマンでミュージシャンの

Bohdan Turok氏と再婚します。

今現在は主にソロでのプロスケーター活動や

カナダ選手のコーチや振付家として活躍している。

日本の選手では羽生結弦さん高橋大輔さん鈴木明子さん。

プロ転向後の荒川静香さんの振付なども担当しご活躍

されています。

【スポンサー リンク】
関連コンテンツ