金井克子の今現在と昔の若い頃!結婚は?夫と子供もリサーチ!

こんにちは。

本日は歌手の金井克子(かないかつこ)さんに注目してみました。

元バレエダンサーでもあります。

本名は足立克子さんといいます。

出身地は中華民国の天津。

後ほど詳しく紹介します。

さて、年末になりました。

今年も残すところ僅かです。

毎年やり残した事が多く後悔する事が多いのですが、来年はより効率的に動きたいなと思っています。

さて、年末といえば、やる事が多いですね。

一番大変だったのが年賀状作成でした。

古いプリンターなので、印刷するまでに時間がかかる。

印刷をよく失敗してしまう。

インクが切れたら買いにいかないといけないといった面倒なことが年賀状作成ですね。

いっそのこと来年は外注したいと思いました。

年末と言えばもう一つイベントが紅白歌合戦ですね。

紅白歌合戦と言えば、最新の曲から懐かしい曲まで色々な曲が聴けるというのも魅力ですね。

昔ヒットした曲で今も色あせな曲はたくさんありますが、その曲の一つが「他人の関係」です。

一青窈さんがカバーして生まれ変わりました。

その曲を歌っていたのが金井克子さん。

そんな金井克子さんが今何をやっているか気になりますね。

今回は、金井克子さんについて記載したいと思います。

そんなわけで、金井克子の今現在、気になる昔の若い頃、そして結婚と夫と子供もリサーチしてまとめてみました。

【スポンサー リンク】

金井克子の今現在

先程、記載した金井克子さんをご存知でしょうか?

意外と年配の人でないと解らないかも知れません。

筆者もそのうちの一人です。

以前はバレエダンサーで、その美貌は70歳を過ぎても健在です。

元祖クールビューともいわれる金井克子さんはいったい今現在何をしているのでしょうか?

気になる所です。

この年になってもその若さとプロポーションを維持できるのは、長年バレエを続けてきたからなのかも知れませんね。

さらにそのプロポーションを維持する為に、裏で相当努力しているそうです。

例えば、毎日2時間という長さでエクササイズをしているとの事。

何もしないとあれだけのプロポーションを維持できないわけで、かなりの努力しているという事が解りますね。

金井克子さんと言えば、大ヒット曲「他人の関係」があります。

実はヒットした後も何度か注目を浴びています。

以前はパールライスのCMでも出演して「他人の関係」をアレンジして「パパパヤッパー パールライス」と出て話題になりました。

ちょっと無理がある設定でしたが、「パールライス」とつぶやく金井克子さんは、お笑いセンスもあると感じました。

最近では、あの昼ドラ顔負けの「昼顔」の不倫ドラマとなった主題歌でも話題になりました。

この主題歌も「他人の関係」と言う大ヒットした曲を、一青窈さんがカバーして歌っていました。

筆者もこの曲で初めてこの「他人の関係」の存在を知ったわけなのですが、

一青窈のオリジナルの曲だと思ってしまい、実は金井克子さんの名曲をカバーしていたとは思いもしませんでした。

昭和に流行った曲がこれほど現代にも通用するのは、その曲がいかに完成度が高く洗練されたものかが解ります。

もちろん金井克子さんだからこそ、あそこまでその曲の魅力を引き出せたのかもしれませんね。

昔ほどのテレビの露出は多くは無いものの、

たまに昔懐かしの歌謡曲にテレビに出演するなど、その実力は衰えることは知らないようです。

一青窈さんが歌っている「他人の関係」は今風でちょっと色気のある歌い方ですが、

本場の金井克子さんが歌っている「他人の関係」は大人の落ち着きのある歌い方です。

どことなくゴージャスさを感じるのは気のせいではないでしょうか?

また振り付けも独特です。

交通整理しているようは振付で、一度見たら忘れない歌です。

「大人同士の恋は小鳥のように」と言う歌詞もインパクトがありますね。

曲もうまい具合に間があり、バックコーラスも頭から離れないですね。

これだけ、良いファクターがそろっているので、ヒットするのも頷けます。

FNSの歌番組でも一青窈と共演を果たしてネット上でもかなり、反響がありました。

【スポンサー リンク】

昔の若い頃

金井克子さんの昔や若い頃もすごく気になります。

1953年に西野バレエ団に参加しました。

長らくバレエの仕事をしていましたが、1959年には、モデルとして芸能界をデビューしました。

さらに、その3年後の1962年には、レコードデビューをします。

その曲名が、「ハップスバーグ・セレナーデ/涙の白鳥」と言う曲名でした。

さらに1973年には、先程記載した「他人の関係」でミリオンセールスを記録するなど、

その音楽の活動はとどまる事を知りませんでした。

結婚と夫と子供

私生活では、1982年に大阪の歯科医師をやっている一般人と結婚しました。

一般人だけあって夫の名前や年齢は解っていませんが、

きっと金井克子さんが好きになった相手ですから素敵な人なのでしょうね。

もちろん一般人なので顔写真も公開されていませんが、金井克子さんに似合うだけのルックスの持ち主と想像できますね!

子供についての情報も全く公表されていませんでした。

もしかしたら子供はいらっしゃらない可能性もあります。

もしいらしゃった場合は結構良い年になっていることが想像できます。

さて金井克子さんは、既に結婚して、35年経過している訳ですから子供がいらっしゃったとしても30歳は過ぎている可能性が大きいですね。

もちろん金井克子さんの子どもですから相当のルックスではないでしょうか?

プロフィール

最後になりましたが、プロフィールを紹介して終わりにさせてもらいますね。

金井克子さんの生年月日は、1945年6月17日生まれで、現在72歳です。

本名は足立克子さんとお呼びします。

金井克子さんは、中華民国の天津に生まれました。

といっても、中国人では無く戦争で中国に渡っていたようですね。

そして、戦争が終わり日本に引き揚げてきました。

日本に帰国後は、大阪府岸和田市で育ちます。

高校は、四天王寺高校の卒業です。

理数の偏差値は72、英数の偏差値は70、スポーツ・芸術は47となります。

大学への進学率も高いですが、有名なスポーツ選手も多くまさに文部両道の学校です。

金井克子さんの身長は166cmですので、ヒールを履けば男性と遜色ない背の高さになります。

実は金井克子さんは結婚して10年後くらいにレイノー病という病気に掛かりました。

レイノー病とは、血液が両手や両足などの末端にいかなくなり、

やがて指が壊死してしまうという恐ろしい病気だそうです。

またこの病気の原因の特定が解りづらく治療法もそう簡単では無いそうです。

もしかしたらストレスかも?

という噂もありますが、仕事も順調・私生活も順調なのにストレス?と思われますが、過度の仕事がストレスを助長させたのかも知れません。

それは本人にしか解りませんね。

実はその病気が原因で、その後のテレビでの出演は、ほとんど減ったそうです。

この病気は難病ですがそれにもかかわらず、今は病気は発生していないようです。

その克服を考えるとかなり頑張って乗り越えたことが想像できますね。

今回は、金井克子さんについて記載しました。

輝かしい過去に病気があるとは中々人は解りませんね。

70代に突入した金井克子さん。今後の活動が気になる所です。

【スポンサー リンク】
関連コンテンツ