陳隆明(医師)の経歴や出身大学!国籍は中国人?プロフィールを解説!

医療

こんにちは!

毎日暑くて大変です。

娘はもうすぐ夏休みです。

わたしもゆっくり休みたいけど、いろいろと毎日忙しくてたまりません。

母が入院中なのでほとんど毎日病院に行ってるんですよね~。

わたしのことなんてどうでもいいですよね?(笑)

今回わたしが注目したのが陳隆明(ちんたかあき)さん。

医師です。

NNNドキュメント「パーの手がしたい~“筋電義手”の子どもたち~」というテレビ番組で紹介されます。

子供

この番組には奈良県生駒市に住んでいる神陽喜(かみはるき)くん、そしてわたしが住んでいる同じ熊本県の太田望遥(おおたみはる)ちゃんという子供さんのことが紹介されます。

2人とも今現在7歳。

この2人の子供さんは「先天性左前腕欠損」といって生まれつき左腕のひじから先がないんです。

そこで登場するのが「筋電義手」というロボットハンドです。

神陽喜くんの主治医が陳隆明さんなんです。

「小児筋電義手バンク」の話も出て来るようです。

筋電義手というのは自分自身の意志で指を動かせる義手。

この「魔法の手」で夢をつかんだ子供さんたちがいます。

医師

神陽喜くんもその1人です。

ロボットテクノロジーは医療分野で目覚ましい発展を遂げているんですよ。

せっかくですからここで義手について少し説明しておきますね。

種類があるんです。

もちろん、それぞれ金額は違います。

① 装飾義手:見た目は人間の手にかなり近いんですが、動かせないんです。

つまり、物はつかめません。

平均価格は15~30万円。

② 能動義手:限定的な動作しかできません。

小さいものや薄いものをつかむのには向いています。

先端がフック状の義手です。

平均価格は20~30万円。

手

③ 筋電義手:たくさんの日常動作に対応できます。

しかも、見た目も人間の手に近いです。

訓練は必要で、習熟すれば人間の手の動作にかなり近い繊細な動きも可能。

タマゴを割ったりも出来るようになります。

ちょっと前置きが長くなってしまいましたけど、今回の記事は陳隆明医師の経歴や出身大学などの学歴、そして国籍は中国人なの?って疑問に対する調査結果、さらにプロフィールを解説します!

結婚とか妻とか子供さんのことも気になりますね。

【スポンサー リンク】

陳隆明(医師)の経歴

経歴

陳隆明医師は今現在いろんな役職に就かれています。

兵庫県社会福祉事業団 福祉のまちづくり研究所 所長、兵庫県立リハビリテーション中央病院、そしてロボットリハビリテーションセンター長です。

ご専門分野は四肢切断と脊髄損傷のリハビリテーション、義肢装具などです。

これらに関する論文や著書がたくさんあります。

「義肢装具学 川村次郎/編集 陳隆明/編集 古川宏/編集 林義孝/編集」という本を見つけたのですが、さすがにわたしが読むにはあまりにも専門的すぎます!(笑)

経歴について説明します。

あまりにも細かい経歴を紹介してもどうかなと思うので重要なところの概略、つまり略歴だけ解説しておきますね。

全部書くととんでもなく長い記事になってしまうんです。(笑)

出身大学についてはこの後に詳しくお話しますが、医学部を卒業した1992年に医師免許証を取得されています。

その後に神戸大学整形外科学講座入局され、神戸大学医学部付属病院研修医、そして神戸大学医学部大学院博士過程を修了されました。

カナダ

さらに、 カナダのマックギル大学に客員研究員として留学。

神戸大学大学院医学研究科外科学系医学博士になられた年から兵庫県立総合リハビリテーションセンターに勤務されます。

2006年からは兵庫県立総合リハビリテーションセンター中央病院整形外科部長兼リハビリテーション科部長となられます。

2011年からはロボットリハビリテーションセンター長も務められます。

2014年から兵庫県立福祉のまちづくり研究所長になられました。

ロボットテクノロジーをリハビリテーション分野へ応用されました。

このことがたくさんの障害者の方々に大きな恩恵をもたらしたことは言うまでもありません。

特に筋電義手です。

これまでに日本義肢装具学会評議員、日本リハビリテーション学会代議員他、関係学会の役職を歴任されてきた経歴もお持ちです。

さらに日本整形外科学会認定整形外科専門医、日本リハビリテーション医学会認定リハビリテーション科専門医、国際義肢装具協会日本支部会長、神戸大学客員准教授。

なんかすごいですよね!

これまで筋電義手を1人でも多くの子どもたちが使えるようにするために奮闘努力してこられました。

小児筋電義手ってすごく高額なんです。

1台約150万円もの金額だそうですから、すぐに簡単に買えるものではないですよね。

しかも、訓練に医療保険が適用されないから全然普及しないって話です。

国がなんとかしてやればいいのに!って思ってしまいます。

厚生労働委員会で塩崎 恭久厚労相は、「小児筋電義手の環境整備をしっかりやっていきたい」と言ってるんです。

でも、今だに制度改正のきちんとした目途が立っていないんです。

一体どうなってるの!って言いたくなりますよね。

一刻も早く環境整備をしていただきたいものです。

陳隆明さんの経歴の話だったのに途中からわたしの疑問や怒りをぶつける場となってました。(笑)

小児筋電義手を子供さんに早く使わせてあげたいと思ってる父親と母親はもっと怒っていらっしゃるかもしれません。

当然だと思います。

もしわたしの子供が同じような状況だったら確実に怒り爆発だと思います。

子供たちのためにずっと頑張ってこられた陳隆明医師は本当にすごい方ですよね。

小児筋電義手バンクの設立などもです。

【スポンサー リンク】

出身大学と高校について

学歴

医師で医学博士なので高学歴なのは最初からわかっているんですが、具体的な学校名などはやはり気になるところです。

出身大学は徳島大学医学部です。

大学卒業後は神戸大学大学院で医学博士号を取得されています。

出身高校についての情報はありませんでしたが、医学部に進学されていることから考えて偏差値の高い学校をご卒業されているのではないかと思います。

国籍は中国人なの?

国籍

これって誰でも疑問に思うんじゃやないかしら?

そう思ったのが国籍です。

名前が陳隆明(ちんたかあき)さんですからね。

すごくご立派な医師ですから、国籍がどうこう言うことはわたしはないです。

ただ日本人なのかな?って普通に疑問に思っただけなんです。

初めて名前を見たときは中国人の方なのかな?って思いました。

ほとんどの人がそう思いそうですよね。

結論をいうと国籍や出身地については不明です。

情報はありません。

ですが、「関西華僑報」という新聞に一般社団法人中華会舘設立120周年記念講演会で陳隆明さんがお話をされたという記事が掲載されていました。

やっぱり中国人の方なのかもしれませんね。

そんな大事な講演会に呼ばれて講演しているくらいですから。

そんなことよりも、筋電義手の普及に努力してこられたことや経歴、そして業績が立派だから、国籍がどうとか出身地がどうとか全く関係ありません。

今後のさらなるご活躍に期待しています!

プロフィール

プロフィール

最後にプロフィールを今わかっている範囲でまとめて紹介します!

名前:陳隆明(ちんたかあき)

生年月日:1961年(昭和36年)10月4日 今の年齡は55歳 テレビの番組表では56歳となっています

出身地や国籍:不明

出身大学:徳島大学医学部

経歴についてはすでに解説したので省略させて頂きますね。

【スポンサー リンク】
関連コンテンツ