ダイエットで1ヶ月に10kgの減量に成功した方法とレシピ

2016年9月6日

ダイエット

ダイエットって毎日のように話題になってますよね。

今日のニュースを見ていたら、「ピザ・ダイエット」なんてものがニュースになってました。

わたしの身近な人にも最近1ヶ月間のダイエットに成功した人がいるんです。

結果はマイナス10kg。

今回はそのお話です。

スポンサード リンク
 

ダイエットに悩んでいた知人の息子さん

知人の息子さんです。中学生で見た目はぽっちゃり系。

近頃なんか外見をすごく気にするようになったそうなんです。(笑)中学生にもなるとそうなんでしょうね。

身長は伸びていっているのに、なぜか痩せないってかなり悩んでいたそうなんです。

まわりの大人たちはその子に「今から身長がどんどん高くなるから、それにつれて痩せてくるよ!」

みたいな結構無責任というかそんなことを言っていたそうなんです。

でも、痩せない!なぜ?

彼なりに原因を考えてたそうなんです。

その答えはわたしには明白でした。

食べる食事の量がすごいんです。

わたしはそれがメインの原因だと指摘してあげました。

毎日部活動でバスケットボールという激しい運動をやってるから、お腹がすごく減るのは当たり前なんですけどね。

ちなみに、バスケでは補欠みたいな立場だそうです。監督に「もっとやせろ!」っていつも言われているそうです。

いままで一度も試合に出たことがないとか。

学校の帰りにパンなんかを食べて、帰宅したらそのまま夕食。

さらに夜食までしてるそうなんです。

夕食と夜食の間にも間食でピーナッツやスナック菓子を食べてるんですよ。

先日は夜中にチキンラーメンを2袋いっぺんに食べたそうです。

それじゃ太るばっかりで痩せるはずがない!(笑)

こんなことは誰でもわかるはずなんですが、夜食がやめられないそうなんです。

悲惨です。(T_T)

本当にダイエットしたいなら、まずは間食と夜食を完全にやめないと意味がありません。

本人にそう言ってあげたんです。

それから2ヶ月ほど会ってなかったんですが、久しぶりに知人宅に行く機会があって話を聞いてみたんです。

「間食と夜食をやめただけで3kgも体重が減りました!」

って言うんですが、残念なことは見た目に全く変化がないこと。(笑)

「少しスレンダーになりましたよ!」

スレンダーって言葉の使い方を完全に間違えてると心の中で思いつつも、その後もいろいろ話を聞いたところ、ダイエットに異常なほどのやる気をみせてました。

わたしの体験談をちょっとお話しますね。

実は、1ヶ月で6kgの減量に成功したことがあるんです。

でも、目的はダイエットではありません。体調を整えるためでした。

この時の方法は食事療法がメインです。

それと、スイマグ(現在はスイマグ・エース)という緩下剤(便秘薬)も併用して腸をきれいにすべく毎日飲んでました。

このことを教えてあげたら、「俺も頑張ってやります!」って突然宣言しました。

母親である知人は「どうせ続かないわよ。」と瞬間的に反応!

いきなりやる気を失わせるような言葉を発しました。(笑)

その後、しばらく親子で言い合いやってました。

スポンサード リンク
 

1ヶ月で約10kgの減量に成功した方法とレシピ

わたしが基本にしたのは「西式健康法」の食事療法です。

以前、非常に体調が悪くて、さらに便秘もひどかった時期があったんですが、それらが食事だけで治ってしまった経験があるんです。

上で書いたように、その時にいつの間にかダイエットにもなっていたんです。

この方法を息子さんに教えてあげました。

せっかくだから、具体的な食事内容と野菜ジュース(青汁)のレシピも説明しますね。

知人の息子さんの場合はこれから説明する簡単な食事で1ヶ月ほどの間のダイエット食事で約10kgもの減量に成功したんです。

【朝】朝起きたらまずは水をコップ2杯

平日:ごま塩をかけた白ごはん茶碗1杯(できれば玄米か発芽玄米がよい) みそ汁1杯 市販の野菜ジュースコップ1杯

休日の前日はスイマグ・エースをキャップ1杯飲んで、その1時間後に食事

休日:市販の野菜ジュース(果物がたくさん入っている甘いものは不可) できればジューサーでつくった青汁がよい

【昼】

平日:学校の給食

休日:ごま塩をかけた白ごはん茶碗1杯(できれば玄米か発芽玄米がよい) みそ汁1杯 豆腐1/2丁(冷奴) 市販の野菜ジュースコップ1杯

【夜】

平日・休日:ごま塩をかけた白ごはん茶碗1~2杯(できれば玄米か発芽玄米がよい) みそ汁1杯 家族と同じおかず 市販の野菜ジュースコップ1杯

*間食と夜食は絶対だめ。水を1日あたり2Lほど飲む。

【野菜ジュース(青汁)のレシピ】

ニンジンや大根などの根野菜と小松菜やキャベツなどの葉野菜を同じ量にしてミキサーでジュースにするんですが、この時に水をちょっとだけ入れます。

出来上がったドロドロのものをそのまま食べてもいいんですが、飲みにくいなら濾します。

出来上がったものにレモン汁と塩を少々、さらにりんご1/2個をすりおろしたものを混ぜます。

これですごく飲みやすい野菜ジュース(青汁)が出来ます。葉野菜はレタスやキャベツをメインにすると黄緑色の見た目もすごくきれいなジュースができます。

分量に関してはコップ1杯出来る程度で、適当です。これは何回か作ってみるとわかってきます。

葉野菜と根野菜を等量にするのは意味があるんですが、ここでは省略します。機会があったら説明しますね。

どうですか?

簡単でしょ!

上で説明したメニューをまねすれば、誰でも同じように体重が減るわけではありません。個人差や生活スタイルなど人それぞれ違いますからね。

息子さんの場合はクラブ活動で基本的には毎日運動していたのも効果があったと思います。

栄養学的には完璧とは言えないんでしょうけど、1ヶ月くらいの短期間だし、学校では給食を食べていたので、大きな問題はないと思います。

「お腹はいつも減ってたけど、きついとかだるくなったりしたことはない。」って言ってました。

「体が軽くなって朝もすっきり起きられるようになった。」とも言ってました。

1ヶ月のダイエット後はこの食事はやめてしまってますが、その後、リバウンドはしていません。

間食や夜食はいまでは全く摂らないようになったそうです。また、普段の食事も結構気をつけているようです。

ごま塩ご飯は気に入ったそうで、いまでも毎日食べているそうです。あ~、それと豆腐も。

豆腐には自然塩とネギをかけて食べるのがうまいと言ってました。また、うんちが今までよりかなりたくさん出るようになったそうです。

ただし、息子さんは普段から便秘とは無縁の学生です。(笑)

いろんな新しいダイエットの方法が毎日のように出てきますが、普段の食事内容を見直すだけでもだいぶ効果があるんじゃないかと思います。

スポンサード リンク
 

関連コンテンツ